« 罰金 | トップページ | 日本の知力 2話 »

2008年1月26日 (土)

F1通信

F1通信 http://blog.livedoor.jp/markzu/
もう数年前から、この人気ブログを読んでいる。常時閲覧者が100名くらい居る超人気ブログなのだが、web検索から、日本語訳、掲載と一体どんだけ時間を掛けているやら?と何時も不思議だが、大変重宝させてもらっている。
原文は、大体以下のサイトでその中のお気に入りの記事(多分)を気の利いた日本語訳で掲載している。
http://www.formula1.com/
http://www.planet-f1.com/
http://www.autosport.com/
http://www.grandprix.com/
http://www.itv-f1.com/
特にプラネットF1やITVF1の記事は、ライターがイギリス人である場合が多く何時も辛口、もしくはブラックユーモアと言われるような記事が多い。それもさらっと日本語に訳してある。一体誰が訳しているやら...と思うが書いてない。(いや見つけていないだけか?)

以前はGoodYearがスポンサーをしていたサイト(名前は忘れました。)やAtrasF1.comが主な情報源(この二つはもろイギリス英語のイギリス贔屓のイギリス人が書いていた。)で、これらが撤退した後は、F1通信とF1キンダーガーテンhttp://www.auto-web.co.jp/F1/index.htmlが主な情報源になっている。ちゃんと日本語に訳してあって読むのが取っても楽。主にアメリカ英語を習っていたので、AtrasF1なんかのイギリス英語のページは結構読みにくかった。(慣れてしまったけど...)
だから、F1通信さんがちょっと解かりづらい厭味なんかも解かりやすく訳してくれるので、”あっ、そう言う意味でしたか?”と納得したりする。

初めてF1を見てからかれこれ30数年、始めてみたF1ではJPSのロータスが強くて、サイドポンツーンにCANONのロゴが入ったウイリアムズ、六輪のティレルなんかが強かった。その後、モデム接続でインターネットニュースサイト(今と違ってテキストベースの掲示板のようなものでした。)からライターも良く解からないイギリス訛りの英語の記事を読んでいた頃から比べると隔世の感がある。

職場には、F1オタクが数人居てたまにF1ネタで盛り上がる。イギリス人からの情報のバイアスが理解できていて、ITVのネタなんかを話してもちゃんと理解してくれる。頼もしい連中である。でも数人である。
野球やサッカーで盛り上がっている連中とはまるで人数が違う。さらにmotoGPネタなんかは、盛り上がる相手すら居ない。
(つくづくバイクってマイナー、って思い知らされる出来事である。)

ちょっと話は逸れてしまったけど、F1に興味があって裏話を知りたければ是非覗いてみてください。
(散々情報を貰っているので、恩返しのつもりでリンクを張っても、僕のページじゃ効果は期待できないけど....)

|

« 罰金 | トップページ | 日本の知力 2話 »

Fomura1」カテゴリの記事

コメント

ためになる情報をありがとうございます。
イギリス人の厭味・・・・ぜひ読んでみたいです。そこに心引かれました。
話はまた反れてしまいますが、ノッティングヒルの恋人って、ご覧になりましたか。
あの中で、最後の一切れのケーキを誰が食べるかで、どれだけ自分が惨めかを語り合うシーンがあって。一番惨めだった人がケーキを貰えるのですが、もうねえ・・・いたたまれない。
日本人の私には理解不能なユーモア感覚でした。
あ、そうだ、これ今夜のネタにしよ・・・(笑)

投稿: 如月 | 2008年1月26日 (土) 20時53分

ノッティングヒルの恋人ですか?
映画名は知っていますが、見てはいないです。
面白そうなので今度見てみます。
そう言えば、Ally Macbealの中で”手も足も無い女の子が浜辺で座って泣いています・・・・”という笑い話が出てきますが、僕には面白さが理解できなかった事がありましたっけ。
アハハ、後で見に行きます。
僕も前に如月さんの記事からネタにしたことがあった。(笑)

投稿: フロの飼主 | 2008年1月26日 (土) 21時02分

書き忘れましたが、F1通信さんのページは右下のカテゴリでOff On F1、F1雑感、F1記者OB予想、F1裏話なんかが面白いですよ。
でも楽屋落ちみたいなネタが多いのですけどね。(笑)

投稿: フロの飼主 | 2008年1月26日 (土) 21時13分

右下のところ、あちこち覗きましたが面白いですね。
で、英国人のユーモアセンスについて書こうと思って調べたらこれがまあ面白いこと。
その場しのぎの日記に書くのはもったいないのであとで満を持して書こうかと(それほどのことじゃないか 笑)
そういや我が家の黒犬の人工股関節は輸入物なんです。日本では作ってないそうで。
こういう時です、ヨーロッパの(ペットに対する意識の高さも含めて)懐の深さを思い知らされるのは。
日本のペットフードの基準の低さを知ったときに感じたのですが、物や生活の質に向ける意識のレベルとエネルギーが日本人とヨーロッパの人とでは違うんですよね。日本人の卑屈なまでの欧米礼賛はもうげんなりなんですが、見習うべきところは見習いたいです。
でもあれかな、「ワビサビ」「茶の心」「立って半畳寝て一畳」の国だから仕方ないのかな。

投稿: 如月 | 2008年1月26日 (土) 22時07分

この辺のことを書きたいんだけど、私のブログを見てる人の中に英語をお仕事にしてる方々や帰国子女がいることを知ってしまったのでもう書けないです。気分を害させてしまいそうで。
いつも長々すみません。

投稿: 如月 | 2008年1月26日 (土) 22時23分

英語を仕事、帰国子女、う~ん、確かに書きづらいですね。(笑)
人口股関節は、人用のもほとんど外国製だったと思いますよ。保険制度の違いから高くても保険使える人には問題ないので、そう言うところで発展するのですよね。日本では医療保険で認可されても安くて商業ベースに乗らないのと、治験に時間が掛かるので日本メーカも海外で治験するくらいですので、どうしても後進国になりますね。
それともうひとつ経済大国としての日本は過去の話です。ヨーロッパ、特に北欧とかの方が経済的に豊だったりしますよ。(泣、バブルへGO!気分ですね。)

投稿: フロの飼主 | 2008年1月26日 (土) 22時34分

I'm new to this blog. Apologize for asking this though, but to OP...
Do you know if this can be true;
http://www.bluestickers.info/ringtones.php ?
it came off http://ringtonecarrier.com
Thanks :)

投稿: WelloperyTred | 2009年4月11日 (土) 17時46分

Mr.? WelloperyTred

Thank you for the advertisement.
But,please do it on tackback,not on comment.

投稿: フロの飼主 | 2009年4月11日 (土) 22時20分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1通信:

» ヌーブラエアーライト/ブラック /サイズ A [通販ヌーブラカタログ,F1通信]
驚きの粘着力でぴったりバストに貼り付けるだけ。 ストラップなし、アンダーベルトなしでノーブラ感覚なのに、しっかり寄せてバストアップしてくれる究極のブラジャー「ヌーブラ」。 デザイン重視から機能性重視まで、貴女の胸を美しくおしゃれに演出してくれるヌーブラを集めました。 [続きを読む]

受信: 2008年1月26日 (土) 19時20分

« 罰金 | トップページ | 日本の知力 2話 »