新型コロナの後遺障害を報じないのは政治的判断?

昨日のGW初日の人出が去年の3.3倍なんて記事がNIKKEI.COMの一面に出ていますが、みんな新型コロナを甘く見てない?普通の風邪みたいに思っていたら大間違いだよね。
先日ロイターニュースのフォトログ:「心の霧」と闘うスペインのコロナ後遺症患者たちと言う記事がありました。新型コロナの症状で味覚障害とか臭覚障害とかが話題になっていましたが、その後、記憶障害が起こっているのが解ってきました。先の記事では社会復帰どころか、普通の生活も儘ならない状況が報告されています。
スパイクたんぱく質のN501YやE484Kと言った変異型ウイルスは、若い人にも感染しやすく、重症化しやすいとの報告もあります。実際に日本でも先週一番感染が多かった年齢層は20代でしたよね。20代の人達は、この後まだ50年も60年も生きます。この人たちが社会復帰できないような障害を持ってしまったら、それこそ大規模な国家衰退を招くでしょう。
現在、政治献金をするのは経済を回して欲しい企業体でしょうけれども、目先の利益や利権に惑わされて温い対応を続けていると、将来に大量の若年性認知症と言ったような禍根を残すことになりそうだな?と思います。

|

2020年12月28日 (月)

嫁さんは僕の従属物じゃないからね

NHK News の結婚前の姓を名乗れる選択的夫婦別姓 7割が「賛成」 2020年11月18日 5時04分
を見てそう思った。
日本は長らく家中心の考え方だったから、家に入るのだからその姓を名乗るのが当たり前だったんだろうね。日本と同じく海外でも家系中心だよね。こんなに個人の権利が尊重されるようになったのは、つい最近のことだよね。
家に伝わる教えだとか、子供の名前の付け方だとか、次男は外に出て行った先の家の名を上げろだとか、家神様は諏訪神社にしろだとか、いやそれとんでも無く遠いだろ?とか思ったけど、僕の実家でもその位あった。
外に出てしまった僕には、もうその教えは守る必要も無いのだけど、姓だけはやはり変えづらい。それは嫁さんであっても同じ筈。
飽くまで個人的な感想だが、嫁さんを自分の姓にするのを強制するのは、自分の従属物扱いにするようで、すごく居心地が悪い。彼女は個人で在って、縁があって僕と暮らすことになったが、僕の従属物になったわけじゃない。だから、自分の実家の姓を選ぶならそれはそれで全く問題ない。
この7割と言う数字を見て、まだ3割も家中心の考え方の人達が居るんだ?と思った。この中には。ある種のDVのようなものを信奉してたり、本当にDVをする男だったりするのかも知れないけどね。

|

2020年11月 3日 (火)

大阪都構想の住民投票は日本人の思考停止の象徴のように見える

最近のIT化でもそう思うけど、日本人は自分達で決めて変える事に酷く臆病なんだね。はっきり言うと自分じゃ決められない。でも、誰かが決めた事には従う。変な国民性だよね。
住民投票では変化を決められない事が解って、都構想は事実上無くなった。住民投票は民主主義の根幹な筈なんだけど、日本では住民投票は意味を持たないことも証明しただろうか?
結局、自分で責任を取りたくない。人が決めたことに対してなら文句を言うだけで済む。自分で決めなければ安全安心でいられる。炎上することも無い。社会的な虐めに遭うことも無い。
日本経済の失われた20年とか言われるけど、本当に失われたのは、考えてやってみて、失敗してまた考える、試行錯誤を繰り返し苦労しながら変わろうとする気持ちを持つ人が失われたんじゃないかな?

|

2020年9月23日 (水)

デジタル革命は教育からだよね

嘗て村山内閣が電子政府構想を打ち立てて色々やったけど、相変わらず社会のIT化は進まない。
新型コロナ禍による経済的な復興が必要なのは解るが、それは社会構造の変化が原因であり、元の姿に戻すことはもはや正しくなく、なるべくしてなったのであって、単にIT化の遅れが原因とは思えない。

解決策は、新しい社会構造を模索することの出来る人材の創出なのではないだろうか?
例えば、日本において構造改革を妨害しているのは、産業の空洞化でも通信インフラの整備不足では無く、新しいテクノロジーに人間が着いて行けてないだけであり、それはここ30年の教育の失敗だと思える。中学、高校生の横並び意識や、目立たないように人と変わったことはしない消極性、また、それから外れた者への苛めは凄まじく、それは社会人になっても続く。その彼らが新しい社会構造を模索可能だろうか?特に安定を目指して公立系の組織に入る者達は、酷く消極的で前例主義に走る。変わり様が無いなと思う。彼らはそう成りたかった訳では無いだろう。何だか訳の判らない平等意識が、成績の優劣にまで影響し、教員の事なかれ主義が、学生の若い精神を歪める。

つい最近まで日本は酷く平等な国であった。それが事実と言うより国民がそう言う認識を持っていたと思う。日本の教育制度は、学区制で小学校も中学校も若干高校ももしかしたら大学も、出来る生徒も出来ない生徒も同じ教育がなされ落第されることも無く卒業してゆく。
大学ですら落第させると親が怒鳴り込んでくるらしい。やや冗談みたいな話だけど、会社でも待遇が悪いとか文句を言ってくる親が居るらしい。

デスカッション方式の講義を大学生相手にしても、自分の意見を言えるのは2割程度、残り8割は自分の意見も言えないまま会社に入って行く。社会人になったら急に意見を言えるようになるはずもないよね。そんな人たちが社会を形作っているなら、消極性や前例主義も理解できる。新しい事例には思考停止になる。
仕事自体、もしくは、運用を変更しないとIT化出来ない。運用を変えられない人達にはIT化なんて所詮無理な話だよね。8割の自分の意見も言えない人達をどうにかしないと、デジタル革命とか言っても出来る訳ないよね。即効性は無いけど、まずは教育改革じゃない?

|

2020年9月19日 (土)

中国は、既に国際的な資本主義システムの脅威なんじゃない?

News Weekの「誤解だらけの米中新冷戦」と言う特集に
中国とのライバル関係を深刻に扱うべきでない理由
アナトール・リーベン(ロンドン大学キングズ・カレッジ教授〔政治学〕)
と言う記事が載っていた。
「中国とのライバル関係は、限定的な分野の限定的な競争であって、共産主義のイデオロギーとソ連の軍事力のようなアメリカの存続に関わる本物の脅威に直面した訳では無い。中国と競争するためには、アメリカ自身の資本主義体制を守り、強化することが不可欠だ。」と言ったような事を言っていると思うけれども、この話は、本当だろうか?

