« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

人の進化の方向は正しいのか?

ネズミの種類の中には一際小さい連中が居ます。ちょっと名前は忘れてしまいましたが、彼らは体を小さくすることでエネルギー消費を抑えて厳しい自然界を生き抜いてきました。食物が少なくて済むからか、小さい方が捕食の対象となり辛いからか、寄せ集って眠るためにエネルギー消費が少なくて済むからか、複数の条件が複雑に絡み合って、彼らは体を小さくする方向に進化の道を進めて来ました。でも、彼らは極端に小さくなりすぎて常に動いていないと体温を維持できません。ネズミは基本的に単独行動をするのに、彼らは眠る時は複数の個体が寄り集まって眠り体温が失われるのを防ぎます。小さい故に行動範囲が狭く、眠る時は集らなければならないので、彼らは狭い地域に密集し彼らの餌を少なくします。そしてまた小さくなっていきます。
何処で間違えたのか解りませんが、彼らは進化の袋小路に入ってしまっているのです。

人間は、高度な脳機能を持つ事で淘汰を勝ち抜いてきたようです。現在、世界人口は67億人に迫っています。生物として生きるのに、これほど高度な知能は必要ないかもしれません。しかし、中途半端な知能では自らを滅ぼしかねません。
現在の知能レベルで、人口が爆発し、紛争が絶えないのであれば、我々はまだ十分な知能を獲ていないのかも知れません。紛争の原因が食料やエネルギーだけとは限りませんが、地球が養える人間の数に限りがあるなら、何れその奪い合いになるのでしょう?
朝日新聞の天声人語に世界で安定的に水を得ることが出来ない人が約25億人居ると書いてありましたが、幾ら高度な文明を得ても食料が無くては人口を支えられません。また、化石燃料に頼る現在、安定したエネルギーを確保できなければ文明を維持できません。

淘汰を勝ち抜くために得た能力が齎した人口が、人間そのものを滅ぼしかねないのであれば、これも一つの進化の袋小路なのかも知れないな、と思うのです。
そして、この袋小路から抜け出すには、今よりも高度な知能を必要とするかも知れません。まあ、それすら、正しい確証は何も無いのですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

淵の森

Photo 今日は、暑くてバイクに乗る気もせず、自転車で前回行き損ねた”淵の森”を目指しました。ちょうど、運動不足でお腹も弛んで来ているので、VAAMを飲みながらダイエットも兼ねてポタリングです。

080726_13090001  所沢街道から柳瀬川沿いに進み、この辺の筈なんだけどなあ?とか言いながら、それらしいこんもりした森を遠まわしにぐるぐると回ります。橋から見ると、どうもあの先の森がそれらしいく思えます。柳瀬川には鮎が戻ってきているらしく、写真では小さくてよく見えませんが、水鳥なんかも居ます。柳瀬川は全域にかけて、両側ともほぼ護岸されてしまっているようですが、この辺りだけはそれが切れているようです。

080726_13120001080726_13110001まさかな?と思いながら、行き止まりと書いてある道を進むと、ちょっと私有地臭い駐車場の奥にそれらしい森の入り口を見つけました。看板も見つけ、やっぱり此処でした。

080726_13160001 周りから見渡して感じたように、凄く狭いエリアのようです。ちょっと森の中を進むともう西武池袋線が見えます。電車の中から、きっと此処のことだろうなと思っていた場所でした。

080726_13270002 直ぐ東側は、高層マンションで、 ”えっ!こんなところなの?”と言う感じです。川の流域としては高々300mくらいです。宮崎監督が守ろうとしなければ、あっと言う間に造成されて跡形もなくなりそうなかなり狭い領域でした。逆に言うと、もうそれしか残って居ない、と言う事になるのでしょうね?

