« 結婚相手の条件 | トップページ | アルコール性小脳萎縮 »

2007年6月 9日 (土)

極端なダイエットの代償

あまり知られていないかも知れないけれども、極端なダイエットをすると脳も痩せてしまうと言うのもご存知だろうか?

拒食症と言われて入院管理が必要な状態の人(殆ど若い女性ですが...)の脳は、必ずと言って良いほど萎縮しています。萎縮度は、”もう正常な判断が付かないのではないか?”と思えるような人もいます。

脳の萎縮=神経細胞の消失ですが、一部の神経細胞を除いては再生は起こらないと考えられているようです。ですから、一度萎縮してしまったら、体のようにリバウンドしたりしない。
一度萎縮してしまったら一生そのままと考えていい。

萎縮は脳細胞だけか?と言うと、簡単に考えてそんな筈も無い。

極端な話、老化は細胞数の減少と考えられるので、体細胞の萎縮=細胞数の減少=老化と言う図式が成り立つと思われる。ダイエットは老化を早める、とも言えるかも知れない。(ちょっと極端な物言いだけれども)

成長期に十分な栄養を摂らないのも心配だが、20歳代で80歳台の脳細胞数ではその後の人生も大変なものになろう。

骨粗鬆症の専門家でもないので詳しいことを書こうとは思いませんが、30歳代で骨粗鬆症になる人もいます。成長期に骨ミネラルを十分蓄えなかったからなのか、過度なダイエットによって骨ミネラルの放出量が上回り続けたのかは解りませんが、30歳代でポキポキ簡単に折れる骨では困ったもんですよね。

40歳代男性にも痩せる本が売れる時代ですし、メタボリックシンドロームなんてのが取りざたされていて、世の中ダイエットブームそのものですが、取り返しのつかないものまでダイエットしてしまわないように注意して欲しいものです。

まあ、ダイエットしてくれると色々と環境に良さそうではあるのですが、”過ぎたるは及ばざるが如し”です。

|

« 結婚相手の条件 | トップページ | アルコール性小脳萎縮 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

フロの飼主さんへ

はじめまして

ん…耳の痛い記事に反応しちゃいました

脳の委縮かぁ…気をつけようっと

ではでは

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2008年7月 5日 (土) 23時26分

(゜ω゜ )ニャンポコー2等兵殿

コメントありがとう御座います。

大飯食らいな脳は、体の他の部分を削ってもエネルギーを摂りますが、細胞の維持に必要な栄養素が足りなくなると死んでいくみたいですよ。
(゜ω゜ )ニャンポコー2等兵殿にダイエットが必要かどうかは解りませんが、栄養バランスが大事みたいです。お気をつけあれ♪

投稿: フロの飼主 | 2008年7月 5日 (土) 23時54分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極端なダイエットの代償:

» 拒食症 芸能人 [拒食症]
拒食症で悩む芸能人は少なくありません。これまで拒食症と噂されてきた芸能人は宮沢りえ、榎本加奈子・・・等々といずれも細身を通りこして細すぎる体形の方たちです。一見華やかな生活を送っているように見える芸能人の苦労は並々ならぬものがあるのでしょう。それ故ストレスなどから拒食症に陥ってしまうのも一般人よりもむしろ芸能人の方が多いのかもしれません。一度拒食症になると元に戻るのは困難です。現に一度拒食症により劇ヤセした芸能人はそ... [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 11時36分

» 拒食症とは [拒食症]
拒食症とは精神病の一種で、食欲がなくなり食事をほとんど摂らない状態になることです。拒食症は思春期の女性に多くみられる病気で、ダイエットなどをきっかけにして拒食症になることが多いようです。拒食症になる方の多くは同時に過食症も併発し、拒食と過食を繰り返すようになります。拒食症になるとやせた状態になるのはもちろん、不眠症、低体温、無月経、便秘、低血圧などの症状があらわれます。拒食症の状態が長引くと命にかかわることもあり、拒食症にかかった人の5%程度が�... [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 17時03分

« 結婚相手の条件 | トップページ | アルコール性小脳萎縮 »