« LEGO Mind Storm | トップページ | 攻殻機動隊にハマった訳 »

2008年2月25日 (月)

サービスの質と対価

マクドナルドの店長を管理職として残業代をカットしていた話が話題を呼んでいた。

近年、多くの人がさながらバブルの亡霊でも見ているかのように過剰なサービスを期待する。でも、質の良いサービスには高額な対価が必要だ。サービスの質を保つにはそれなりにお金が掛かるのだ。

安い料金しか払っていないのに、受けられるサービスに文句を付ける輩が山ほど居る。一般競争原理を全うするのであれば、文句があるなら他でサービスを受ければいい。料金に見合ったサービスが出来ない施設であれば、客が減り潰れるだけだ。

酷いことになると団体を組んで自分達の主義主張を通そうとクレームを付けて来る。その行為自体は民主主義を全うしているため非難されるべきではないが、彼らの勝手な判断基準に適合しなければネットに曝すぞと言って来るのは、およそ強請りと変わらない。勝手な判断ではなく標準化されたものを標準化された手続きを経て得たものであれば彼らの情報も評価できるものとなろう?また、一々クレームを付けて来るのではなく、曝したければ勝手に曝せば良い。それを評価するかしないかは読者が決めることだ。

彼らのインフラや法律、報酬、利益を全く無視したような要求には答えられる施設、企業は存在しない。多分競争に勝てずに潰れる。彼らがどのような形態で団体を形成しているのかは解からないが、会員の利益を守るためとか言って高額な会費を取るのであればある意味マルチ商法のようなものだし、会費が無いのに運営が出来るなら何処からか収入を得ているのだろう?(それは強請りの結果かもしれないし、誰かの慈善支援かも知れないし、偽善支援かもしれない。或いは仕組みを利用した金儲けの方法なのかも知れない。何れにせよ、何の利益もなしに続けられる筈はない。ちょっと脱線してる^^;)

ワーキングプアなんて言葉も聞かれるようななった。幾ら働いても暮らしぶりが良くならない人たちの事を言うようだが、沢山働いても暮らしぶりが改善されないのはある意味社会システムに問題があると言える。

かのマクドナルドでも経営陣が望む利益率を上げるためには、社員であるはずの店長(後はアルバイトで社員とは言えない。)を使い捨てのアルバイトと同列に見ているのだろう。経営陣には、会社の社会貢献と言う意義を忘れているかのような利益追求主義が垣間見れる。設定した利益率を守りながら、消費者の勝手な要求に答えようとすれば必ず何処かにしわ寄せが行く。

お金は高きに流れる。水が低きに流れるのとは逆である。人の心もまた低きに流れる。

洗濯業の先達、白洋社の初代社長五十嵐健治さん(当然他にも沢山いますが、最初に思いついたのが五十嵐さんだったので)のような社会貢献のために起業するような方もいる。誰とは言わないけれども自らの利益追求のためなら法律違反もへっちゃらなんて企業家もいる。どちらが楽かと言えば当然後者なので、世の企業家、経営陣も低きに流れるのだろう。

身勝手な消費者達もまた低きに流れる。自分達の都合の良い情報にだけ飛びつき、都合の悪い情報には目を背ける。無責任に騒ぎ、事実を捻じ曲げ、その結果起こったことに対しては一切責任を取ろうとしない。

かのマクドナルドの店長の件も問題のある社会システムの犠牲者なのだろう?でも、きっと彼らは何の救済も無いまま、直ぐに忘れ去られる。何ていい加減な世の中なんだろう?

競争原理の中では、如何に安く、早く作るかが勝負の分かれ目になる。マクドナルドは安く、早くの象徴のような企業に思える。無理をすれば必ず何処かにしわ寄せが行き、安全を脅かしたり、何処かに犠牲者が出たりする。どこぞの国の冷凍餃子なんてのもその口だろう?消費者の身勝手な要求が、自らの安全を脅かしている象徴のような事件に思える。

近年、1億総アレルギー状態かとも思えるような状況だが、消費者の見た目を良くし収穫率を上げるために大量に農薬を撒かれ虫も食べないような野菜を好んで買い求める消費者が、生産者に今更ながらに安全性を求める。でも、買う時は虫の付いていない残留農薬が一杯の野菜を買う。事の原点は自分達にあることを忘れていないか?

食の安全を訴える声を良く聞くようになって久しいが、食料自給率が25%程度の国がどう食の安全を図っていくのか僕には良いアイデアが無いが、全ての消費者が良いサービスに必要な対価を払うようなモラルが無ければ、この状況は救えない。

これじゃ、まるで人間不信だな^^;

|

« LEGO Mind Storm | トップページ | 攻殻機動隊にハマった訳 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

マクドナルド店長の残業代に関する判決についてお書きになっているブログを探していて、こちらを拝見しました。
私のブログでは、「労働基準法の説明」という視点からこの判決について書いています。ご覧いただければ幸いです。
http://news.compliance.bz/

投稿: ニュースで学ぶコンプライアンス | 2008年3月 9日 (日) 00時24分

ニュースで学ぶコンプライアンスさん

今更コメントを返してどうする?とか言われそうでが、何でか知りませんが漏れていました。
リンクの記事を見せていただきました。
僕の感情に傾いた話とは異なり、きちんと法律に基づいた書き方をされており素晴らしいな、と思いました。参考にさせていただきます。

投稿: フロの飼主 | 2008年8月21日 (木) 14時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サービスの質と対価:

« LEGO Mind Storm | トップページ | 攻殻機動隊にハマった訳 »