« 彼らが居候していたアパート | トップページ | 多摩湖自転車歩行者道 »

2008年6月 7日 (土)

生活道路は走らない

よくバイクで通る道で交差点が狭く1台でも右折が居ると青信号1回で車が1台しか通過できない交差点がある。その交差点の手前100m位の所にその交差点が見通せる脇道の入り口がある。その脇道は、その交差点をショートカット出来る。でも、その脇道はすれ違いも出来ないほど狭い通学路、しかもその道沿いには結構小さい子供達が住んでいて、何時子供が飛び出してきても不思議のない道である。また、その道は先にあるスーパーまでの買い物道であり、駅まで続く道の一部で歩行者も居る、所謂生活道路なのだ。その交差点をショートカットしようと言うドライバー達は、その狭い道を40~50km/hで抜けてゆく。バイクの僕が怖くて着いて行けない。

最近”住民以外の通行禁止”と言う立て札を見かける。
実際、住んでいる人たちが使う小道を幾ら抜け道だからと言って、ガンガン飛ばしていって良い筈もない。当然の主張と思われる。両側擦り切りで車が入ると人もすれ違えないような小道を40km/h位で抜けて行く神経も呆れたものだ。陰からちょっと顔を出しただけでもぶつかる。

リスクマネージメントの研究をしている(片手間だけども)、若しくは実践している連中なら、当然そんな馬鹿げた事はしないだろうが、何を考えて行う行為なのか残念ながら僕には良くわからない。
事故を起こす人たちは、”この間大丈夫だったから”と考えがちだが、”今度は駄目かも”と何故考えない?
万が一と言わないまでも、千に一(そんな言葉ないけど)に事故が起こるとすると、残り999回は外れなのだ。

まあ、普段車に乗らず休みの日にバイクに乗る位、長くても10分も待てば電車が来る駅まで徒歩10分なんて所に住んでるから、こんなクソ真面目なことを言っていられるのかも知れないが、毎日車で通勤なんて人たちにはとんでも無い話なのかも知れない。でも、千に一、万が一にでも事故って人でも死なせてしまったら、一生を棒に振りかねない。そこをゆっくり走っても2分ほどのロス、交差点で待っても10分くらいのものだろう?どんなに急いでも、途中で事故ったら間違いなく遅刻なんだぜ。

|

« 彼らが居候していたアパート | トップページ | 多摩湖自転車歩行者道 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

うん。
私もいつも自分に言い聞かせてます。
急いでも2分、事故ったら1日って。
そんな道を選ぶ段階で平常心を失ってるんですよね。しばらく前の都内ツーマスは、まさにそんな道ばかりを走ったんです。途中離脱したかった。私の中の汚点です…。

投稿: 如月 | 2008年6月 7日 (土) 21時21分

如月さん
都内マスツーの狭い道って・・・ジムカーナみたいで、走り応えはあるかもしれないけど、ね?(笑)

如月さんの赤いバイクは、音も静かでしょう?でも、例えば僕のバイクは自身の安全を考えて少々音の大きいマフラーを付けてます。
峠道なんかでは、大型バイクなんてみんな結構迷惑な運転をしていて、街中でも迷惑では理解が得られないだろう?と思うのです。
街中の迷惑はスクータに任せて、せめて街中は、せめて一人で走る時は、ゆっくり静に礼儀正しく乗りたいな、と思っています。

それでも、ご都合主義であることには変わりないんですけど、ねえ。(笑)

投稿: フロの飼主 | 2008年6月 7日 (土) 22時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活道路は走らない:

« 彼らが居候していたアパート | トップページ | 多摩湖自転車歩行者道 »