« カント認識論 | トップページ | 夕闇の少女 »

2007年8月16日 (木)

日本人の物理感

一般的に日本人は物理分野でノーベル賞的な論文を出しづらいとされている。まあ言っているのは主に欧米の学者ではあるが、割と言い当てているのではないかと思う。
日本人の宗教観は、宮崎駿が言うように”八百万の神々”の如く多神教と言われるようなもので、人すらも神になれる。一方、西欧人の宗教観は、主にキリスト教、ユダヤ教を含めて一神教である。中近東もイスラム教を初めとして一神教が多数を占める。(まあ、例としてあげた3つの宗教は、最初は同じものであると言われもするが、ここでは触れない。本題は一神教か多神教かなのだから。)
一神教を信じる人たちの際立った特長として、”唯一絶対的なもの”を信じていることであろう。他方、多神教では”唯一”と言った概念は自ずと存在しないことになる。(少なくても僕には無い。)

物理(もしくは数学でも良いが)の分野は、極端な言い方をすれば一つの絶対的な法則を見つけることである。それには出来るだけ美しく簡潔であることが望まれる。理由は、”神が複雑で美しくない法則を作り出すはずが無い”と言うところから来ていることを挙げる科学者が多い。”唯一”と言った概念を持たない民族には、一つの絶対的な法則に向かうこと自体が心理的な矛盾を生むのではないかとも考えられる。

さて、かの日本人であるが日本人全てが多神教であるとは言わないが、仏教であれ神教であれ、仏壇に手を合わせ、神社にお参りし、神木を拝み、石にも飾りを巻く。信じた仏、神以外の神を無視しろとは言わない。そう言った強制は普通無い。
ともすれば、神秘的=良く解らない事は全て神々しいとして敬ってしまう。解明する方向に気持ちが向いていないとも言える。

一方、日本人の”物事を極める”活力には驚くべきものがある。”物が無い国故に一つ一つのものを極める”と言う人もあるが、物への絶え間ない改良、精神的な鍛錬、探求への執着、(トヨタ流に言うと”改善”に当たるが)等は、日本人の得意分野にも思える。
長い江戸時代の間に”奇抜なアイデア”は”ご法度”と言う名の元に封印され気味であったことが、許されるものの中での探求心へと向けられていた、とも考えられるが、江戸時代に”極められた文化”は、ことさらここで挙げなくても枚挙に暇が無い。また、この時代の文化の特徴とし、”遊び”に対する文化の成熟度が高いと思われる。特に庶民文化では”楽しむ”事への拘り、探究心が演劇や絵画は言うに及ばず”粋”を代表とする生活スタイルまで及んでいる。
ある意味、封建制度を根底から覆すような物理的な発見が、日の目を見、発展させられるようなことはありえない時代が長く続いていたとも考えられるため、触れてはいけないもの以外への探究心であったとも言えるだろう。

さらに、日本人の好奇心は、世界有数と言われる。”日本人のPureさ?”と言う記事でも書いたが、他の国の文化を取り入れることが上手いと言う事は、その文化に興味を持つと言う事、それは取りも直さず他国の文化に対する好奇心が高いとも取れる。遣隋使の時代からは中国を代表とする東洋文化、明治以降の西洋文化は、日本人の好奇心を大いに満足させて来た。しかし、近年、それらは輝きを失いつつあり、逆に鎖国時代に花開いた庶民文化の継承とも思える文化が海外に向けて輝きを持ちつつある。また、敗戦により文化的に自由になった日本では急激に多様化しつつある。多様性こそが、次の進化への原動力であるとも言える。

多神教、制度的な抑制が無い、好奇心旺盛、急激に多様化する日本文化が、この先どんな物理的な発見を生むのかは非常に興味深い。
日露戦争の勝利でいい気になった日本が辿った結末は近代史が教えてくれるところではあるが、輸入に偏っていた文化を輸出に転じて東洋物理(こんな言葉はありませんし、僕は国粋主義でもありません)的な発想を物理の世界に持ち込んでみては如何だろうか?
所謂”日本人的な物理感を持って”。

主に朝日新聞と日経新聞の記事をもとに推論しました。ですから参考文献は、強いて言えば新聞となるでしょうか?

|

« カント認識論 | トップページ | 夕闇の少女 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

八百万の神を受け入れる日本人の大らかさが好きだと常々思っておりましたが、「解明する方向に気持ちが向いていないとも言える。」という一文で「おぉ、なるほど。」と目から鱗が。
確かにそうかもしれませんねえ。
大らかと言えば大らか、いい加減と言えばいい加減なところと、とことん物事を突き詰めていく職人魂があちこちに存在するところが日本の面白いところと思っています。
・・・日本と日本人が大好きなんです。

投稿: 如月 | 2007年8月18日 (土) 17時53分

おーっ!コメント有り難う御座います。
バイクネタに引っかかるのかと思いきや、です。
まだまだ載せてない文章が沢山ありますので、お気に召したようなら、また遊びに来てください。
そう言えば、モモデザインのヘルメットは、http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/auctions?userID=ohohoh178
に4万円くらいで出るかもしれません。さっき見たときには、黒系のものしかありませんでしたが...

投稿: フロの飼主 | 2007年8月18日 (土) 19時10分

モモデザイン、デザインはとても気に入ってるのですが、顔が丸出しになるのでスモークシールドを付けたいと思ったところ、夜は使えないレベルのスモーク具合しかなくて。
冬場は日が落ちるのが早いので替えを持っていかねばならないところが最大のネックでしょうか。
ツーリングの途中で取り替えるって、私の中ではとても面倒なんですもの。(無精者)

投稿: 如月 | 2007年8月18日 (土) 20時21分

アライのヘルメットには、ミラースモークが付いてますが、これの最大の難点はトンネルの中では何も見えない点でしょうか?
夜、もしくは、夜になることが解っている時にはライトスモーク(買ったときに付いて来た物)に付け替えて行きます。僕もシールドの替えまでは持ち歩きません。(無精者,too)
さらに、寒いので冬は約3ヶ月ほど乗りません。(more無精者and軟弱者)

投稿: フロの飼主 | 2007年8月18日 (土) 20時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の物理感:

« カント認識論 | トップページ | 夕闇の少女 »