中国は、資本主義的な貿易国家であり、国際的な資本主義システムに依存していて、一定のルールに基づく国際秩序の安定を必要としていると言っていて、それは確かに正しいけれども、現在の中国の性質はフェアでも無ければ、法律に基づいてもいない。急激な技術発展は、概ね技術泥棒に拠るもののようだし、共産党なんて皮を被っているが、唯の専制国家な訳で、専制国家は概ね長続きしない。習近平は、自らの権力維持に共産党と言う組織を使っているようだ。何かの思想に基づく組織を自らの利権に利用し始めると、その組織は緩やかな死を迎える。そう考えれば、今がピークであり、緩やかに減退してゆくだろう。それに流石に世襲にはならないだろう。思想は欲に崩され、反体制を生んでいく。限界を超えたところで政変が起こり、底を打つ。
でも、現在の中国モデル2.0は、相対的に結構うまくいっている。だから、習近平が倒れても後を継ぐ者が現れる。それは、そうすることが自身の権力を維持することを簡単にするからだ。だから、結構長く持つかも知れない。しかし、そこで用いられる主義こそが、アメリカの脅威となり、政治学者のスティーブン・ウォルトの言う「敵対する国が、相手の国の性質そのものを脅威と見なすと、死闘が繰り広げられることになる」になるのではないか?

ファーウェイに通信技術を盗まれて倒産した企業もある訳だし、高額な開発費を投じた挙句に中国に盗まれて安売りされたのでは、アメリカと言えど経済的な危機になり、アメリカの存続の危機に繋がりはしないか?これは先進国全てに言えることだろう。
これまで先進国は中国を発展途上国として優遇して来た訳だが、アメリカに次ぐ経済大国になり、独裁国家として覇権主義に走るなら、国際的な資本主義システムの脅威となるのではないだろうか?

※嘗て経済成長期の日本も同じような状況だったが、日本の企業はリバースエンジニアリングはしていただろうが、サイバー攻撃や国家ぐるみのスパイ活動とかで、実際に泥棒行為をしていた訳ではないし、経済大国になっても覇権主義には走らなかった。

※じゃあ、アメリカは覇権主義じゃないの?と聞かれれば、覇権主義だと思う。ただし、アメリカは三権分立した民主主義の法治国家であり、言論や宗教の自由が保障され、大統領と言えど法的に裁かれる国だ。言論弾圧や宗教弾圧をする独裁国家ではない。

※最近アメリカの分断が取り沙汰されているけれども、それはそれで民主主義らしい。専制国家では、反体制派は弾圧を受けて分断は無いことにされてしまうけど、民主主義国家では反体制派が弾圧されることは無い。言論は自由であり、選挙に拠って巻き返しも可能だ。共産主義国家の国民たちは、弾圧が当たり前になってしまっていないか?弾圧が当たり前ではない香港市民は、弾圧に屈せず戦い続けている。多分、香港市民の戦いは、民主主義と専制主義の戦いなのだ。

※マルクスの理論はもともとは違っていたのだろうと思うけど、ソ連や中国の取った方法は、国民の管理であったと思う。共産は管理生産であり、それはつまり消費まで含めて管理することだろう。重要なのは、そこで作られた管理体制は、専制国家の国民管理体制と同じである事だ。民主主義では作るのも売るのも買うのも使うのも自由だ。共産主義の使い方にも拠るのだろうが、共産主義には自由が無い。そんな管理体制が敷かれてしまった国では、国民は二度と自由になれない。

|

2020年7月25日 (土)

習近平国賓招聘は止めた方が良いと思う

色々なニュースを散々読んでみたが、民主主義の国が独裁者を国賓としては、民主主義を標榜出来ないだろう?
共産党員は9,000万人もいるらしい。ドイツは総人口ですら9,000万人に届かない。その内日本も抜かれるだろう。娘が共産党員と結婚したから親が裕福になったなんてジョークが、ちっともジョークじゃない国のトップが対抗勢力を腐敗防止と称して粛正しまくった状態が今の中国なら、それはもう独裁国家と言って良いだろう。いくら大きな貿易相手国だからと言って、自分に逆らう国民を殺す人間を国賓として呼んで良い訳がない。日本では数人殺したら死刑か終身刑だが、数千人殺したら、新譚ウイグル自治区のイスラム教徒100万人を抹殺するなら、ボル-ボトにも勝る人殺しが国王になるような国の王様を呼んじゃ駄目だと思う。
こんな事を書くと、僕も香港に入った時に拘束されちゃうのかな?

 

 

|

国際連盟は中国に損害賠償を求めたりするかな?

まあ、常任理事国が拒否すれば可決されないけど、今回、中国がこの機に乗じて色々覇権争いに通じる荒事を仕掛けてくれば、コロナで被害を受けた国々の為政者は業を煮やすだろう。国内で為政者がコロナ対策で非難を受ければ、責任転嫁をする相手は当然中国になる。一国では相手にされる筈も無いので、例えばEUとかASEANとかの単位になるだろうが、中国に損害賠償を求め始めるかもするかも知れない。より多くの国が賛同すれば、為政者の責任は、全て中国に転嫁できる。実際に常任理事国に拒否されて終わったとしても、自国民に対しては言い訳が立つ。世界中の国で対策が成功した国は、台湾とベトナムだけとなれば、自国の対策の不備は一般的なものであり、政権は責を免れるだろう。

 

 

|

2020年5月28日 (木)

