« 一姫二太郎の真実 | トップページ | VTR1000SP-1で奥多摩に行って見ました。 »

2008年3月15日 (土)

インプレッションの評価

去年から始めたブログですが、Pilot Power 2CTの話だの、先日のVTR1000-SP1の話だとか、割と適当なインプレッションを書いてきました。でも、僕自身の僕の評価は”乗れてない”バイク乗りです。”へたれ”なんて言葉でも良いかも知れません。だから、インプレッションも当てにはならないです。どうしても怪我が怖いので”いっちゃえ!”って気になりませんので、後で書きますが何かしらの安全感がないと行きません。いっそ適当に生き残らずに死んでしまえれば良いのですが、下手に生き残ると一生障害をもって動かないからだと格闘するのが嫌なのですよ。それに下手に事故ると家族に迷惑をかけますので、やっぱり事故れません。

でも、仮に同じようなスキル(敢えてテクニックとは言いたくない。)を持って、同じような安全性を求めなくちゃならない人の役には立つかな?と思って載せ始めました。

バイクに乗り始めて2~3年は、街乗りしかしていませんでした。その後入ったツーリングクラブでは、モトクロスが盛んになり始めました。みんなで秋ヶ瀬公園や桶川に行って、モトクロスというよりはエンディーロを始めました。5年くらいやっていたでしょうか?その間、ホンダ主催のライディングスクールやショップ主催のサーキット走行会(筑波サーキット)なんかに参加していました。
結婚して子供が出来た時に、楽しみより危険性が上回ると思って一度バイクを降りました。でも、子供も大きくなって来て、最悪父親が死んでしまっても暮らしていけるようになったので、復帰することにしました。(他にも色々理由は有ったのですが、あまりに個人的な事なので。)

最初のツーリングはバイク屋さんのVFR750Fでしたが、その後現在のCBR929RRを買いました。最初に履いていたタイヤはメッツェラーの何だっけ?忘れましたが、構造が堅くてコンパウンドも固めでした。外した時ミシュランと持ち比べたら、物凄く重いタイヤでしたね。
ラジアルタイヤを履くバイクを買ったのは初めてだったのもあって、慣れるまでサスペンション設定は買ったままの状態にしていました。(解らんなくなっちゃいそうだったので。)フロントサスはinit8/8、comp7/8、ext7/8、リアサスはinit7/9、comp7/8、ext7/8で”堅くすりゃ良いってもんじゃないぞ!”って設定になってました。コーナー入り口でサスを伸ばさないように入らないと全然曲がってくれないような状態なのに、タイヤは全然潰れない、リアはトラクションが掛からず直ぐに滑るような、何だか凄く怖いセッティングでした。

その後、ミシュランのPilot Powerに履き替えて、サスのセッティングも大幅にいじりました。その後Pilot Power2CTにして、現在の設定は、全て一番柔らかい状態にして、フロントは自分なりのフルブレーキで底付きをしない程度init1/8、ブレーキでフロントを荷重を移してコーナーに入りたいほうなので圧縮側は緩くcomp2/8、ブレーキをリリースした時に伸びるのが嫌なので固めのext7/8、リアはスロットルを開けた時、あまり姿勢変化しない程度でinit4/9、圧縮側はよく動くように緩めでcomp3/8、伸張側はブレーキの姿勢変化を邪魔しないようにext3/8になっています。本当はもうちょっとフロント荷重にしたいのですが、フロント滑った瞬間に終わりそうなので・・・
考え方が間違っているかも知れませんが、まあ、正直なところこんな設定です。

タイヤは、正規の空気圧はFront2.5kg,Rear2.8kgですが、タイヤの潰れ感を大事にしたかった(でないと怖いので・・・)普段、Front2.2kg,Rear2.5kgです。以前、Front2.0kg,Rear2.3Kgもチャレンジしましたが、高速でリアタイヤのセンターが溶けてしまうので止めて、サスを柔らかめに戻しました。Front2.0kg,Rear2.3Kgの時は、ちょっと硬めにセットした方が潰れ感が楽しめました。でも、ちょっと粘りすぎる感じで寝かすきっかけが取りにくかったのもあって、現在はFront2.2kg,Rear2.5kg(常温時)に落ち着いています。

さて、長々書きましたが、スキルはみんな違いますし、乗る考え方もみんな違います。目的も”サーキットを誰よりも早く走る”とかでは有りませんので、僕のインプレッションは飽くまで僕だけのもので、多分他の人の参考になりません。
僕の目的は、安全に楽しく峠を流すことですので、同じような状況で同じような考え方で乗っているなら、”へェー、そんな設定で乗ってるんだ?”くらいに見てください。

|

« 一姫二太郎の真実 | トップページ | VTR1000SP-1で奥多摩に行って見ました。 »

モーターバイク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インプレッションの評価:

« 一姫二太郎の真実 | トップページ | VTR1000SP-1で奥多摩に行って見ました。 »