« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

名栗川での渓流釣り

今日は、中学生二人にせがまれて渓流釣りに行ってきました。

080928_13370001

ウエダーを持っていない彼らが入れるところと言う事で名栗川のさわらび温泉下の平場にしました。彼らは結局ビーチサンダルで素足です。冷たそう。

080928_10530001

幸い坊主は免れて山女を数匹ずつ釣らせてあげることが出来て一安心でした。写真を撮るためだけにバケツに入れましたが、元気だったのでこの後放流です。それでも、当りが良く解らない彼らは針を飲ませてしまって、2匹ほど致命傷を負わせてしまったので、その2匹だけ持ち帰って来ました。(ちゃんと食べるために、調理法も教えました。)元気なら間違いなくリリースサイズです。

小さいのが掛かってしまった時のために小さ目の半すれ針なのですが、それでも飲まれてしまうと中々助けられません。川に手を入れて手を冷やし(暖かい手で握ってしまうとそれだけで山女は火傷をすると言います。)、そ~っと持って、小型のペアンで針をそ~っと抜きますが、運悪く血管に刺さってしまっていると死なせてしまいます。死なせてしまった以上、意地でも食べます。

自分では4匹ほど釣って、持ち帰りサイズも出ませんでしたので、全部リリースして、後は中学生のサポートで一日が終わりました。何だか妙に疲れた・・・・

080928_11430001

川を歩いていて、こんなのを見つけました。やまかがしの小さいの。(たぶん)

可愛いの♪

でも、一応毒蛇です。昔毒蛇だとは知りませんでしたが、奥歯の方で噛まれると毒が入るそうです。

もう明後日で今年も禁漁です。最近渓流釣りには足が遠のいていたので、ほんと久しぶりの渓流でした。内の子供達は、釣りにはあまり興味を示さなかったので、誘うこともありませんでしたが、まあ、こんなのも良いな♪

空気も良いし、携帯コンロでコーヒーを入れたりしながら、のんびりしてくる事が出来ました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

ピアニスト・作曲家の須釜俊一

最近、紹介物ばかりで、いよいよネタ切れかとも思えますが、そのまま公開できないような記事はまだ沢山ありますよ。ゆっくり編集している暇が無いんですよ。(言い訳)
それにギターカテゴリなのに、ギターの話がちっとも出てきません。まあ、音楽全般と言う事で多めに見てください。

彼の現在のページは以下のリンクにあります。
http://www.sugama-piano.com/

CDデビューもしていますので割と有名な人だろうと思いますが、僕のPCのHDのmidi fileのheaderを見ると1998年の夏でした。ちょうど、彼がFisrt Albumを出した頃でしょうか?
度々見に行っていた頃、最初に見つけたときには公開されていなかった[組曲 人魚」が公開されたを覚えてますので、多分、間違いないでしょう。

彼は、音大出ではなく早稲田大学経済学部出のピアニストで、変わってるよね?きっと。現在もmidi fileの公開をしてくれているようで、新曲があったので貰って来ました。(CD出してるんだから、貰って来ないでCD買えよ!)
現在は英国に住んでいるようですね。

彼が作る曲の雰囲気は、AIさんと通じるところがあると思え、当時の僕に届く音楽でした。(今でもですが・・・)
実際に彼は、AIさんの月夜のピアノなどの曲をカバーしています。沢山好きな曲がありますが、「恋詩」や「LOVE IS」、[明日」が一番聴いているように思います。AIさんの曲同様に10年ですから、4桁に近い3桁は聴いてるだろうな?と思います。クラビノーバでも練習しましたが、自分の演奏は悲しくなるので、少なくとも今は聴くだけです。(大体、難しくて碌に音も拾えません。)
彼の演奏は、編集が既にテクニック的に飛んでもなく難しくて、聴いただけで、楽譜にしただけで手を出す気も失せますが、聴く分には、クラビノーバに演奏させて鍵盤を光で追わせるだけでも美しい音色を奏でくれます。

へえ~と思える方は、リンクを辿ってみてください。
きっと、損をすることは無いと思います。

| | コメント (2)

2008年9月23日 (火)

日の出町 生涯青春の湯 つるつる温泉

今日も実は、温泉に行ってました。

9時ごろの気持ちよく晴れた空を見たら、何処かに出かけたくなって、以前から気になっていた「日の出町 生涯青春の湯 つるつる温泉」温泉に行って来ました。日の出町の郵便局の先の交差点を三ツ沢沿いに4kmくらい登ったところにありました。プチツーリングどころか、ちょっとそこまで感覚の近さです。去年暮れ十里木長岳温泉に行った時に見つけた変わったつくりの郵便局です。ここの交差点でした。