C調言葉にご用心

サザンの歌でそんなのがあったと思うけど、桑田さん云く、いい加減な、的な意味で、藤沢なのか、青学なのか判らないけど、そんな言葉があったらしい。でも、高校生の時、僕らはC調の意味を、"〜だしぃ〜!"と言った適当な言い訳口調を蔑みように”あいつC調だからさ”とか言ってた。でも、出何処はきっとサザンだと思う。高校生の時サザン流行っていたから。学生運動のお陰で制服の無い高校で、物事を斜に構えて批判的な物言いをするのがトレンドだったから、桑田さんのちょっとちゃらんぽらんな感じの態度がお気に入りだったのだろう。ジェームス・デイーンの一歩引いた感じ立ち位置が気に入られていて、カルフォルニアで流行っていたセーターを肩に掛ける着方も真似している奴が多かった。カルフォルニアでは日中と夜間の気温差が大きかったからそうしていただけなんだろうけど、何か格好良かった。判断基準が格好良いか悪いかだから、表向きあんまり熱いとか、やってることがダサいと、格好悪る!とか言う。ど~でもいい様なことで言い合っているクラスメートに、お前ら、格好悪いよ!とか言ってた。
あの高校の特徴なのか、僕たちの世代の特徴だったのか、時代のトレンドだったのかは解らないけど、表には絶対出さない熱さがみんな好きだった。だから、C調は表向きだけならトレンドだけど、内心までC調だとバレると蔑まれる。もっともSNSとかない時代だからか、進学校だったからか解らないけど、自分たちのやりたいことには熱心だけど、他の人に興味を示さない奴が多かったので、喫茶店に屯する噂好きな連中が言ってただけなんだけどね。噂好きを嫌う僕たちは、そんなんどうでもいいじゃん!とか、人がどう言おうが知ったこっちゃね~じゃん!とか言ってた。
SNS全盛で、空気を読むのが御得意の連中は、C調言葉をどう思うんだろう?グループチャットの中でリーダー格の奴の発言にC調で答えたりしたら、省られてクラスで浮いちゃったりするのかな?中学だと、死ねとか言われ、人目に付かないところで陰湿な虐めに会ったりするんだろうか?
職場の若い連中が、やたらと人目を気にするとか、自分がそれを初めてやる人になりたくないとか、何て言われるか怖くてって言うのが、僕には概ね理解できない。始めてやることだから面白いんだし、変わってるって言われるの快感だし、みんなと一緒ね!なんて蔑まれたら即死する。
「安全・安心」なんて言葉が流行して、誰でも普通に使う時代にあって、みんなと同じなら「安全・安心」で居られると思っちゃう、内心は思いっきりC調な、とても安心して仕事を任せられないような連中が、何か表向き熱い事をほざいて来ても、僕らの世代が管理職をしている社会じゃ相手にされないよね。少なくても信用が重要なビジネスの世界では相手にされない。だから、C調言葉にご用心!

|

2020年5月21日 (木)

この人、脇が甘過ぎる

NIKKEI.COMにこんな題名の記事が載っていて、最近物議を醸していた黒川さんが止めるらしい。
黒川検事長が辞意固める 賭けマージャン認める   
2020/5/21 8:02 (2020/5/21 11:05更新)日本経済新聞 電子版
日本御得意の集団リンチか?
騒がれて使い道が無いと判断した政府に幕を引かれたか?
そもそもでっち上げだけど、政府に切られたことを悟った黒川さんが辞める事にしたのか?
政府に認めて辞めることを強要されたのか?
何も証拠がない推測なので、実際に何が起こっているのかは解らないけれども、もし本当に「5月初め、産経新聞社の記者2人や朝日新聞社の元記者の社員の4人で、産経新聞社の記者の自宅で賭けマージャンをした」のであれば、この時期にこの行為は、東京高検の検事長として脇が甘過ぎる。
それにしてもこんなに簡単に邪推出来るのは、日本では珍しい気がする。本当に隠したい何かがある時に、誰でも飛びつくような簡単な答えを用意しただけ?とか思うのは、僕が相当歪んでる為だろうか?

 

 

|

2020年5月13日 (水)

自粛警察?

初めてこの言葉を聞いた時、馬鹿らしい、と思った。皆んなが向く方向から外れていると非難するのは国民性としても、SNSで晒すとか、店に張り紙やイタズラ書きをするとかは、既に犯罪行為だよね。
何でそんな事に熱心になれるんだろう?
悪い事をしても、犯罪で無ければその人の道徳心の無さが問題であるけれども、それに罰を与える如くに、ほぼ犯罪と言えるような行為をする。それって道徳心が無いと言う点で同じだよね。寧ろ匿名なままやるのだから、犯罪者が証拠隠滅を図るようなもので、さらに悪質だ。
自粛出来ない事情があるのかも知れないけど、そんな事にはお構い無しにやるのであれば、人の道徳心を責める資格もない。
社会的な制裁のような積りでやっているのかも知れないけど、個人情報を晒すとか、事実無根のデマを流すとか、もう民事訴訟の対象を超えて刑事訴訟の対象だと思う。
想像力の欠如?
やっている奴にも叩けば埃が出るような事があるだろう?自分はそんな事で叩かれたのならどう思うのだろう?

 

 

 

 

|

2020年4月30日 (木)

マスク越しにkiss

まあ、そんな事になったら世も末だなと思うけど、新型コロナのお陰で冗談でもなくなって来た。世の中にはPCR陽性とは言われていない、不顕生の患者がそれなりに居そうだ。PCR検査の特異度を見ていると、これだけに頼っちゃ駄目だよね?と思う。
陽性が出る人もCTで肺炎像がある人もちゃんと発熱のエピソードがあったりして、陽性で全くの不顕性と言うのは、そんなに多くは無いのかも知れない。でも確実に紛れ込んでいると思える。だから、遺伝因子や環境因子が重症化に修飾を与える事が解ってきた中で、遺伝的素養が異なる家族や恋人に移さないように真面目に考えるなら、kissなんかとんでも無い。
自粛は何となく効果が現れて来ているようにも見えて、もうちょっとの辛抱だ、きっと。そうしたら、マスク越しにkissなんてしみったれた事を言わずに思う存分マスク無しでkissが出来るようになるだろう。

|

2020年4月27日 (月)

自らしないと言うのは、日本の伝統なんだろうか?

