« 音波送信機 | トップページ | バイクでのストレス »

2007年5月14日 (月)

Pilot Power 2CTのさらにその後

前回、変な減り方をしてしまったPilot Power 2CTだけど、どうも空気圧が足りなかったかも知れない事が発覚した。日曜日のツーリングのためにメンテナンスをしていて気がついたのだが、タイヤが冷え切らない状態でリアの空気圧が1kgしか入っていなかった。前回走った前の日に2.9kgまで入れてその後2週間一度も乗っていなかった。

聞くところによると、ミシュランタイヤのサイドウオールのリムに入るところに型入れの空気抜きの穴があり、ひげが出ている。そのひげをリムに噛んだまま組み込むとエア漏れの原因になるらしい。調べてみると9箇所噛んでいた。エアを抜いてひげの噛んでいるところを全部外して、バルブのむしを交換した。これもちょっとでも汚れた状態で組むとエア漏れの原因になる。

昨日、一日約330km位走ってきたが、タイヤが冷え切らない状態でゲージを当てたので3.1kg、異常なし。コンパウンドの異なる部分の状態もササクレなどはなく、綺麗に毛羽立った状態になった。

走ったコースが違うので一概にOKとは言えないけど、”空気圧が低かった”とすると前回の変な減り方は納得がいくかな?と思う。

以前、空気圧の低いPilot Sportで高速でバーストさせた仲間がいるので、皆さんもご注意あれ。

|

« 音波送信機 | トップページ | バイクでのストレス »

モーターバイク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pilot Power 2CTのさらにその後:

» 旧車会って何だ?! [旧車会って何だ?!]
旧車会や、旧車と呼ばれる年代ものの自動車・バイクについてもっと知りたい方にお届けするサイトです。 [続きを読む]

受信: 2007年5月14日 (月) 23時47分

« 音波送信機 | トップページ | バイクでのストレス »