080726_13300001080726_13320002 080726_13330001_2 080726_13340001 080726_13360001 080726_13370001

あまり豊とは言えませんが、この辺りだけは護岸が切れて、きっと昔ながらの風景を垣間見れるのだろうな?と思えます。僕が小さい頃水遊びをした地元の"池の川”とは異なりますが、宮崎監督が小さい頃遊んだ思い出の地なのかも知れません。

Photo_2此処から北側は、GoogleEarthの写真では解り辛いのですが、こんもりした丘が続いていて、北側の方から淵の森の方を見るとアニメの中で見た景色が思い浮かびます。それらしく見えるところは無いかな?と丘に上がったり丘沿いに走ったりしてみましたが、アニメの一場面にぴったり合う景色は見つけられませんでした。

080726_13000002080726_13450001080726_13590001

080726_14010001

080726_13560001 散々走り回っていたら、何となく懐かしい裏山を思わせるような景色を見つけたので写真を撮ってみました。北秋津と呼ばれるこの辺りには、まだまだ、こう言う景色を臨むことが出来ます。自然が溢れていると言う訳ではありませんが、里山の景色を僅かに残している、と言ったところでしょうか?   

自分の実家の方にもこう言う景色を見つけるのは難しいのですが、母親の実家の方に行くとこう言う懐かしい感じのする景色に出会う事が出来ます。今度行って見ようかな?そうすれば、滅多に会えない従姉妹達にも会えるでしょう。何だか急に懐かしくなって来ました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

Working Progress

自分の人生を一言で例えるなら、やはりこれかな?と思う。
気分的なものも含めて、未だに何も完成していない。

この先、完成する当ても無いのだが、無駄な事をしないと決めているのだが、こればかりは止められない。もう十分、と思わない事が自分のIdentityなのだろう?だから、それを失うわけには行かない。

まあ、完成形を思い描けないのだから、完成するはずも無いのだが、ある時、はたと完成した、と思える時が来るかも知れない。それは、多分、これ以上は今まで積み重ねて来た物を逆に壊してしまう、と思う時かも知れない。

画を描いていて、描くのを止めるタイミングと言うのは、これ以上筆を入れるとイメージが壊れてしまう、と感じた時。多分人生もそう言うタイミングを迎えるかも知れない。その時、完成したとするか?と言う気分になるのかも知れない。

でも、そんな気分になれるのは、多分人生の一部分だけだろう?人生を多くのピースに別けて考えるなら、全てのピースに対して、完成したとするか?と思った時、人生の完成を見るのかも知れないが、ありえないよね?ピースの数は大概増える一方なのだし。

だから、やっぱり、自分の人生は、Working Progressと言う言葉が合うのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

少しは猫に嫌われるようになったかな?

小学生の時から(認識したのが小学生の時だった)、僕の知らない猫が寄ってくることは頻繁にあった。特にフロとトラが居た頃は、多分匂いでもするのだろう?知らない猫にもてて仕方が無かった。でも彼らが居なくなって、もう、そんな匂いがする筈も無いのに、猫が寄って来ていた。寄って来ないまでも、何故か僕に警戒心を顕わにする猫は少なかった。

でも、最近、僕を見て警戒する猫が現われ始めた。一体どうしたことだろうか?
いや、待てよ、これまで寄って来た方がおかしいんだ。普通猫は、知らない人間を警戒する。これまでが異常だったのなら、原因は何だったのだろうか?

子供の時にだけある何かが、彼らのお陰で延長していたか?
そう言えば最近、ちょっと怖い話のネタになるような不思議なことが起こらなくなってきている。
人生後半戦にしてとうとう大人になって来てしまったか?

まあ、考えるだけ無駄かな?きっとそんな事は幾ら考えても解り様もないことなのだから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

次のタイヤはどうしようかな?