社会に飛び込むときに”何でも良いから訳の解からない仕事をしてみたかった”と飛び込んだ世界は、まだ未成熟な業界だった。それは、未だに未成熟なままだが、足を踏みいれて3年くらいで、未成熟故に一般的なレールが存在しないことにも気が付いた。自らレールを敷かないと先に進めない、それに気づいてから何でも思ったことは自分で始めるようになった。そして長い間にそれが当たり前の事になって、誰かがやっていたことをそのまま引き継ぐような仕事の仕方を忘れてしまっていた。
職場や仕事の内容に不満は言うが自ら改善しようとはしない。”何とかしてください!”と言う。
これはどういうことだろうか?”何故自分で何とかしようとしない?”
別に上司の許可が必要なものでもないだろう?
もともと我々の業界で上司にお伺いを立てなければならない物は、部門全体に係ることだけだ。
殆どが個別に対応を必要とする中で、頼れるのは自分の知識と経験だけなのだ。
変ったことをしていても、見ようとしない。
どうして経験を積もうとしない?
他の人が何かをしていても興味を示さない。
一体何にだったら興味が湧くんだ?
どうしてよいのか解からない事には、手を出さない。
どうして、どうすれば出来るだろう、と考えない?
理屈はいいから手順を教えろと言う。
何でしているのかを知らなくて、手順を外れたときはどうするの?
”お上の言う通りの事をすれば良いんだ。”なんて言い方を聞く。
お上って、江戸時代のあのお上の事?今時何言ってるのさ!
今なら、社長?部長?課長?よもや係長?
上司の言う通りの事だけやっていて、どうして知識を増やせる?どうして経験を積める?
教わるだけじゃ教えている人を超えられない。どう足掻いても100%伝えられる筈も無いんだ。それじゃジリ貧じゃないか?
ずっと教える立場に居るけれども、僕自身は先輩のすることを見てヒントを得ることはあっても教えてもらったことは無い。どうせ教えてくれるのは手順だけなんだ。そんなこと教科書に書いてある。論文を読み漁り、研究会で討論し、思考の果てに行動し、経験を積む。やり方を教えることは出来ても、努力することまでは教えられない。
最近、上司がやたらと”お前の持っているものを伝えろ!”と言う。でも、僕がしてきたことは誰もやったことの無い事だらけだ。例えて言うなら、英語で話さないと理解できない事項を、英語を話せるようになろうとしない人にどうやって理解させるんだ?そもそも、”教育しろ!”と言っているあんたが教育などしたことが無いだろう?自らがしたことの無いことをどうして人にやらせようとする?
究極、自分のやったことしか人には教えられない。学校の先生達などは、本当は良く知らないことでも教育要綱に沿って教えなくてはならないこともあるだろうが、我々が教えることは学校で教わることではない。現場で教わる、もしくは現場に教えられて初めて理解できるような代物なのだ。教科書に書いてるようなことを喋っても意味は無い。
若干怒り交じりに並べ立てた人達に共通な事は、自分ではやっていない、という事だ。余りに多く感じると言うか、これはもはや文化的ですらあるなと思う。
自分で書いたこの文章を読み返してみると、駄目だな、行けてない。と言うか、格好悪い。
でも、日本が変わる時は何時も黒船が要るようだ。新型コロナは黒船になるかな?

|

2020年4月 9日 (木)

PCR検査なんて増やさない方が良い

良く考えてくれ。
昨日検査をして今日に陰性の結果が出たからと言って、昨日から今日にかけて感染していないとどうやって証明するんだ?
街には既に隠れ感染者が溢れている。いつどこで感染してもおかしくない状況になっている。だから、昨日の検査で陰性だった、と言うのは過去の事実であって、現在の事実ではない。今はもう感染してるかも知れない。
かえって、自分は陰性だと言って、人に移さない努力を怠る方が怖い。
37.5℃以上が3日続いたら受診して、も相当正しい。
37.5℃以上が2日で終わったのなら、快方に向かっているのだから外出を控えるだけでいい。
病院に行っても、薬も無いし、何も出来る事は無い。
自宅で大人しくしてるのは、普通のインフルエンザだったら5日間ほどだが、新型コロナは14日ってだけだよね。
37.5℃以上が3日続いたら、これは新型コロナじゃなくとも重症化する恐れがあるから、概ね入院が必要。ウイルスを抑える薬は無いけど、呼吸のサポートはして貰える。
何処かの有名人が、知り合いの医師に頼み込んで妻のPCR検査をしたとかSNSに書いていたらしいけど、とんでもない。優越感でも披露したいの?
医療現場は、新型コロナ疑いを隠して受診した患者一人のためにその場に居た10名程度の医師や看護師が自宅待機になって、面倒見ないと死んでしまう入院患者を見られなくなったり、スタッフが足りずに救急を閉めたり、外来を閉めたり、手術を延期したりしている。
日本はBCGのお蔭か死亡率が極端に低い。重症化の恐れが無い、つまり、37.5℃以上が3日未満の人は病院に行かないでくれ。
これ以上、新型コロナ関連死のような状況を作らないで欲しい。次はあなたの家族かも知れないんだ。

追伸:誤解の無いように追記すると、PCR検査のスピードは上げて欲しい。例えば10分未満が望ましい。通常の具合の悪い人達の中に隠れ感染者がいた場合、受け入れた施設は閉鎖になってしまう。だから、入院前、救急受診前に検査したい。外来までは流石に手が回らないだろうから、濃厚接触を避けるように対応する。それなら隠れ感染者のスクリーニングに対して一定の役に立つだろう。でも、それでも紛れ込むだろう。 

|

2020年3月19日 (木)

アメリカは新型コロナ対策より銃対策の方が先じゃないの?

日経新聞の「撃てない銃」開発者 米社会の悲劇を減らしたい  SDGs起業家たち(8)の冒頭に「米国では毎日約100人が銃で命を落とす。民間人1人あたりの銃保有数は1.2丁と、内戦中のイエメンの2倍にあたる。」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56373580U0A300C2EE1000/
と書かれていた。
インフルエンザの東京都の毎月の死亡者数が10月~12月で100人越えだったのが、新型コロナ騒動で1月は34人まで減っていたのを見て、みんなちゃんと感染対策をすれば死亡者数を減らせるという事の証明だなと思っていたけど、アメリカの毎日100人、年間36,500人と言う銃による死亡者数は、新型コロナ騒ぎの比ではない。
現在の新型コロナは、みんな免疫が無いから感染しやすいけど、ちょっと質の悪いインフルエンザとして毎年冬場に現れるような所に落ち着くだろう。その時は抗インフルエンザ薬のような薬も出来るだろう。だから、きっと、いずれ落ち着く。
でも、銃は免疫も出来ないし、薬も出来ない。年間36,500人って、内戦状態かよ!って思う。
3月18日までにトランプさんが大統領になってからのNYダウの上昇も全部吐き出しちゃったし、一緒にトランプさんも吐き出して、世界秩序を守るタイプの大統領に変われば、新型コロナ対策は自分の功績だとか”どの口が言ってんだ!?”的な中国の王様に対抗できるんじゃない?プーチンさんも大人しくなるかも知れない。
※例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人、死亡数は214(2001年)~1818(2005年)人ってデータが厚生労働省から出ている。

 

 

|

2020年3月17日 (火)

近くて遠い国

言わずもがな韓国と中国の事だが、最近で言えば中国より韓国の方が遠く感じる。それぞれの国の若者たちはどう思っているのか解らないけど、世論らしきものを形成しているのは、固定観念から抜け出せない年寄り達や行き過ぎた教育を受けて”洗脳されているのでは?”と思える人達のようで、外部の情報にきちっとアクセス出来る人達にはそんな偏見は無さそうに見える。
日本人は残念ながら酷く飽きっぽい。韓国が何でも文句を付けるように何か言ってきても、”またか・・・”と既に関心が無くなってしまっていて、ワイドショウでも話題にもならない。News Weekやロイターとかでも韓国ネタが一番読まれた記事にランクインしていない。既に日本人に飽きられてしまったのだろう。
余程地理や世界史に詳しい人でも無ければ知らない国の事には、概ねみんな関心がない。そう言う国を遠い国と呼ぶ。(失礼だな。)地理的に近くても、関心が無くなれば、遠い国に感じる。そう言う事なのだろう。
僕自身は、そうだな、近くて近い国である台湾(中華民国)の行く末が一番心配だろうか?

