« 30年ぶりの富士GP | トップページ | 液晶モニターのその後 »

2007年10月 2日 (火)

覗き見る影

勤務先には、各セクションごとに夜も職場に留まらなければならない。
当直とでも言えば解り易いだろうか?
それは、どんなに大きなセクションでも基本的に一人になる。

ある日セクション全体の戸締りをしてベッドに寝たのが12時過ぎだった。
ちょっと眠りが浅くなり、寝返りを打とうとしたが体が動かない。
お陰で一気に目が覚めた。
でも、体は動かないままだった。
ふと気付くと部屋の入り口のほうに人の気配がする。
入り口までは5mくらい。
普通人の気配など感じない距離だと思うが、やたらと強く感じる。
気力を振り絞ってやっと頭を上げて入り口の方を見た。
黒っぽい人影が入り口からこちらを覗いている。
”誰だ!?”と言って見たが声にならない。
やっとの思いで、”誰?”と声が出た。
その途端、影は見えなくなった。
起き上がろうとすると、今度は軽く起き上がることが出来た。

何だ今のは?
さっき全部の部屋の鍵を確かめたよな。
当然このセクションに入れる人は、居ない筈。
マスターキーを持っている人は居るが、連絡もなしに入ってくることは無い。
”おっかしいな~?”と言いながら、部屋を出て戸締りの確認に行ってみた。
ちょっと背後に注意をしながら。
しかし、どこかの部屋のドアの音もしなかったし、全てのドアは鍵が掛かったままだった。

時計を見ると1時50分。
よく言われる”金縛り”だったのだろうか?
確かに体が動かなかったし、夢を見ていたわけでもなさそうである。

”またかなあ?”
この状態を”悪さ”と言えば、言えなくも無いが、これまで一度足りとも悪さをされたことはない。

何だか流石に気持ちが悪いので、寝る部屋のドアも閉めて寝ることにした。
その後、ここには何度も寝ているが、その後同様のことは起こっていない。
もっとも、それ以来、部屋のドアを開けっ放しで寝たりしていないので、覗きたくても覗けないだろうけれど...

|

« 30年ぶりの富士GP | トップページ | 液晶モニターのその後 »

ちょっと怖い話」カテゴリの記事

コメント

相変わらず怖い体験してますね・・・
鍵を閉めたら覗かないなんて
ある意味礼儀のある方(霊)ですね。
私には怖くてこんな冷静にいられないと思うけど。

投稿: hanaぽん | 2007年10月 2日 (火) 19時51分

hanaぽんさん、こう言うのも慣れると平気なものですよ。何かされる訳でもないですしね。
礼儀正しいのかどうかは解かりませんけど、この時以来、起きてるのに身動きできない経験は無いですねえ。
でも、この時恐かったのは、実は実在する人が恐かったのですよ。戸締りを確認するときは、背後に注意を払っていたのは、変な人が襲ってくるのを恐がってました。

ああ、そう言えば、肩をゆすられて起こされたときも動けなかった気がするなあ。どういう状態になってるんだろうね?何か、不思議。

投稿: フロの飼い主 | 2007年10月 2日 (火) 20時33分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覗き見る影:

« 30年ぶりの富士GP | トップページ | 液晶モニターのその後 »