080712_16340001 前回のクラブツーリングでリアタイヤが殆ど終わってしまった。でもフロントタイヤは7~8分山。フロントタイヤはリコールで途中で換えてしまったので、何時もは大体同時に終わるのに、今回はリアだけ。

Pilot Power 2CTを履く時、次はPilot Power Race Softを履こうと思っていたのだけれども、ちょっと予定が狂ってしまった。
フロントにPower Race C 120/70R17 M/C 58V TL
リアにPower Race E 190/55ZR17 M/C (75W) TL
の組み合わせで履いて見たかったな。でも7~8分山のフロントを捨てるのは勿体無いので、今回もPilot Power 2CTを履こうか?

190/50ZR17 M/C (73W) TLが正規のサイズなのだけれども、同じものを履くのも詰まらないので、次は190/55ZR17 M/C (75W) TLにしてみようか?これで、ちょっとだけタイヤのプロファイルが尖った感じになる筈。

ミシュランのタイヤは、履いたばかりだとプロファイルがちょっと尖った感じですっと寝ます。でも次の日には空気圧でちゃんと丸くなって、普段どおりに戻ります。55扁平にすれば、初日のすっと寝る感覚を暫らく楽しめないかな?なんて期待してます。

ブリジストンのBT-016 HYPERSPORTの3LC/5LCも興味のあるところなのだけど、あんまり毛色が異なるタイヤにすると訳わかんなくなりそうなで、やっぱりミシュランですかね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

タバコが1000円になったら吸いますか?

って言うのが、最近の喫煙所の挨拶と化しています。
”流石に止めますよ”
と言う人や、
”1日の数を減らします”
とか、
”ニコレットを買います”
とか答える人が答える人が居るけれども、先日聞かれたときに
”アメリカの禁酒法と同じでしょう?
直ぐにやくざが500円で売り始めますよ”
と答えたら、一同直ぐに同意してくれた。

大体、タバコを1000円なんて言い出す人の経済感覚が解らない。それに歴史から何を学んだのだろうか?不法輸入の追いかけっことやくざの資金調達に手を貸すだけだ。

先日知り合いが、
taspoカードでしか買えない自動販売機で、
”本店では、未成年者喫煙防止のため、夜11時から朝5時までの販売を停止しています。”
と言う案内板が貼ってあり、実際に11時以降に一切タバコが買えない自動販売機を見たそうである。
これって、矛盾してるでしょう?

ああ、そうだ。”タバコが1000円になったら吸いますか?”にちゃんと答えてないですね?
多分こう答えます。
"インターネットで個人輸入します。若しくは闇サイトから通販します。”

結局、止めね~のかよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

ストレスフリーな性格

5年程後輩にやたらとストレスの話をする奴が居る。彼の話を聞いていると”そんなことにもストレスを感じるものなのか?”と思う。

彼が言うには、威圧的な態度の人が傍を通るだけでもストレスだと言う。”それって、いきなり君に噛み付いたりする訳じゃないだろう?関係ないじゃん!”

自動販売機で何を買おうか迷っている時に、後ろに人が並んだだけでストレスだと言う。そんなん先に譲ってしまえば良いだけだろう?そんなことでストレスを感じられてしまう方が迷惑だ。

朝のミーテングの時に仏頂面の奴が一人いるだけでストレスだと言う。ほったらかせよ!と思う。それより、寝起きの悪い低血圧の僕は朝は何となく不機嫌なのだけど、僕が反省してしまうだろう。まあ、彼が仏頂面と言っている奴は、僕以外のある特定の奴に向けられてはいるのだが・・・

更衣室で朝、男性用の香水スプレーを鱈腹かける奴がいる。彼に言わせれば、この匂いを嗅いだだけでストレスだと言う。確かに男性だからなのか鼻が曲がるような臭さなのだが、迷惑なら”止めろ!”と言えばいい。