 

 

|

2020年2月 9日 (日)

不思議な夢を見た

用事があって所沢に居た。電車に乗ろうと改札を通ろうとしたら、携帯が直ぐに出ずにゲートを抜けてしまったのに反応しなかった。立ち止まった時に後ろに付いて来た女性が舌打ちをして追い越して行った。見たことあるけど、何処で見た子だっけと思った。ようやく携帯が出て、タッチしようとしたら、タッチするところが何だか見たことの無いゲートだった。ホームに向かう階段の景色は上野駅とJRの池袋駅のような感じだったけど、見たことは無い。登り口で"山口線直通の臨時列車はもう直ぐドアが閉まります。"と言っている。間に合うだろうかと、階段を駆けあがり始めた。登り切ってホームの先が明るく見えている、って所で意識が無くなった。
気が付くと電車の中にいた。
電車は空いていて何処でも座れる。適当座って、見る景色は、見覚えはあるけど、何処だか判らない。山手線で見るような景色にも見えるし、高田馬場と西武新宿の間のようにも見える、それとも自転車で走ったあの道だろうか?でも、よく判らない。どんどん景色が変わって、見たことのあるような夕方の、そうモノクロの映画で見たことのあるようなセピア色の地方の駅のようなところを通り過ぎた。立って手すりに掴まって、通り過ぎるホームを見るけど、誰も見えなかった。それにしても止まらない。ここでようやく、今もう夜中の3時だから店は開いてないか?と気づいて、このまま帰ろうか?と思った。そう言えば何の店に行こうとしていたんだっけ?
電車は止まらず、そう言えばこのままじゃ最寄りの駅は通らないか?どうやって帰ろうかな?と思うけど、電車は一向に止まらない。
真っ暗な中で、”やたらと揺れるな”と思って前を見たら乗っているはバスで、後方の一番前に座っている。自分の後ろはもう誰も居ない。何だか道が狭いのにやたらと飛ばしている。外の景色はさっき山手線の内回りから見る日暮里の街並みの様だったけど、高速道路か?と思うようなスピードで走っていて、大丈夫か?と思って後部窓から後ろを見ると2車線道路でガードレールが見える。前を見るとバスの全部は満席で、乗客は何か夢中で前を見ている。ワクワクしながらと言うより一心不乱に前を見ている。みんな身を乗り出して、前の背もたれに掴まっている。一番後ろには、子供連れの茶色い長い髪の女性が座っていた。狭い曲がりくねった道を、”いやバスでこのスピードないだろ?”って飛ばし方をしている。ガードレールが無いところは路肩ギリギリでフロントタイヤが少しはみ出して砂利を飛ばしている。
急に景色が開けたところで、周りを見ると目の前に海が広がっている。運転手が”少し休憩しますので、皆さん降りて外に出て良いですよ”とアナウンスする。海は荒れていて波しぶきが上がっている。寒そうだなと思って膝に掛けていたタオルケットを肩に掛けた。以前見たことのある大判のタオルケットだった。どこに向かっているバスなのか聞くために、運転手の所に寄って行った。”これはどこに向かっているんですか?僕は家に帰ろうと思って乗ったんだけど、一向に止まらなくて。”と言ったら、”何処ででも止まりますよ。でも次は藤沢です。”えっつ、藤沢?それ、どうやって帰ろうかな?電車で帰るか?って思いながら、座席に腰かけて外を見ると夕暮れの中で、海の対岸遠くに綺麗な夜景が見える。関越上りの赤城から降りて来た時に見える渋川の夜景に似ている。
ぼんやり景色を眺めながら、”これって僕は帰れるんですかね?”と聞くと”いや帰れないでしょう。”と運転手が言う。”それって僕は死んじゃったのか?”と思って運転手を見ると、運転手は僕の隣に座って、”そうですね、もう死んじゃったのかも知れませんね?”と言う。あれ?今声にだしたっけ? そうか死んじゃったのか?でも一体何処のタイミングで死んだんだろう?階段を駆け上がった時かな?でも改札で既に見たことの無いゲートだったな?それにあの子は誰だっけ?可愛いけど割と嫌いなタイプだった。電車からバスに変わったところかな?と思っていたら、”大丈夫ですよ”って運転手が耳元でささやいて、僕の左頬にキスをした。そこで意識が途絶え、目が覚めた。
一体どんな夢だろう?これって寝ていて、一度死にかけて戻って来たって意味かな?そろそろ死にそうな行動は控えろって事かな?
ところで、今これを書いている僕は実態として存在しているのかな?

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

公人の靖国参拝は休日に行くべきだね

いくら私人として行っていると言っても、公務時間に行っちゃ駄目だよね。公務時間に私用で参拝に行ったら、サボりだよね?
外国人から見れば、公用だろう?政教分離にも反すると思われる。
靖国参拝は私用、私用が通用する休日に行く、それなら、日本国内からの批判は見当違いになるだろう。それでも外国人に通用するのかは判らないけどね。

|

2019年10月15日 (火)

台風被害の先は景気後退か?

増税と台風被害で企業が景気後退を言っているけど、それは自社株買いに使う内部留保を設備投資に使えば良いだけだろう?
むしろ国土強靭化計画の土木工事で作業員が足りない部分を外国人労働者で埋めれば、外国人は日本でお金を使わないので公共事業による景気回復は望めない。
民主党政権の時に水害対策費用を削りまくった影響は、その時ではなくずっと影響する。国策は国民や政治家が忘れてしまった後でも事業が終了するまで粛々と続けられるものだ。当然治水対策費用もずっと先送りになっていた筈だ。その結果が今回の台風被害だとするならば、民主党の当時政権を担っていて、未だに気を吐いている国会議員たちはどう責任を取るんだろうか?
温暖化のシミュレーション通りに台風が進路を取るような事態になって、400年掛かると揶揄されたスーパー堤防も数年で作らなければダメなんじゃないの?と思えるけど、今回決壊した所は結果として弱いところが決壊しているわけだから、そこを中心に対策するのとその対策の影響で弱くなる部分の対策を急がないと、台風シーズンには毎年こんな被害になってしまうように思える。

|

AIでどんな課題を解決したい?

