« 結婚願望 | トップページ | 皮つなぎを着る意味 »

2007年5月31日 (木)

ピロリ菌の除菌

以前、ちょっとした匂いや味で吐き気を催すようになり、”もしや?”と思い内視鏡をしてもらったら、胃潰瘍とビランが出来ていた。”まあ、多分ピロリ菌が居るんだろう?”と何箇所か粘膜を摘まんでもらい、ピロリ菌の種類も特定してもらった。やっと使用する抗生剤も決まり、今日から除菌である。

サワシリン1500mg/日
クラシッド400mg/日
バリエット20mg/日
ガスター40mg/日
市販のビタミン剤適当
で7日間

こんなに血中濃度上げたら、体中の細菌が死んでしまいそう。まあ、腸内細菌は全滅するだろうな?終わったら、ヤクルト400でも飲みまくろうか?
その後確認の内視鏡をするとか言い出しそうで怖い。
嚥下反射が強い僕としては、内視鏡は”他に手段がないから”で選択している。
デジタルスコープのモニタを見せてくれて、”ほら、ここに潰瘍があるだろう。見えるか?”

って、”涙ちょちょぎれてて見えねーよ!”と言いたいが声は出せない。もう、暫らくはやりたくない検査である。
でも、ピロリ菌は粘膜内で突然変異因子を誘発するらしく、それが胃ガンの発生要因のようにも言われ始めてきている。ピロリ菌が居ない人には胃ガンは出来ないなんて人まで居る。
まあ、しょうがないよね。これでピロリ菌ともおさらばだ。
でも一体何処で貰って来たのだろう?
そう考えると、除菌したからと言って油断も出来ない。
やれやれ、これからも内視鏡をしなければならないのか?と思うと憂鬱になる。
でも胃ガンになって死ぬよりは良いか?

|

« 結婚願望 | トップページ | 皮つなぎを着る意味 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピロリ菌の除菌:

« 結婚願望 | トップページ | 皮つなぎを着る意味 »