« 技術立国 | トップページ | 富良野ワイン工場 »

2008年1月18日 (金)

呆け防止か?

ちょっと俯瞰して自分で書いているこのブログをみると、何だか訳の解からない小難しい事を書いている記事が目立つな、と思う。

20代をとうに過ぎている現在、自分の脳細胞数は減っている一方であろう。今のところ脳のMRIの画像は、明らかな脳萎縮の兆候は示してはいないけれども減っていない筈はない。

人間の脳の発達は、約40歳までだろうと推定する人がいる。論拠は良く知らないが、深く思考する能力が40歳くらいまでは伸びると言う。以前にも書いたけれども深い思考に必要な情報の蓄積や社会システムへの理解が思考をより深めていくのだろう。当然、どうのような脳の使い方をしてきたかで個人差があり、40歳を過ぎればその差はより大きくなろう?

自分の20歳から40歳は、どうだったであろうか?深い思考に必要な情報の蓄積や社会システムへの理解を深めてきただろうか?そしてそれは脳の発達に対して十分なものだったのだろうか?

20代はじめから、これまで山のような文章を書いてきた。それらは多くの調査を経て書かれるものなので、お腹が空く程脳を使う。まるで学生生活をずっと続けて来たような気分になることすらある。当然そんな文章をブログに載せる価値はまるで無いので、殆どが行き当たりばったりの思いつきで書かれているものばかり選んで載せているのだけれども、逆に行き当たりばったりゆえに説明が足りない文章になっているのかも知れない。

この量が果たして脳の発達に十分だったのか不十分だったのか単なる無駄な足掻きだったのかは、残念ながら知りうる方法論は無い。だから、続ける事の意味も結果の評価も知りようが無い。じゃあ、この状態を続ける意味は、果たして何?と考えたくもなる。

現在、まるで読み手を無視しているかのような説明の足りない文章の山は、自分なりの呆け防止なんだろうか?今後減り行く脳細胞数に成長分が追いつかなくなり呆け行く脳に、少しでも待ったをかける行為なのかも知れない。

難解な文章は、読み手の呆け防止に寄与していると勝手に解釈してこの記事を締めようか。

読んでくれている方、ごめんなさい、勝手につき合わせて。

|

« 技術立国 | トップページ | 富良野ワイン工場 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

いえ、私も難しい文章を読むことがなくなったので「どれどれ」「ふむふむ」と楽しみに読んでいます。

投稿: 如月 | 2008年1月19日 (土) 00時33分

如月さん
如月さんにそう言って貰えると嬉しいけど、
如月さんってば文学少女っぽいので、みんなの代表と考えるのは無茶だよなあ!(失礼)
でも、素直に嬉しいですよ。
有り難う御座います♪

投稿: フロの飼い主 | 2008年1月19日 (土) 09時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呆け防止か?:

» 出産 [出産]
出産 [続きを読む]

受信: 2008年1月18日 (金) 22時06分

« 技術立国 | トップページ | 富良野ワイン工場 »