日経新聞の読者アンケートに載っていた。思ったより若い人たちの発言が多くて楽しかったけれども、自分なら何をさせたいだろうか?
基本的に人間が出来る事ではないものをやらせたいなと思う。例えば、データマイニング。大量の使われないデータ、特に医療データは、一人当たりの膨大な個人情報が時系列で並ぶため、複数の個人の統計的比較がものすごく難しい。医師個別にプロスペクテイブにデータを集めていたとしても統計的な有意差が端的に出るほどのデータサイズにならない。かといって、都市レベルで集めてしまうと人の手では調べられる数ではなくなってしまう。この件は、特にコンピュータ内部でけりが付くのでやりやすいだろう。
他に、人が行けないところ、帰ってこられる当てのないところ、今なら福島の原子炉周辺で放射線量が高くて人は長く居られない場所で、かつ、装置が壊れてしまわない程度の放射線量の領域、および、場所の構造上遠隔操作が難しいところでAIが能力を発揮しそうに思う。特に装置の姿勢制御はAIがリアルタイムで動かして欲しいなと思う。
もう一つ書くなら、深海とか、往復数十年と言った遠い星とか、無線も届かないのでリモートも無理、往復数十年も宇宙空間に居たら人なら死んでしまうだろうから、原発と同じことが言える。そういった過酷な状況で変える手立てを自律的に考えられるAIがあれば良いなと思う。既にハヤブサなんかはそれに近いものになっていると思う。

|

香港はどうなってしまうんだろうね

中国に返還された時、50年あれば中国も民主化するだろうか?と思っていたけれども、中国は50年の約束を守る気が無いようだ。

|

2019年9月14日 (土)

煽り運転の報道を見て思う

煽った挙句に追い越し車線に止めさせて人を死なせるとか、高速の車線に止めさせて殴るなどは、その危険度を考えて論外だが、それ以外の煽り運転報道を見ていると、何故煽り運転に繋がったのかを論じている報道は見ない。
最近バイクで高速を走っていると、走行車線と殆ど変わらないような速度で延々追い越し車線を走っている車をやたらと目にする。走行車線が開いても追い越し車線を開けない。後ろから来る車は左に避けて走行車線から抜くしかない。
追い越し車線を延々走るのは、そもそも違反でしたよね?
3車線道路では、中央車線と追い越し車線だけ混んでいて、左車線が開いている状態なのも沢山見かけます。と言うか、殆どそういう状態です。左車線だからと言って70kmとかで走る車が居ると、中央車線に入らなくてはいけないけれども、中央車線は混んでいて簡単には入れない。だから中央車線を走る。同じような理由で追い越し車線を走るのかも知れないけれども、それは違反だよね。
要するに流れを乱す人が居て、それ故にそれを避けるような行為が必要になる。それが常態化して、こんな事になっているのではないだろうか?だからと言って違反行為が正当化させれる訳ではなく、追い越し車線を延々走るのは違反です。
多分、走行車線を走る時は自動運転とかにすれば、流れを乱すことにはならないんだろうね。
腹が立ったからといってやって良い訳では無いけれども、煽られるような運転をしている人達が、全く話題にならないのは異常だと思う。

|

2019年8月23日 (金)

韓国大統領は北朝鮮の工作員と言う噂は本当?

唯の中傷かと思っていたけど、無謀な最低賃金引きあげにより雇用状態を悪くし社会不安を煽る、日韓請求権協定を無視して企業の資産差し押さえを行い日本に愛想をつかされ、貿易管理の協議提案を無視し続けた挙句、貿易管理を厳格化され感情的になり、ホワイト国まで除外され、韓国のGDPを支える企業は減益が予想される事態にし、今度は日米韓安保の破棄に繋がるようなGSOMIA破棄し、アメリカにも愛想をつかされそうになっている。結局、この間、韓国政府は何もしてこなかった。感情的に反日を叫ぶだけで、無策に見えるのは、業とやっているんだろうか?本当に無策なだけなんだろうか?何か他の目的で業とやっているんだろうか?
韓国の国力を下げるような諸事を捨てることには熱心だが、何も生みだしてはいない状況は、太平洋戦争時のアメリカOffice of Strategic ServicesのSimple Sabotage Field Manualが日本の国力を下げるために作られたように、どこかの国が作ったマニュアルに従って日米韓の同盟を壊し韓国の国力を下げるために行動しているように見える。
NETに流れる工作員説は、もしかして本当なんだろうか?
韓国の大統領は、自分達のしていることが国民に幸福を与えるものなのか問い直してみるといい。他の、例えば、日本、アメリカ、中国、ロシア、イギリスの首脳にも言えるけど、あなた達は国益と言うお化けに操られて、何が幸福かを見誤っていませんか?
まあ、国民に幸福なんてものもお化けなんだけどね。

 

 

|

2019年7月31日 (水)

プラットフォーマー責任論は正しいのかな?

 - 今月殺害された17歳のビアンカ・デヴィンズさんの痛ましい遺体写真は、インスタグラムから削除されるまで何時間もかかった。-(ロイターニュースから)
と言う記事が載っていたけど、そんな画像を載せる恥知らずが糾弾されないのは何でだろう?
中学、高校、最近は小学生も含むらしいが、SNSを使った陰湿なイジメが横行しているけど、そんな恥知らずは炎上させちゃえば?と思う。
何処ぞのテロ組織がプロパガンダとして、世相不安やサイコパスを煽る目的でやっていたとしても、炎上したアカウントを消して仕舞えば、炎上の対象者も消えて、それ以上のイジメにもならない。それでも、イタチごっこ感は拭えないけど、何でもプラットフォーマーの責任にしてしまうのは、政治介入し過ぎだろう。ネットの世界は広く自由であり、遮断や隔離、変な規制、実体に対する警察権力の行使などの道具に使うべきではない。ネットの住人が自浄力を持てば良い。そんなのは当てにならないから、プラットフォーマーへの政治介入では、情けなさ過ぎる。

 

 

|

2019年7月 4日 (木)

奢れる大国久しからずや

「奢れる者」だったと思いますが、最近のどこぞの大国を見ていると、攻殻機動隊で語られる第三次世界大戦を想起させられます。
日本の奇跡なんて放射能除去物質は出来そうにありませんし、お願いだから、核大戦なんかにしないでくれよ、と思う。
20世紀以降にアメリアかと喧嘩して勝った国は一国もない。発展途上国が、短期的に先進国化するために国ぐるみで先進技術情報の窃盗に走れば、お金と時間を掛けて積み上げてきた先進国はたまったものではない。窃盗に走る国が、国際法を守るとも思えないが、国際法を無視して、大国気取りで偉そうなことを言い始めれば先進国からクレームが出るのは当たり前だろう。
以前の冷戦は、西側vs.東側、資本主義vs.共産主義だったけど、現在の冷戦は、西側先進国vs.ある大国だ。一般的な見地からは、勝つ見込みのない戦争だが、彼の大国は我々の知らない勝算でもあるのだろうか?
実際にアメリカを動かしている政府組織の先見性は、正直異常なレベルにいる。日本も見習ってほしいものだが、30年後や50年後の世界地図はどうなっているんだろうね?

