« フロの名前の由来 | トップページ | 経験の限界 »

2007年10月19日 (金)

恋だけだった?

はじめは唯触れてみたいだけだった。
年齢を重ねた君は磨かれて艶やかに美しかった。

君は友達に見せびらかしたいだけだった。
お披露目につれて行く格好の男の子。

割り切っていたのに続かないのは解かっていたのに
お互い寂しさを埋める存在になっていた。

愛を育むには未来が必要。
でも次のステップは高くて弾みきれなかった。

度胸の無い僕らに明日は無い。
でも、恋のステップを降りるには近づき過ぎていた。

僕の想いは年の差を埋めきれるほど大きくは無かったのか?
僕を押しつぶすには十分な重さなのに。

君の想いは先行きの不安を拭えるほどの確信を持たなかったのか?
君から笑顔を奪う程大きくは無かったのに。

僕は結論を急ぐには若すぎたんだろう?
君が焦りを感じているようなら決めればいいと思っていたんじゃないか?

自分から言い出す勇気は君にも無かったんだろう?
君は僕が踏み出してくれるのを待っていたのか?

お互い踏み出せないまま時間は過ぎた。
やがて訪れた距離が二人に踏み出す勇気をくれた。

それは新たな恋を見つける勇気。
僕達の間に愛はなかったか?

|

« フロの名前の由来 | トップページ | 経験の限界 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

読めば読むほど深いですね。
いくつもの解釈がとれます。
「若すぎた」という文を見ると年上の女性との恋?
「割り切っていたのに」という文からは報われぬ恋?
読む人によって解釈は違うけど男と女のすれ違いがよく描写されてますね。
恋だけではなく何かがあったと思います。

投稿: hanaぽん | 2007年10月25日 (木) 12時41分

hanaぽんさんへ
21歳の時の事なので、疑問符に答えるはちょっとご勘弁を...
約1年半、お互い独身でしたよ。

投稿: フロの飼い主 | 2007年10月25日 (木) 18時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋だけだった?:

« フロの名前の由来 | トップページ | 経験の限界 »