« 度を越えたセクハラ | トップページ | 隠れたサヴァンを探せ! »

2008年2月 3日 (日)

風呂好きなトラ

フロは風呂嫌いでしたが、(多分これが普通、風呂好きの猫なんて聞いた事も無いけど)トラは風呂好きでした。洗っても抵抗もせず、果ては気持ち良さげに洗われています。顔にお湯が掛かるのは流石に嫌いらしく、間違って掛かってしまうと流石に怒っていました。でも普段からよく顔を洗う(猫が前足で顔を撫でてそれを舐める、あれです。)トラは、特に顔を洗う必要も無いくらい自ら綺麗にしていた。それに比べてフロの顔は何時も汚かった。良く暖かいお絞りで顔を拭いてあげていました。特に風邪を引いて目やにが沢山出ているときは、ほぼ毎日。
”フロ~、ちょっとおいで!”
風呂嫌いなフロもちょっとだけ暖かい濡れタオルで顔を拭いてもらうのは嫌いじゃなかったようで、呼んでもなかなか来ませんでしたが逃げようともしませんでした。
一応フロも猫なので前足で顔は拭くのですが、足にも目やにが付いて黄色くなってました。顔と前足の内側を綺麗に拭いてあげて、さっぱり。
”お~、綺麗にすればちゃんと男前だな!”
拭き終わると必ず "にゃー!” と鳴きます。”ありがとうと言ってるわけじゃないよね?”

風呂上りは、何時ものように黄色い布団乾燥機で撫でながら乾かします。フロはこれが嫌いだった。でも、トラはご機嫌で自らも毛づくろいを始めます。殆ど乾くまでじっとうずくまったままのフロとは大違いで、殆ど寛いでいます。裏返してお腹の辺りを乾かしている時ですら、自らも前足なんかを舐めています。十分乾くとお決まりの牛乳を貰ってご機嫌で飲む。僕も一緒になって飲んでいた。近くのコンビニは牛乳を買いに行くところ、だから冷蔵庫には牛乳くらいしか入っていなかったけど、消費量の半分くらいは彼らだったろう。

僕はとりわけこの時間が好きだった。本当は猫をそっちゅう洗うのなんか持っての外なのだろうが、1週間から10日くらいで洗っていた。(多分時間が許すのなら毎日でもOKだったかも知れない。)

フロよりもさらに小さい時に兄弟を無くし、母猫の愛情もほとんど受けてなかった筈のトラは、風呂好きと言うより膝の上で撫でられることが好きだったのかも知れません。ベッドの上に来るようになっても、フロはお気に入りのクッションの上でしたが、トラは僕の膝の上に来ることが多かったし、前足で交互に押されることも多かった。(これって母猫からおっぱいを貰う時の仕草なんだよね、きっと。)彼らは良く僕の胸の上で寝ていたけど、顔に近いところに居るのは大体トラだった。お陰で良く狭いところに閉じ込められる夢を見た。

彼らがアパートに来ていた頃、僕はそれ以前に比べて部屋に居る時間が増えていたように思う。まるで新婚の旦那が早く家に帰りたがるように...

|

« 度を越えたセクハラ | トップページ | 隠れたサヴァンを探せ! »

フロとトラ」カテゴリの記事

コメント

はー。
今日はいやなことがあったけど、寝る前にこうして心温まる文章を読むことができてよかったです。
明日こそノアがいない間に思い切り遅くまで遠出しようと思ったら雪ですよ。。。
どうしたもんだか。
行きたい温泉を見つけたのに。
滅多に無い天然の炭酸湯ですよ。
怒涛のオーバーフローですよ。貸切ですよ。
春まで待つか・・・。

投稿: 如月 | 2008年2月 3日 (日) 23時35分

如月さん
それはお役に立てて何よりですわ♪
温泉は・・・(笑)
まあ怪我をしては元も子もないので、雪が無くなった頃チャレンジしては如何ですか?
天然炭酸泉の掛け流しですか?美肌効果抜群そうですね。
明日からは、雪が凍って怪我をしてくる人が増えて忙しい事になりそうですよ。(僕はあまり被害を受けませんが・・・)
如月さんも無理して出かけて怪我しないでね♪

投稿: フロの飼主 | 2008年2月 4日 (月) 01時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風呂好きなトラ:

« 度を越えたセクハラ | トップページ | 隠れたサヴァンを探せ! »