 

 

|

2019年6月23日 (日)

まあ、余計なお世話なんだろうな

自分が若い時に先輩や上司から色々と聞かされて、それが自分の生きるヒントになったように、若い人相手に何か気の利いた事を言ってあげたいなと思って、その若い人に足りないものとかをヒントになるように話しても、それは余計なお世話なんだろう。
自分が若い時には、純粋に言われたことを消化しようとして色々考えて、何度も何度も噛みなおしてみたけれども、今の若い人達はそんな事しないんだろう?何かチャンネルが開いてない感じなんだよなあ。もしくは波長が合わなくて共鳴しない。それとも単に頭が悪いだけなんだろうか?もっと単純にどう生きていこうとか考えもしないんだろうか?いやいや、それは無いか?
若かった時に自分たちが何に夢中になっていたかなんて我々はとうに忘れてしまっているけれども、いまだに覚えている言葉は、何気に言われた刺さる言葉だったと思う。それをどう聞くかは本人次第なんだろうけど、まあいいやと思わずに受け止めた結果が今自分が言おうとしている事なんだろうね。少なくてもまあいいやと思う奴には届かない。
志?
今いる職場を目指す奴は、最初から何かを諦めている。我々年寄りは、違う職場から理由があって呼ばれてきた人間たちだから、最初からこの職場を目指してはいない。チャレンジングな理由があってここに来た。安定とか仕事量の少なさのような事を志望理由に来たわけではない。多分擦り合わない理由はここなんだろう。
だから、きっと、我々が何を言ったところで、彼らにとっては余計なお世話なんだろうね。

|

2019年2月15日 (金)

もうちょっとだね♪

最近、Evernoteには書くけど、Blogにアップしなくなって暫く経ちますが、やっとアクセスの無い日が出てきました。

 

Stand Alone Complexの話も書いたけど、もう、載せる必要も感じないし、アクセスがゼロの日が3日続いたらBlogを閉じると決めていましたので、もうちょっとですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

官僚主義との戦いか?

官僚主義の意味するところは色々あるけれど、その一つ、もしかしたら最大の意味は、事務官が組織を牛耳るべきだ、との考え方だろうか?
これって、太平洋戦争で軍部の独走を政治が止められなかった反省なのかも知れないけど、度を超すと弊害になる。特に末端まで浸透して階層構造を追求しようものなら、効率が悪すぎて仕事にならない。要するに中身を知らない人が決めようとして、間違いを間違いで正そうとする。
例えばある職能集団の集まりと言うのは、事務方の勝手な人事から人事権を取り戻すための手段なんだよね。
特に他職種が総体をなすような組織では、職能集団の中での仕事の出来る出来ないの判断と事務方の持っている人事記録による判断では大きく異なる。一人では頑張れるし仕事も出来るし意欲も高いけど、上に立ってグループを纏めるような資質に欠けるよう人材は、往々にしているけれども、技術職のリーダーと事務職のリーダーでは本来求められる資質が大きく異なる。だから、事務職用に作られた人事記録からでは判断が付かない。そう言う問題を補正するのが目的なのだろうか?それ故、所属長の推薦があって、それを点数化するらしい。どういう風に点数化するのかはトップシークレットだそうだ。そこを明確化できない理由は、人事の匙加減を活かすフィールドを表には出せないからだ。
日本の組織が人事に袖の下を渡せばと言う事は無いだろうが、下世話な会社ではあるかも知れないね、自分たちの権限を挿む余地を残そうとする意識がそうさせるんだろう。それは、正しく事務官が組織を牛耳るべきだとの根本思想を反映したものだ。
現場のマネージャに取って一番の優先事項は、配下の職員の給料を取ってくることだと思う。それには執行役達を納得させるための業績が必要な訳だが、それと同時に職場環境を良くする必要もある。役職を上げる行為は、皆の納得が行くような物であるならば良い雰囲気になるし、納得がいかなければ悪い雰囲気になる。厄介なのは、それがある種の人気投票のようなものであり、業績とはあまり相関しない事だ。人気の無い奴は、一人では仕事が出来るが複数の人間を纏めないと出来ない仕事には向かない傾向がある。そう言う人材は、事務職では駄目だが、技術職ではOKなのだ。一人での仕事は出来るから人事記録は良くなるが、役職を上げたら仕事が出来ない事が予想される。そう言う微妙な判断は、人事記録には書けないし、それ故、人事記録しか見ない人事係には判断できない。だからそう言う事は現場に任せろと言う話になる。
この意見の対立が現場のマネージャーと人事がぶつかる原因になる。
現在の日本における官僚主義の傾向は、Office of Strategic Servicesの作ったSimple Sabotage Field Manual通りだと思える。結果は、先進国中最下位に近い労働生産性と言う事になる。一つの文化のように根づいてしまったこの官僚主義の打開は、労働人口の減少が危惧され労働生産性の向上が望まれる日本に置いて、どうしても手を付けなければいけない問題であると思う。

| | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

少数意見は少数意見でしかない

少数意見は少数の人の意見でそれ以上のものではない。
ネットワークやSNSが個人の意見を発信しやすくしたのか?アメリカナイズされた訴訟社会が個人の意見を新聞ネタにするようにしたのか?権力を私欲に使う人が増えたのか?多くの人達の利害とはかけ離れた意見が幅を効かせて、騒いだ者勝ちのような社会になって来たように思う。
クレーマーの横行と言っても良いかも知れない。
世の中には解っていてもなかなか改善出来ない事や一見悪そうでも全体的に見れば正しい措置と言う事が往々にしてある。クレーマーの言う事はなかなか実現し辛い場合や全体的には正しく無い場合が多い。
昔は、相手の状況を鑑みて文句を付けないとか、自分だけの問題らしいと判断して我慢するとか、そんな気遣いがあったと思うけれども、最近そう言った事を感じない。
僕には、仮にお金を払うものであれ、サービスを受けたら感謝するような躾がされているけれども、過剰なサービスを要求する人が目に付く。契約に基づく権利は、義務を果たさないと主張出来ないんだよ。例えば過剰なサービスには高額な対価が必要だが、それは払いたくないらしい。何だか成金チックで恥ずかしい。世の中の仕組みを理解しないまま小金持ちになり、自意識過剰なままサービスを受けようとして騒いでいるように見える。でも、そんな騒ぐ人は目立つけど少数でしかない。
取り上げるから悪いのだ。タクシーの乗車拒否も文句を言われちゃうから微妙だけど、契約が成り立たない人には、サービスを提供しなくても良いだろう?どうせ少数なんだ。話が完全に脱線している。
行政は特定の個人の利益には動けない、って言うか動いちゃいけない。窓口で大騒ぎされるのは迷惑なので対応しなければならないのだろうが、警備員を使ってつまみ出したらまたぞろメデイアが大騒ぎする。殆ど場合窓口で大騒ぎするのは威力業務妨害なので、警察の出番だけど、暴力団構成員でも無いクレーマーに警察を呼んだら、これもまたメデイアが大騒ぎする。

| | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

終身雇用制の良いところ

President Onlineに「ブラック企業が悪用"みなし残業"の実例集http://president.jp/articles/-/25012」と言う記事があって、最近問題視されている事案に固定残業代制(みなし残業代制)と呼ばれるものがあるらしい。月々決められた時間の残業に対し固定額を払う制度らしい。例えば1月30時間の残業に3万円(ずいぶん少ないけど)を固定で払い、30時間未満でも払う、超えた分は別途残業代を払うなら合法だけど、超えた分を一切払わない会社が沢山あるらしい。
考えてみれば夜勤のある会社で、月に5回以上夜勤をしたら夜勤手当を5万円払うと言うのも、これに近いよね?
月4回だと手当てが付かず、5回以上でも5万円のまま、本来なら夜勤1回に対して1万円で、2回なら2万円、7回なら7万円払うべきだ。それは働いた分だけ給料が増えると言う公平感にも繋がって職場満足度なんかにも影響してくる。例えば5年目位の職員がこんな事を理由に辞めて行ったら、教育費の無駄は企業にとって大きな損失になる。
バブル崩壊後、非正規雇用の蔓延、終身雇用制の崩壊など、日本の平均所得は減ってきている。転職が自身のスキルアップに繋がり、スキルアップに従って給料が増えて行くのなら良いけれども、日本では逆に給料が下がる傾向が強い。きちっとスキルを積み上げない仕事の仕方にも問題があって、仕事を成功に導くプロセスを積み上げていないのだろうと思う。
これを逆方向から見ると、終身雇用制だったから平均所得が維持され、バブル崩壊後の消費を下支えしていたとも考えられる。
現在金融市場は好況かも知れないが、所得の分配が崩れ、消費は落ち込んで来ている。
終身雇用制の良いところは、人生設計を立てやすいことだろうか?定年まで徐々にではあるが給料が増えて行き、仕事も安定する。転職等に時間や費用を使わないから、仕事に熱中しても良し、余暇に使うも良し、なんだかんだと言ってそれなりに余裕があって、そんなに悪い人生じゃ無かったなんて言いながら満足して死んで行けた。
29年度の国家税収がバブルの頃を超えたらしいが、我々庶民には全く実感が無い。企業の内部留保が増えただけで給料に反映されないとか、リーマンショックのようなリセッションが怖くて経営者が怖気づいて業務拡大に向かえないとか、企業収益は株主には回っても職員には回らないとか、貯金をしても金利が殆どゼロで不労所得がちっとも増えないとか、何だか先々が不安だからお金が使えず、お金を使わないからちっとも物が売れず、安くしないと売れないから物価は上がらず、経済が低気圧のように高いところにお金を巻き上げているような格好になってしまっている。
さて、どこから手を付ければ経済は高気圧のようにお金を下に吹き出すようになるだろうか?
北欧が参考になるかも知れない。税金は25%と馬鹿高いが、大学まで教育費は無料だとか、老後の心配が無いからみんな貯金せずに使うので経済は良いように回っている。高等教育が進んでいるので生産性も高い。週の労働時間も25時間程度。素晴らしいよね。
日本では課題が山積みだし、社会の闇が議員にお金儲けの材料を与えるのだから世襲の議員からそんなパワフルな政治家の出現は望めない。
まあ、やっぱり終身雇用制とまでは行かなくても、最低賃金の増加と非正規雇用の排除、残業代等の企業の搾取の防止、辺りから取り組むんでしょうかねえ・・・
ああ、国民の生産性向上のために、大学までとは行かなくても高校の義務教育化は必須ですね。もう一つ国民の教育レベル向上のためにスマホゲームも排除するべきだと思いますよ。テレビのCMがゲームのCMだらけなんて国は日本だけだろう?

| | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

待っていられない

最近、職場内では働き方改革とかの話題で持ちきりである。また、時間外勤務にちゃんと手当を付けなければならない、残った分の手当てを請求するのは当然の権利だ、なんてことまで言い始める連中が現れてきた。
これには、二つの相反する意見がある。
「仕事の段取りが上手くて、時間内に終わっているけど、やっている仕事の量は平均を遙かに超え、精度の高い仕事をしている人達」と「仕事の段取りも悪く、世間話に興じる時間が長く、ダラダラと残っているけど、やっている仕事の量は平均を遙かに下回り、仕事の精度も低い人達」、後はそのどちらでも無い人達である。
時間内に仕事を終わらせられる人たちは、仕事の時間配分が上手く期間内、時間内に確実に終わらせられるように工夫しているし、常に忙しそうにしているけど、時間内、期間内にきちんと仕事を上げてくる。内容も素晴らしい。この人達からの意見は、”仕事が出来ない奴ばかりが残って残業代を貰っているのはけしからん!”です。
二つ目の人達の意見は、”時間内に終わらないような仕事を押し付けられているんだから残業代は大目に貰ってもいいくらいだ!”です。
三つ目の人達は、先の二つの人達のどちらに扇動者が居るかに左右されます。概ね二つ目の人達の中に扇動者は居ます。
まあ、困った傾向だけど、二番目の人達を僕は待っていられない。

| | トラックバック (0)

«自己評価が低すぎる?