« 定点観測じゃないんだけど | トップページ | マグマ・グループは罠か? »

2008年5月 6日 (火)

スーパーアグリの危機に思う

どうもホンダの戦略が見えない。そもそもNF氏なんてのを起用しつづけていることが間違いの始まりではないのか?

スーパーアグリの誕生は今更言うまでもないが、佐藤琢磨の解雇に始まるファンのホンダへの抗議であるされている。バトンがウイリアムズに戻り、佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンで行くと腹を決められなかったホンダ・レーシングの上層部が問題じゃなかったのか?

バトンは開発が駄目に思える。開発の方向性を示せないドライバーだと思われている。バリチェロは決して速くないし、バトンと同じ問題を抱えているように見える。
アロンソの出入りしたマクラーレンの前後を見ると一つの決定的な事項が目に付く。開発されたマシンには、速さを引き出せる人間が必要だと言う簡単なことである。アロンソが行った年は急に速くなり、抜けたら急に遅くなる。実はシューマッハが居なくなった去年のフェラーリが急に遅くなると予想していたのだが、実際にはシューマッハは開発に参加し、去年は早かった。シューマッハは今年も参加している。現在、開発が出来るドライバーはシューマッハ(引退したけど)、アロンソ、アレックス・ヴルツ、ザウバーの誰か?、もしかしたら佐藤琢磨(彼がテストドライバーをした次の年のマシンは早かった。)、これしか思いつかない。ライコネンは良く解らない。

ここから考えるとシーマッハやアロンソが居て速かった時のチームメイトは、駄目な可能性が高い。速さが引き出されたマシンを速く走らせることは出来ても、マシンの速さを引き出すことは出来ないと考えられる。そう考えるとハミルトンは怪しいし、バリチェロはジョーダン時代からそんな気がする。

そんなバリチェロに手を出し、バトンの心変わりに違約金をたんまり払い、押し出されて琢磨を解雇したお陰で抗議を受け、慌ててスーパーアグリを立ち上げて、NF氏が紹介したマグマグループの契約が不調に終わると、アグリが見つけてきたヴァイグル・グループにはあからさまに水を差し、勝手にFOMにトルコグランプリに出走しないと通知してみたりとやりたい放題だ。NF氏はホンダ・レーシングの関係者であってホンダの代表ではない。そもそも1チーム関係者が独立した他のチームの出走の可否を何故FOMに通知するのだ?

ここ3年間のNF氏の行動は、自分の不始末の尻拭いをホンダにさせているように思えるし、今度は自分の紹介したマグマグループの不味い失敗の責任逃れのように見える。彼にとっては、阿久里自身が見つけたところに売られては、立つ瀬が無いのだ。それなら潰してしまった方が良いと思っているように見える。潰れたらホンダは丸損だ。でもそんなことは自分の面子を保つには関係ないのだろう?

どうも、バトンをウイリアムズから高額で預かり、ビルヌーブを追い出したりと、その辺りから間違いの連鎖に陥っているように思う。その時の中心に居たのは、紛れも無くNF氏だろう?そもそもこの騒動の発端の間違いは彼がしでかしたのでは無いか?

ちょっと頭に来すぎて、個人名を挙げて中傷したりしない、と言うポリシーを破ってしまっていたので書き直しました。(NF氏じゃ、あんまり変わらないけど・・・)

|

« 定点観測じゃないんだけど | トップページ | マグマ・グループは罠か? »

Fomura1」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパーアグリの危機に思う:

« 定点観測じゃないんだけど | トップページ | マグマ・グループは罠か? »