« April fool | トップページ | 今日は車が少なかった。 »

2008年4月 3日 (木)

マックス・モズレーのセックス・スキャンダル

本来、こう言ったネタは嫌いなので読むことも少なく、読んでもコメントするようなことはまず無いのだけれども、去年のスパイゲート事件の厳しい制裁の後のFIA会長のスキャンダルともあれば、”ロンの仕返しか?もしくは、そう思わせたい誰かFIA内部での次期会長選を睨んだ反モズレー組の企むか?”なんて憶測は誰でもするだろうな?と思います。
この手の政治的なやり取りは、F1雑誌のネタ作りには十分価値があるのだろうけど、”そんなのF1に関係ないだろ?”とも思えます。
スパイゲート事件だって、昔から技術者を引き抜く理由がそこの優れた技術が欲しいからで、昔から散々やられていたのに今更なんだよ?って感じでした。ホンダからフェラーリに行った後藤さんの件だって、それまでパワーは出てるけどまともに1レース持たなったフェラーリエンジンが後藤さんがホンダの部品管理ノウハウを持ち込んだせいで、今じゃ一番信頼性が高いなんて言われてる。空力のアイデアだって、どこかのチームが採用すると他も直ぐ真似をする、そんなの当り前だった。一体、何時から何処で線を引いて事件にしたんだよ!と思えます。
これまでフェラーリがトヨタやマクラーレンを相手にしたから取り上げてもらえたとか、実しやかな噂も流れていますし、だったらなんでマクラーレンからルノーはOKだったのさ!なんてのも当然出る文句でしょう?
FIAもFédération Internationale de l'Automobileでは無く、Ferrari intrested associationとかみんなが勝手な造語を楽しんでるのも理解できるほど、フェラーリが騒ぐとFIAは動く。
F1を取り巻くスキャンダルネタは、純粋にF1を詰まらなくします。もう辟易。
今回のは、チームを取り巻くネタではないけれども、願わくばチームに関与しところで解決されて、今年もどこかのチームがポイント剥奪なんて馬鹿なことにならないことを祈ります。

気になる人は、F1通信さんがちゃんと訳してくれてますのでご一読あれ♪
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51264181.html
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51265175.html
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51265714.html

|

« April fool | トップページ | 今日は車が少なかった。 »

Fomura1」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マックス・モズレーのセックス・スキャンダル:

« April fool | トップページ | 今日は車が少なかった。 »