071215_10280001

十里木長岳温泉よりも更に近いところにあります。トリックの矢部刑事だったら絶対近づかないようなネーミングですが、つるつるに感じる要因は、アルカリ性と入ると直ぐに体中に付く気泡のようです。アルカリ性だけでもぬるぬるするのですが、気泡と相まってつるつるに感じます。

和風の「美人の湯」と洋風の[生涯青春の湯」があるらしいのですが、今日は男性用が「美人の湯」でした。生涯青春はあやかりたいけど、別に美人にはならなくていいので、ちと微妙。

080923_12160002

で、この「生涯青春の湯」のネーミングは何?と思って探したのですが、由来を書いてあるものを見つけられませんでした。パンフレットにも載っていません。「ひので三ツ沢つるつる温泉」だけだと、確かに何のひねりも無いけど、だからと言ってど~言う意味?(っま、いいや)

1時間ほど露天風呂に浸かって帰って来ましたが、何だかとっても走り足りない。でも、まあ、いいや。何時もウンザリするほど走ると次に行きたくなくなるので、走り足りないくらいがちょうど良いでしょ?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

moclin's midi data collection

http://www.kt.rim.or.jp/~moclin/
このピアニストも1999年から知っています。
モクリンさんが演奏するクラッシック曲も素晴らしい演奏ですが、彼のオリジナル曲も素晴らく叙情性の高い楽曲を見せています。

ギターと関係無いだろ?と言われそうですが、小さい頃からピアノが傍にあるのに碌に弾くことが出来なかった僕には、ピアノコンプレックスのようなものがあります。上の兄弟がピアノ教室に通わされていたのに、彼らが続けられなかったばかりに”どうせお前も続かないだろう?”と通わせてもらえなかった、なんて不味い思い出もあります。
ギターは、歌わせられなくてもテクニック的には暫らく練習すればどうにかなったのとは異なり、ピアノは何故か上手く鍵盤を叩けません。左手がどうしても押えにいってしまう。フォルテにならなかったり、強弱が出なかったり、まるでピアノが歌いません。まあ、”下手だから”の一言で済んでしまうと言えば済んでしまうのですが、ピアノを弾くことは、諦めの悪い僕には永遠の課題でもあります。
だからと言えばだからかも知れませんが、AIさんといい、モクリンさんといい、ピアノを歌わせることが出来る人は、僕にとっては憧れです。実在するなら”のだめ”ちゃんなんか、楽譜を追っただけで弾けてしまうのなんて垂涎です。まあ、”上手いから”で済んでしまいますし、それ程難しくない曲ならギターで楽譜を初見で弾けると言えば弾けるので、同じことなのかも知れませんが、ことピアノとなるとやたらと羨ましい。
”羨ましがってないで、練習しろよ!”
って事で、この記事を締めましょうか?

モクリンさんのページ、気が向いたなら見に行ってあげてください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

皮むきに行ってきました

080913_10410002 今日は、8時過ぎから先日替えたリアタイヤの皮むきに行ってきました。と言っても唯の一人ツーリングですがね。

出発時のタイヤは、黒く照っているところが無くなればOKです。

奥多摩周遊道は、スピード一斉が怖いのでまずは、全域をゆっくり見て回ります。2ヶ所工事していて、これまで”ちょっと荒れてきているな”と感じていたところの路面を張り替えていました。でも、ここより頂上付近の方が荒れてない?

新しい路面は、とってもスムーズですがちょっとミューが低い感じで僕のような怖がりには向いてないかも知れません。

新しいタイヤを履くと大体何時も感じるのですが、加速時のリアタイヤのキックが大きくなったように感じます。55扁平にしたためか、やたらと強く感じます。フロントにつんのめったような状態になったためか、ちょっとフロントが重過ぎる感じですが、フロントを中心に小さく回ってくれるようないい感じの前後荷重になりました。

080913_13130001080913_13140001  周遊道を2往復したら、目出度く皮がむけました、と言いたいところですが一番端までむけていません。どうしようかな?既に下りで一番寝ている時に2度フロントがぬるっと来ています。この状態のまま、これ以上寝かすと転びそうです。登りは気合が足りずにスピードが足りなくて寝ないですし、リアのイニシャルを抜いてから仕切りなおしとしましょうか?と言う事で、温泉を目指します。

080913_13170001080913_13090001  何時もの柳沢峠の頂上です。それから、明らかに誰かさんたちの影響と思えるソフトクリーム。特に普通のソフトクリームでした。何か粒上のものが入っているのだけれども、結局何だか解らなかった。

080913_13530002 塩山のフルーツロードに入り、特にこれと言った理由も無く、田口農園さんに寄ります。お腹空いたので、何か果物が食べたかっただけなのですが、4種類のブドウを出してくれました。この農園、園主の田口さんが筑波サーキットでレースをしているとの事で、ライダー割引をしてくれました。バイクで行くとお徳ですよ。いろいろ良くしてくれたので紹介しちゃいます。奥さんと二人で仲良く店をやっていて、近くで子供が素足で遊んでいるのをみて、何とも微笑ましく思えました。家業を夫婦でやると言うのも良いもんだな、と思っちゃいました。(何処と比べてだろう?)

