« TRICKネタを書かない理由 | トップページ | ガスパッチョ »

2007年4月22日 (日)

セクレテールの皮つなぎ

一昨年フロントタイヤを砂利に乗せて転んでしまった。峠で転んだのは始めてで、ちょっとショックが大きかったのと大事に着ていたレインボウの皮つなぎが傷だらけになってしまった。バイクの修理代と一本だけひびが入ってしまった肋骨も痛かったけど...

”袖を通してすぐにレースで走れることを目指す”と店の主(永井さん)が言うだけあって、着てすぐに前傾姿勢で自由に動けそうな程の出来だった。筋肉が膨らむところの余裕、始めて触ったと言えるほど柔らかい皮、今日は仕事だけどサボってどこかに走りに行きたくなった。”仕上げがちょっと荒削りかな?”と思えるのと立て襟で頼んだ積もりだったけど襟なしになっていたのと”お腹が流石にちょっと緩いかな”と思えるけれど、着心地は抜群。わき腹にレプソルホンダ調にウイングを入れて貰うと言う新しい試みにもこだわりを見せてくれて、綺麗に仕上げてくれた。立って歩くことを考えれば”もう少しこうしたかった”、と言うのはあるけれども、なかなか良い出来だった。

細かい仕上げとかでは、クシタニやヒョウドウなんかよりは劣るのかもしれないが、着やすさでは多分セクレテールのほうが上。バイク屋さんの紹介で行ったけど、フルオーダーで20万円台で作れる店は他に知らない。以前店であった青柳さん(アジア選手権で活躍してます)が、”すごく着やすいですよ”と言ってたのは確かだった。

今シーズン着てみて、その時まだ気になるところがあったら直してもらおうかな?

|

« TRICKネタを書かない理由 | トップページ | ガスパッチョ »

モーターバイク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セクレテールの皮つなぎ:

« TRICKネタを書かない理由 | トップページ | ガスパッチョ »