« 自殺する価値は本当にあるの? | トップページ | 加点法と減点法 »

2008年3月 3日 (月)

生後4年は母親の元に置くという教育法

方法は簡単で生後丸4年間は、”子供を母親の傍に置く”、それだけです。
残念ながら、その間は子供を保育園に預けて母親は働きに行けないので、その間休業しなければなりません。
”父親でも良いか?”って?いえいえ(non non)、母親でないと駄目です♪
ちょっとだけ決まり事があります。
”子供を叱る時は、何で駄目なのかをきちっと解るように説明する事。”
後は、甘えさせるだけ甘えさせて結構です♪
くれぐれも誤解の無いように、何でも許すことと甘えさせることは別ですので、悪しからず♪

効果は、小学生に上がる頃にはきちっと親離れできます。
きちっと自分なりの意見を持つ事が出来るようになります。
何かをする時、いちいち親の顔色を窺わなくなります。
良い悪いの判断がちゃんと出来るようになります。
目標に向かって自発的に行動できるようになります。
集中力がアップします。

さて、騙されても良いかな?と思えるあなた!ほら、そこのお腹の大きいあなた!
やってみませんか?本当に騙されちゃうかも知れませんけどねえ♪

この方法は、知り合いの脳外科医が言い出しました。どうも彼なりに確信があったようです。散々問題を起こす子と親を見てきましたから。

僕は、騙されてみることにしました。
現在、高校1年と中学2年の男の子達は、
寂しい程、親離れしています。
ああ言えばこう言います。(理屈が正しいから、尚更腹が立つ)
判断に迷うと、アドバイスを聞きに来ますが、最終的には自分で決めます。(最近は、色々な可能性を話して、さらに混乱させて楽しんでます。)
学習塾とかも模擬試験の結果から自発的に行くと言い出しました。(お陰で金がかかってしょうがない。)
何かと没頭すると、元の世界に帰って来なくなります。(返事もしやしない。)

これが狙った結果か?と言われると、些か心もとない気もしますが、どうせやり直しも出来ませんので、まあ、良いですかねえ?♪♪

|

« 自殺する価値は本当にあるの? | トップページ | 加点法と減点法 »

発明品」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生後4年は母親の元に置くという教育法:

« 自殺する価値は本当にあるの? | トップページ | 加点法と減点法 »