« チャンスメイキング | トップページ | トラとの別れ »

2008年6月14日 (土)

日本の知力 第1部 第4話1面

第3部が終わっているのに”今ごろかい!?”の1部の4話の、しかも1面だけ話です。2面についてはその内書きます。

題目は”「電子図書館」期待と憂い”です。

ネットワークが充実し電子ジャーナルが利用できるようになって、図書館に取って貰うか自分で買うかでしか成し得なかった文献検索が簡単に高速に出来るようになりました。学生の頃に費やした努力と時間を返して欲しいなと思うほど簡単に沢山の関連するジャーナルから全文検索が可能です。
自宅のデスクトップやノートPCに入っている文章は、自分が書いたものも含めてnamazu(http://www.namazu.org/index.html.ja)で全文検索が出来るようにしてあります。このシステムを手に入れるまで、所持している文書はカテゴリ、年度で階層化しクロスリンクを張ることで検索性を確保していました。滅び行く脳に記憶の断片はあっても、何処に記憶していたのかを探し出す手間は電子化された外部記憶であっても容易ではありませんでした。でもこのシステムはそう言った手間を一掃してくれたのです。ただし、これでも紙媒体の書籍は相変わらず手間が掛かります。

ブリタニカ百科事典では、小項目辞典が電子化されており紙媒体の辞典とリンクしているので少しは手間が省けます。
amazonでも、検索ワードを入れると該当する書物が出てきます。この場合は買わないと読むことは出来ませんが、その情報を元に図書館の図書検索サービスで書籍の有無を確認できますし、そこに在れば読むことができます。それなりに便利ですし、買ってしまえば数日中に手元に届きます。例えば紀伊国屋のような大きな本屋で目的の本を探す労力を割愛できます。半日掛かり作業が10分もあれば自宅から出来るのです。でも、これまで通おり、紙媒体の書物は、紙媒体でしか読めない事に変わりはありません。

4話で話題となるのは、慶応大学で行われている紙媒体で出版されている書籍の電子化において、米グーグルの「グーグルブック検索」との提携が話の糸口になっています。
この他、ハーバード大学、オックスフォード大学とも提携して1500万冊以上の電子化を睨むそうです。これによる効果を東大大学院情報学環長の吉見俊哉教授はは、「グーテンゲルクの活版印刷術以来」の革命と言っているらしい。
慶応大学のプロジェクトリーダーの杉山信也経済学部教授も「過去の英知を現代の知と結び付け、新しいものを想像できる」と言っているらしい。
まあ、推進派の言う事ですので否定的な発言を期待するものではありませんが、ウキペデイアの解説を読んでも情報は得られても理解は得られない場合が多いのは頷けます。仮に検索性が上がって、検索ワードを入れると直ぐに解説が出てきますが、解説の内容は体系化された知識として理解しなければ単なる情報でそれを使える訳ではありません。僕自身は、ウキペデイアを殆ど利用しませんが、コンピュータ関連の事項なら@IT(http://www.atmarkit.co.jp/index.html)が連載の解説記事で検索事項を基本的な事から理解することが可能です。
実際に彼らが目指しているのは、断片的な情報の電子化ではなく、書物の電子化です。
先の吉見俊哉教授は、「検索で得られる情報は、知ではない」「知は、構造化され、体系性をもつ」「我々は図書館に何度も通い、横並びの図書(情報)から、知識の"地図"を頭の中に描いて理解を深めてきた。それが学問につながった。検索技術の進歩で、"森”の地図が描けなくても"リンゴ”を入手出来るようになった。」と、ネット検索の効果に警笛を鳴らしています。

実存主義哲学の大家ヒューバート・ドレフェス米カルフォルニア大バークレー校教授は、著書「インターネットについて」の中で「コンピュータは人間の教師に代わることは出来ない」とし、「知」は本質的に人との交流から生じるものだと主張しているそうです。
この記事は、ネット依存による利便性と人と人との思考の交換、知的刺激、興奮による人類の知の核たる想像力がトレードオフになっていると言った内容の話でまとめています。

ピンポイントで情報を得られたとしても、それは知識を得ただけであって、知力を養うものではない、体系的な拡がりを持った知識を得、それを使いこなせなさなければ学問には繋がらないと言いたいのでしょう?
これまでの断片化された情報の検索エンジンではなく、書物そのもの電子化であるならば推進者達が目指す「革命」を成しえると期待してよいのでしょうか?

|

« チャンスメイキング | トップページ | トラとの別れ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

フロの飼主さんへ

わぉ♪
このなまずソフト良いねぇ~

フロの飼主さんみたいに豊富な知識がないので一緒になってIT関連でドンドン喋れないのが悲しいところですが(TωT)

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2008年8月 4日 (月) 08時17分

(゜ω゜ )ニャンポコー2等兵さん

namazuは、検索をかけるとinstall manualも含めて全部freeで引っ張って来れます。mknamazuでindexをmakeして、検索は自分でCGを書いても良いですし、serchnamazuを使っても良いようになっています。
僕は面倒なので、serchnamazuを使ってますが、便利ですよ♪

知識は・・・僕も碌にありませんよ。窮状に迫られて自分で調べた事だけ知ってるくらいです。何せITが専門ではありませんのでね。(笑)

投稿: フロの飼主 | 2008年8月 4日 (月) 19時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の知力 第1部 第4話1面:

« チャンスメイキング | トップページ | トラとの別れ »