« チャタリングってそういう事? | トップページ | 変わったトラックバック »

2008年5月16日 (金)

焼きが回る

良く”焼きが回る”とか言います。

これまで人のことを、”まったく・・・、焼きが回ったんじゃね~の?”とか言っていましたが、自分がそろそろそんなことを言われそうだな?と思い始めました。

大体、周りが期待したことが出来ない、とか、呆けたことを真面目に言っていて本人はそれと気づかないような状態を言うのだろうと思いますが、それとはまたちょっと違った焼きの回りを自分に感じることがあります。

それは自分の期待に答えられない自分を見ることなのですが、

ささっと頭の中で暗算が出来なくなっているとか、
ある状況で同時に多面的な方向で物を見る時良いアイデアが浮かばないとか、
集中力が30分くらいしか持たないとか、
同時に二人以上の話を聞けなくなってきたとか、
携帯のスケジューラに頼らないと予定が把握できないとか、
携帯のスケジューラもそうなのですが、外部記憶に頼らないとメモリーを保持していられないとか、
こ難しい理論を聞いた時に直ぐに疑問が浮かばないとか(何も疑問が浮かばないのは要するに全部理解しているか、全然理解できていないかですからね。普通話を聞いただけで全部理解できる筈はありませんから、知らず知らずの内に理解力が落ちている証拠と見ます。)

本当に自分の脳なのか?と疑わしくなる時が度々あります。これのもっと症状が進んだ状態は、きっと”呆けたことを真面目に言う人”なんだろうか?と思います。その状態を見られたら、”まったく・・・、焼きが回ったんじゃね~の?”と言われている自分が想像されるわけです。

実はこれ脳に限ったことではないのです。
高校3年生の時の垂直跳びは89cmでしたが現在60cm先の天井にやっと届きましたが、お尻の筋肉が肉離れ状態でした。スキーをやらなくなっている体は想像以上に鈍っていました。2mオーバーの板でGSやSGをやるのは物凄く脚力が要ります。近年家族と一緒にちんたら滑っていたので落ちていたのですが、行かなくなったらさらに鈍っていました。(今時2mオーバーの板なんか恥ずかしくて持って行けないでしょうがね・・・汗)
狭いところをすり抜ける時や、ドアをすりきりで抜ける時とかギリギリ通したと思って行ったのにぶつかってしまうことが度々あります。脳の”見切り”通りに体が動いていないのです。バイクに乗っている時もコンマ数秒なのですが、タイミングが合ってなくてラインを外してしまうことも卒中です。(だから尚更ハイペースになれない、なんて事も言えるのですが・・・)
自分の脳が能力の落ちた体を認識した時、やっぱり”焼きが回った”と思うのです。

擬態化の目的と言う記事の中で”滅び行く肉体と供にあっては永遠の命は維持できない”と書きましたが、実は自分の肉体がそれ程滅びているとは思っていなかったのです。でも、最近の自分を客観的に見ると、”焼きが回ったんじゃね~の?”と思うのです。

|

« チャタリングってそういう事? | トップページ | 変わったトラックバック »

独り言」カテゴリの記事

コメント

きっとね、頭脳明晰で運動神経も良い人だから最高値の時との差を激しく感じるのですよ。
そうは言っても私も、お客様の老いと同じものを自分の顔や動作の中に見つけるとぞっとしますが。

投稿: 如月 | 2008年5月17日 (土) 17時09分

如月さん
人の振り見て、と言う訳でもないですが、立ちくらみやふら付き、ピントが合うスピードが落ちている、なんてのを感じると、”来てるな。”と思うのですよ。
友達に聞くと、”そんなの当たり前だよ!今ごろ何言ってんだ!?”とか言われますが、みんなそうやって老いて行くのね・・・(悲し)

投稿: フロの飼主 | 2008年5月17日 (土) 17時33分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼きが回る:

« チャタリングってそういう事? | トップページ | 変わったトラックバック »