田口農園 〒404-0054山梨県甲州市塩山藤木2195電話0553-33-3712 フルーツラインの中間付近にあります。全国発送してくれます。

080913_13520001 ブルビー:初めて聞く種類ですが、皮が厚めで粒が大きく大変甘い。特に皮の裏側が甘くて、種無しですので皮ごといける人には特にお勧めです。僕は、これを買いました。

080913_13520004 種無し巨峰:これも凄く甘かった。種無しですので、当然皮ごといきます。二房しか買わなかったのに、バクバク食べてきてしまいました。買った量より試食の量の方が多いかも・・・(笑)

080913_13520002_2  種無しピオーネ:甘さは控えめですが、とてもジューシーな後味がさっぱりしたブドウでした。最後までこちらを買おうか迷いました。考えてみたら、ブルビーと1房づつ買えば良かったんだ。(抜けてるじゃないか!)

080913_13520003 ふじみのり:ちょうど巨峰とピオーネの中間的な味でした。巨峰よりジューシーだけど、ピオーネより甘い。これも種無しです。

080913_14370001

最初はシートバッグに入るくらいを買おうと思っていたのですが、どう見ても入らないので、こうなりました。田口さんに手伝ってもらって、積み込み完了。バイクに積むからと言って、衝撃吸収剤をしっかり詰め込んでくれたお陰で、その後、沢山走って来たのですが、一粒たりとも潰れたりしていませんでした。素晴らしい。

080913_14360001 散々、行こか?戻ろか?迷った挙句に、走った事のない雁坂トンネルから秩父を目指しました。でも、トンネルを抜けるとそこは雨国だった・・・

このタイヤを履いてから、二回とも土砂降り雨。

雨タイヤか?・・・・・

080913_17040001 写真じゃ解りづらいけど、バイクは汚れるだけ汚れ、洗車は必須。時間無いのになあ。

カウルも外して掃除しないと綺麗になりそうもありません。

やれやれ。

080913_17380001 で、所沢に戻ってきたら、何事も無かったような夕焼け。

一体、なんなんだよ!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

AIさんと言う作曲家

この人の優しげなピアノ曲に最初に出会ったのは、1999年です。
月夜のピアノhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~aitukiyo/index.htmと言うページでご自分の作曲した曲をmidi形式で公開してくれていました。
でも、”ページのBGMにしたいから短く編集して送ってくれ”だの、こんな感じの曲が欲しいから作れ”だのと、心無い人たちに傷ついてページを閉じてしまっていました。
久しぶりに探し当てた月夜のピアノのページは、リニューアル中らしくて楽しみにしていた彼の新作を聞くことは出来ませんでしたが、彼が活動を続けていてくれたことはとても嬉しい。

月夜のピアノ
sya_persia
抱擁
one day
song for m
天使
恋詩
小さな思い
ワルツ
など大好きな曲が沢山あります。
もう10年近く、クラビノーバで演奏させたり、自分で弾く練習をしたり、PCやmp3 playerで聴いたりと何時も彼の音楽は、自分の傍にあります。

彼がページやブログに張る事を禁じていますので、ここで聴かせることは出来ませんが、月夜のピアノのページがリニューアルされた時には、彼の音楽に触れてみてください。きっと好きになると思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

死にたくなるのは病気だから?

「何故自殺?」
http://noraneko-furo.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_a03c.html
「自殺の末路?」
http://noraneko-furo.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_c177.html
なんて記事を書いたためか、”自殺願望でもあるの?”と思えるような検索ワードでこれらの記事を見てくれる人が沢山います。

確かに面倒なことや嫌なことが続くと”居なくなってしまいたい”と思うようなことはあります。でも、”死にたい”と思う時点で病気である可能性が高いようです。
知り合いの精神科医からも”隠れ鬱”が大量に存在している話を何度か聞いています。だから、もし”死にたい”と思うような事があるのなら、それは”鬱”と言う病気かも知れません。

まあ、精神科医でもない僕がここでこんな事を書いても説得力はありませんので、この記事を読んで見て下さい。
「第3回 死にたくなったら「病気のせい」【回復期編】豊島美幸」
http://jibun.atmarkit.co.jp/llife01/rensai/tureutu/03/01.html
内容は、細川貂々(ほそかわ・てんてん。マンガ家・イラストレーター。1969年生まれ。セツ・モードセミナー在学中に将来の伴侶(ツレ)と出会い、卒業後に結婚。夫と息子(0歳)、ペットのイグアナたちと暮らす。)の伴侶(ツレ)の闘病を取材した内容になっています。下手に専門家でないせいか説得力のある記事になっていると思います。

