« 分裂膝蓋骨のその後 | トップページ | 富良野の富田ファーム »

2007年8月29日 (水)

我流写真術

写真のことは、正直素人です。しかもど素人。
でも、画像工学のことは詳しい部類ですが、でも、それって、写真で見る人を感心させられる、とか、もっと欲張って感動されられるようなものではありません。要するに役に立たない知識しかない。トリビアみたいなもんですね^^;

カメラは、
Nikon FE(何年前のカメラだ?)
Contax TVS
MINOLTA DiMAGE X
を持っていますが持ち歩きません。北海道に9日間も一人旅をするのにカメラを持っていかないような奴です。だから、こんな記事を書いていいのか?とも思います。

高校生の時、美術部にいて東京芸大に行った先輩から、
”構図を考える時は、見る人の目線を自分の狙ったように動かさせなさい。”
と教わりました。つまり切り取った画面の中にあるモチーフをどんな順番でどのように見せたいのかを想像しながら、構図を考えろ、と言うことです。
簡単に言うと、一番見せたいものを目立つようにすることです。そして二番目、三番目と目立つ度合いを変えて行きます。当然見えている色とは、違った色合いを選択することも有ります。当然、画面全体の色使いも変えてしまいます。見せたいものが一つであれば、コントラストが強烈な色合いにもってゆきますし、沢山あるなら全体的にコントラストの緩い柔らかな色合いを選ぶことが多いです。また、細かく描く、描かないでも見せたいものとそうでないものとを区別します。

コントラストの強烈なモチーフを全体にばら撒いてしまうと、何を見せたいのか解らなくなりますし、見ていると頭が痛くなります。

写真で言うなら、一つの物を見せたい時には絞り込んでコントラストを付け、見せたいものにだけ露出を合わせます。逆に幾つか見せたいものがある時には、絞りを開け気味にして全体のコントラストを下げ、みんなに色合いが合うようにします。

もう一つ、ピントと絞り=被写界深度の関係も構図上重要です。
絞りを開けると被写界深度が浅い=ピントの合う奥行きが浅くなりますので、見せたいものだけにピントを合わせれば、周りは適当にボケて見せたいものだけが浮き立ちます。
逆に絞りを絞ると被写界深度が深い=ピントの合う奥行きが深くなりますので、全体的にピントが合って、狙っている幾つかのモチーフを映し出すことが出来ます。

絞りに対するコントラストとピントの関係が逆になるところが、写真の面白いところなんだろうな?と思います。

でも、最近みんなデジカメですよね。ダブルγ(色合いの合うレンジを二つ持ってる)やダイナミックレンジ圧縮(写真的に要らないレンジを圧縮してしまう)なんて機能を持ってたりするので、シーンセレクトなんかできちっと選んでやると、信じられないような美しい写真が撮れたりします。青空なんかもアナログの時は偏光フィルターを用いて紫外線除去をしたものですが、勝手に青を強調してくれたりもします。
見せたいものを中心にして半押しにして、そのままずらしてシャッターを押せば、ピントも色も合ってしまいますし、最新のは画面の中で勝手に顔を認識したりもします。
だから、腕の見せ所はトリミングだけ。どう画面に切り取るかだけです。

詰まらなくなった、とも言えますが、思い出が無残に散ってしまったりはしません。

僕が一人旅の時カメラを持ち歩かない一番の理由は、脳裏に浮かぶ景色と写真の差異が嫌だから、だったりします。

|

« 分裂膝蓋骨のその後 | トップページ | 富良野の富田ファーム »

独り言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我流写真術:

« 分裂膝蓋骨のその後 | トップページ | 富良野の富田ファーム »