彼のストレスの話は、大体こう言う他愛の無い話ばかりなのだ。でも、彼はピロリ菌もいないのに毎日胃薬を欠かさない。

上司に無体な事を言われるのは、他の人からもよく聞くので確かにストレスなのだろう?でも絶対に出来ない事を言われたら、”そんな事出来る訳が無いでしょう?”と言えば済む事だろうと思う。まあ、相手によっては酷い目に遭わされる事もあろうが、法律違反のようなどうやっても出来ないものは出来ないと言うしかない。実際に”それじゃ違法だから出来ませんよ。”と言ったら仕事を外されて色々と酷い目にあったので説得力はないのだけれどもね。

僕の先輩は、出来ない事を言われた時には"解りました”と言いつつ、鼻からやる気は無く、ほったらかす。後で文句を言われた時にはもっともらしい言い訳で切り抜ける。これもストレスを感じないいい方法らしい。絶対僕のように真っ向勝負しないが、絶対に出来ないことはやらない。

初めて100人以上の前でスライドプレゼンテーションをやった時には、足元が落ち着かなかった。これもストレスの内だろうか?でも数回で慣れてしまって、原稿も見ずに自分の口調、自分のペースで喋り始めた。だから、今はそんなことでストレスは感じない。大体原稿を持って、原稿どおりに喋ろうなんて考えるから、失敗して舞い上がるのだ。原稿なんか最初から持たなければ失敗することも無い。

一発勝負なのに、失敗すると結構面倒なことになる作業を初めてした時、一応練習はしていたがアドレナリンが上がってくるのを感じることがあった。これもストレスと言えばストレスなんだろうか?でも、これも5回目には雑談さえする余裕が出来た。だから、これもストレスにはならない。そもそも、タイミングを外してもそれなりに結果は得られる方法を十分考えてあるのだから、どの道、失敗は無いのだ。

多分こう言うのをPositive Thinkingとでも言うのだろうか?失敗した時の取り繕う方法はシミュレーションするけれども、失敗したらどうしようとは思わない。
失敗したらこうすりゃいいじゃん、位に思っているからかな?だから、ストレスを感じたりしない。

正直な話、どう言うのをストレスと言うのか話を聞いても実感が無いのですよ。

でも、バイクでハイスピードのコーナーを抜けてゆく時、"このスピードでフロントのグリップが抜けたら死ぬかな?”なんて事は何時も思う。これは、流石に”フロント抜けちゃったら死んじゃえばいいじゃん!”とは言えないなあ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

フロの飼い主と名乗る理由

彼らは、基本的に野良猫でアパートの周辺に住んでいました。猫は飼い主ではなく、家に付くと言われます。餌はどう見ても僕しかあげておらず、彼らは朝、既に餌も貰っているのに大通りまで送りに来て、夕方は、大通りまで走って迎えに来るような連中でした。

アパートを引き払った後も駐車場はそのままにして車のトランクに餌を積んだままにして、通勤ルートを遠回りして餌をあげに行っていました。それでも彼らは遠くに僕を見つけると走って来ました。一緒に車に乗り込み、アパートのベッドでしていたように僕の膝の上でくつろいでいた。目やにが付き易いフロの顔をウエットタオルで拭いてやりながら、よく時間の経つのを忘れていたように思います。母猫の愛情を十分には受けられなかった君達には、僕はきっと親のような存在だったのだろう?

当時、動物を飼ってよいアパートは近場では皆無であり、遠いところに彼らを連れて行って良いのか確信がありませんでした。
飽くまで過去の居候に援助し続けるように、餌をあげに行き続けていただけでした。

失ってみて、初めて彼らにどれだけ癒されていたのか解かった。君らは既に僕の家族だったんだ。家猫にしてしまって、彼らが幸せだったかどうかは解からないけれども、少なくとも風邪や怪我で彼らを死なせてしまうような事は無かったであろう。ちゃんとした飼い主になっていれば良かったと後悔している。いまさら遅いのだけれども...

ごめんな、野良猫としてアパートの周りを生き生きと走り回っている方が猫らしいと勝手に思っていたんだ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »