« 特定候補の支持表明禁止法 | トップページ | 座右の銘 »

2007年12月 8日 (土)

面倒見の良い奴

フロはやたらと小さなトラの面倒を見ていた。まるで脳内にオキシトシンの髄注でも受けた雌犬であるかのように。(これをやると、妊娠したことの無い雌犬でも子犬に寄って行って舐めたりするようになるらしい。普通の妊娠したことの無い雌犬は、子犬に興味を示さないらしい。)

”フロ、お前、雄だったよな?”
”ちょっと、見せてみ?”
おもむろにフロを裏返してみると、やっぱりちゃんと付いてる。
”にゃーお!”
とフロが怒ったように鳴く。
”何すんだよ?スケベ!”
みたいに聞こえるんだが、まあ言う訳は無いよね。でも、表情は明らかに怒ってる。で、隣でさらに怒ってる奴が居る。
”にーっ!にーっ!”
って甘えてるように聞こえるんだけれども、顔は真剣に怒っている。
”あー、ゴメンゴメン、お前のお母ちゃん、ちゃんと雄だったからさ、勘弁して!”
あんまりちょっかい出すと引っ掻かれるので、いい加減に止める。(って、既に何度か引っ掻かれて酷い目にあった。人間虐待だ!)

フロは、餌を分け与えてあげるのはもとより、トラがフロの後を追うというより、フロが母猫のようにトラを連れて歩るいている様にも見えた。

僕のアパートのお勝手の窓は、格子も付いてるし、開けっ放しでも問題も無かったので、何時もフロの為に開けてあった。空けて置けばフロは飛び乗って勝手に入って来ていた。でも窓の高さは、小さなトラには到底無理な高さだった。

ある日、フロがお勝手の窓から飛び込んできた。一度はベッドに飛び乗ってきたフロだったが、外のトラの鳴き声が聞こえたらしく勝手口の窓に飛び乗って外を見ている。外のトラの様子は解らないけれども、フロは”にゃ-”と一声鳴くと入り口のドアを引っ掻き始めた。”でも、それって無駄だろ?”
その間、外では相変わらずトラの”にーっ!にーっ!”って声が聞こえる。フロは何だか気が気じゃないようで落ち着きなくウロウロしている。
"何してんだか?”
フロは、様子を見るために覗いていた僕に気が付くと、寄って来て僕の膝を前足で押しながら”にゃ-”と鳴く。
”何だよ?開けろって言いてるのか?”
”しかし、何だァ、フロ、お前、ホントに猫か?

”どうもお前と付き合ってると、お前が猫だって事を忘れそうになるぜ。”
チェーンロックを掛けて、ドアストッパーを置いて様子を見ていると、フロの後をついてトラがちょこっと顔を出した。でも、僕に気付くと引っ込んでしまう。フロは、ベッドの方に来たそうだったが、トラの事が気になるのかウロウロするばかり。
最近、トラの為に餌用のトレイを外に置いていたが、仕方ないので上がり待ちに置いてみた。トラは、餌に釣られて恐る恐る入って来た。それでも僕に気付くと引っ込んでしまう。
”そこまで怖がらなくても良いだろ?”
”ハイハイ、僕が引っ込んでれば良いのね?”
と言って奥に引き上げて覗かないようにした。その後2匹がどうしたかは解らないけれども、餌は無くなっていて、その日とうとうフロはベッドに来なかった。

でも、トラがフロと一緒にベッドに飛び乗ってくるようになるまで、そんなに長くは掛からなかった。

"トラ、お前ってフロが居なかったら、どうなってたかな?”

Photo 写真の子猫は、チャチャちゃんとカルピンちゃんの姉妹。左のチャチャちゃんがトラの小さい頃にそっくりなので、借りてきました。トラより若干優しげな表情は、女の子だからかな?

写真は、3人しか居ない(始めたばかりなので)マイミクのきょうこさんから提供してもらいました。

|

« 特定候補の支持表明禁止法 | トップページ | 座右の銘 »

フロとトラ」カテゴリの記事

コメント

あぁ、ミクシィやってらっしゃるんですね。
わたしはやめちゃいました。
なんかとっても面倒なことに巻き込まれちゃって。
オキシトシンの話を最近したばかりです。
友人が帝王切開後、初めて赤ちゃんを抱かしてもらったら、いきなり乳がポタポタと溢れたそうです。
「けだものだよねー」というので、
「うん。けだものだよ。そこがだいじだよ。」とシミジミしました。
この話、いいなあ。。。
画面を永久保存して置こうっと。

投稿: 如月 | 2007年12月10日 (月) 20時23分

如月さん
いやあ、ミクシィはやる気無かったのですが友達に無理やり入れされられました。
職場にはBiologyに関する研究会があって、専門ではないのですが何時も出ているせいで、ホルモン関係にもある程度知識はあるのですが、人間って知性の及ばないホルモンの影響で行動まで変わるので、やっぱり何だかんだ言っても唯の動物ですよね。(笑)
フロとトラの話は、そうですねえ、そう言って貰えると思い出をほじくり返そうか?と言う気になりますね。(笑)
僕にとっては、多分如月さんがノアちゃんの小さい頃を思い出すようなものなのだろうと思いますよ。(しみじみ)

投稿: フロの飼主 | 2007年12月10日 (月) 20時52分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 面倒見の良い奴:

« 特定候補の支持表明禁止法 | トップページ | 座右の銘 »