« 木の家と石の家 | トップページ | Boldorの脊椎パッド »

2008年2月17日 (日)

929のプラグ

暫らく換えてなかったプラグを交換してもらいました。
去年、寒くなり始めた頃からたまに低速で爆発が抜ける気がしてたので、部品を調べておいて貰って換えてもらいました。

爆発が抜ける原因は他にも考えられますが、一番怪しいところから詰めて行くのは常道ですから・・・

080217_12210001 NGK 5302 IMR9C-9Hで1本2,000円でした。
交換は、カウルを外して、ラジエータを前に倒して、やっとプラグキャップにアクセス出来ます。まるで整備性などお構いなしに、ぎゅっつ!と詰め込んだ感じの作りですね。到底自分でやる気にはならず、店に任せました。工賃は、これは標準工賃の半額だね、2,400円でした。

080217_14170001交換したプラグは、ちょっと汚いですが端子自体は綺麗に焼けていました。普通は焼け具合から熱価の調整とかするのでしょうが、929指定はこのタイプオンリーです。他のを選び様も無かった。

ついでにと言ってはなんですが、フロントフォークオイルの交換も頼んで置きました。でもダストシールも痛んでいたし、オイルシールも駄目だろうな?と思っていたら、案の定、交換したオイルが漏れてきて敢え無くアウト。
フロントフォークシールキット51490-MCF-C00×2 2,800
ワッシャー52442-KA3-711×2 220
クッションオイル、スペシャルⅢ×980cc 2,490
工賃16,000
と言う整備になってしまった。
まあ、しょうがない出費ですね。

寒くて春まで預けて置きたい気分だったが、置いとく所無いから取りに来て、と言われて仕方なく行って来ました。一応爆発の抜けも感じなかったし、フォークのボトムがスムーズになったような気もするし、ダンパーは間違いなく効きが違う。寒くてちゃんと走ってないんで良くは解りませんでしたがね・・・

|

« 木の家と石の家 | トップページ | Boldorの脊椎パッド »

モーターバイク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 929のプラグ:

« 木の家と石の家 | トップページ | Boldorの脊椎パッド »