« リーダーシップ | トップページ | 秩父温泉ツーリング »

2007年11月11日 (日)

沢渡温泉

この温泉は四万温泉の湯の泉の帰りに立ち寄った。
共同浴場の鍵は、地元の人たちの当番制で大概朝早くから鍵は開いている。当番の人が早くに

風呂に入りたいと思えば早く開くらしい。
湯は殆ど草津温泉と同じような硫黄泉。湯の花が少々混じる透明で高温の温泉だった。
共同浴場のつくりは、洒落た西洋風。湯船に使うタイルも凝った造りをしていた。
この温泉は、ほぼ一目ぼれ状態。
ここでも連れが地元のお爺さんから、昭和初期の沢渡温泉街の様子を聞きだす。
幸い温泉に飾ってある昔の写真を見ていたので、お爺さんの話もスムーズに耳に入った。
現在は、やや廃れた感のある温泉街ではあるが、お湯の良さと狭い故に落ち着きのある温泉街をすれば、十分な集客力を持つだろうと思う。
残念ながら湯の泉が無くなってしまって、夜中に出て夜明け頃に湯の泉に漬かり、帰りに沢渡温泉で当番の人が鍵を開けてくれるのを待つ、と言う温泉ツアーが出来なくなってしまったため、その後一度も行けてない。

|

« リーダーシップ | トップページ | 秩父温泉ツーリング »

露天風呂」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/361156/8803437

この記事へのトラックバック一覧です: 沢渡温泉:

« リーダーシップ | トップページ | 秩父温泉ツーリング »