« 恋だけだった? | トップページ | 大いに悩め »

2007年10月24日 (水)

経験の限界

このカテゴリの記事には、基本的に自分の経験談のなかでも確信のあるものしか載せていないですが、そろそろ確信のある経験だけでは限界が来ています。

気のせいでは済まなそうな経験の内、ちょっとだけ怖い話を載せていましたが、少し範囲を広げましょうか?”そんなの気のせいだよ!”と思えるのも書いていこうかと思います。僕の周りには、怖がりが多いのであまり話題にしないのですが、まあ、ちょっとだけ範囲を広げると気のせいだと思えるだけに怖い話が沢山あります。唯、因果関係がはっきりしない場合が多いのですが、もともとこういうものは、脳が恐怖を感じるあまり聞いた話から連想して作り出したとか、もしくは、我々がまだ観測できないような何かのそれなりの反応として脳が作り出しているとかは解かりませんが、ある種の妄想だと思っているので、特に因果関係がハッキリしなくても構わないかな?とも思います。

奥多摩湖の入り口の先に、トンネルの中で勾配が変わるので出口が見えないトンネルがあります。良く水が出ているトンネルなので、良く奥多摩に行かれる人は心当たりがある筈です。このトンネルを夜中、1時から3時くらいの間に一人で車で走ると出るそうです。

トンネルの中に入って数秒後、車の中が一瞬ひんやりして、”なんだろう?”と思って回りを見回して、ふとルームミラーに目をやるとスペースギアのセカンドシートの左側座席に髪の濡れたような女性が座っています。”えっ!?”と思うが一度前を見て、また覗くと今度は居ない。"なんだ?”と思ってルームミラーを覗き込んだ瞬間、ぬっ!と自分の左肩のところに白い顔が現れました。”うわっ!”と思った瞬間車はトンネルを出ます。慌てて左側に止まって後ろを見ると誰も居ません。

車を降りて、タバコに火を点け辺りを見回しながら

”何だかな~?、心臓に悪いから止めてくれよ!”

とわざと大きめの声で言いながら車の中を覗き込みました。ここって、ヘッドライトを消すともの凄く暗い。闇が肌に触れているような気がします。

"もしかして、この時間に一人で来ちゃいけない処だったのか?”

と呟きながら、目的地に車を向けました。

これは、以前渓流釣りに行くときに先について仮眠を取るような日程で行って居た時に一度だけ遭いました。人によっては、座席が濡れていた、とまで言いますが、僕は目的地に着いた後でシートに触ってみたら、湿っぽい気がした程度でした。その後、先に行って仮眠を取るのは止めたので当然この一回きりですがね。

さて、トンネルの冷気が車に入った事による単なる気の迷いか、以前テレビで見たようなものが潜在意識から顔を出したのか、他にも見たという人が居るのである種の集団ヒステリーなのかは解りませんが、ちょっと心臓の弱い人には向かない話ですね。

|

« 恋だけだった? | トップページ | 大いに悩め »

ちょっと怖い話」カテゴリの記事

コメント

どうしてそんなに怖い経験が多いのかが不思議です。
私は怖そうな場所には近づけません。
怖がりの憑かれやすい体質なので。

投稿: hanaぽん | 2007年10月25日 (木) 12時33分

同じような経験をしてる人がいるということは、それが何であれ私も経験するかもしれないという点で猛烈怖いです。
うー。

投稿: 如月 | 2007年10月25日 (木) 15時37分

如月さんへ
普通の人は夜中の2時3時に奥多摩周辺の道路なんて走らないから大丈夫でしょう?でも、この時はびっくりして事故るかと思いました。(汗)

hanaぽんさんへ
実はこういう話をカテゴリまで作って記事にしていますが、幽霊とかの存在は全く信じていないのですよ。だから怖がらずに危ないとこにどんどん行ってしまう。夜中の温泉なんかも普通怖がって一人じゃ行かないようなところですから...^^;
まあ、一度でも悪さをされれば怖くなるのかも知れませんが、自分が平静を保っていれば何も起きませんからね。(笑)

投稿: フロの飼い主 | 2007年10月25日 (木) 17時56分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経験の限界:

« 恋だけだった? | トップページ | 大いに悩め »