僕は自殺しようとは思いません。また、この”鬱"と言う病気自体がどのように精神を蝕むのかは自分では良く解らないのです。”それなら何でお前はこんな記事を書く?”とも思えます。実際のところ”自分の命だから、どうしようが自分の勝手だろう?”とも言えますが、自殺者の家族を見ていると、とてもその人だけの命とも思えませんので、このような自殺を否定するような記事を書いているのかな?と思います。

追記:この記事、どうも本文よりもコメントのやり取りの方が余程価値が高そうだなと思います。脳も体の臓器の一つですので、心臓の調子が悪いと胸が苦しいとか動悸がするように、また、胃の粘膜が炎症になっている時に胃が痛いとかむかつきが出る等の症状が出るのと同じように、脳の調子が悪い時に精神疾患と呼ばれるような症状になるんだと思ってもらえれば、納得しやすいんじゃないかと思います。

死にたいなんて思うのは、脳と言う臓器の病気の一つの症状なんだと思って貰えれば良いんじゃないかと思います。もし死にたいなんて思ったら、1人で治そうとせずに医者にかかってください。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

予定通りタイヤを替えてみました

080907_16580001 フロントは、リコールで途中で替えてあったので今回はリアのみです。
今まで前後同時に替えるのが当たり前のような状態でしたので、好きなタイヤが選べるのですが、今回はリアだけなので予定通りPilot Power 2CT 190/55ZR17 M/C (75W) TLにしました。

55扁平なため、プロファイルは50扁平より当然尖っていますが、いい感じの尖り方です。
でも、フェンダーが当るのでワッシャーを噛まして持ち上げてOKでしたが、スイングアームまでがギリギリです。少しチェーンが伸びているので1cmほど開きましたが、チェーンを替えたら、タイヤがスイングアームに触ってしまいそうです。
ある程度タイヤが減るまでチェーン交換は出来ませんね^^;

見た目は、リアだけ車高が1cmくらい上がっただけでやたらとつんのめった感じのバイクになってしまいました。まあ、来週には落ち着いて少し下がるでしょう。(たぶん・・・)

今日は、ブレーキのオーバーホールも頼んであったので、預けて電車で帰ろうと思っていたのですが、”時間あるなら、今から直ぐやるから待ってて”と言われ、”まあ、良いか?”と思って待っていたのですが、空模様が見る見る怪しくなり、雷and豪雨です。最悪・・・
"ブレーキのタッチが違ってるし、リアタイヤ皮剥けてないし、暗い雨の中走るの嫌かも?”とか言いながら、ほぼ雨の止んだ暗い道に走り出しました。でも、途中からまるで土砂降りです。上半身はウインドブレーカのお陰で濡れませんでしたが、下半身はずぶ濡れです。

”やっぱり、予定通りにさっさと預けて電車で帰ってくれば良かった・・・”

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

如月さんのご要望にお答えして

如月さんのご要望にお答えして。

”ポートワインのすすめ方”
ポートワインの種類によって扱い方はずいぶん違います。ビンテージポート(年号別のポートワイン。「クラステッド」ポートとも呼ばれています。)はびん詰めしてから熟成させたもので、大量の沈殿物を生じています。だから、透明なガラスのデキャンターに移すときには、格別注意深くやることが肝心です。びんはラベルを上にして持ちましょう。沈殿物が多ければ、じょうごにろ紙をのせてこさなければなりません。
トーニーポートはたるで熟成させてからびん詰めしたものなので、沈殿物はずっと少なく、リビーポートは新しいワインをブレンドしたものですから、たいてい透明です。
ポートワインは食後のデザートとして、ポートグラスで飲むのが最高です。正式のディナーのテーブルでは、デキャンターは右から左へ回します。デキャンターを自分の前に「おきっぱなし」にしておくのは、不作法とされています。ほかの人だって飲みたいかもしれないでしょう!

”糸にビーズを通す簡単な方法”
糸の端をマニキュア液に浸すか、せっけんでこすると固まります。それから段ボール紙の溝にビーズを並べます。こうすると、一度にその列の玉全部に糸を通すことができます。ただしこの方法は同じ大きさのビーズでなければ、うまくゆきません。

”モールス信号の解読法”
モールス信号によってメッセージを送ることができます。これは長短2種類の信号を用いて、一文字ずつ送信するシステムで、電気ブザーやその他の連続音の出せる装置のキーを押して信号を送りますが、懐中電灯の光を点灯したり、タバコの煙をプカプカやって送信することもできます。受け手がわかりやすいように、語と語の間はちょっとあけます。下の記号の中の点は短い信号を、線は長い信号をあらわしています。モールス信号によって送られるメッセージの中で最もよく知られているのは、たぶん国際救難信号S.O.S. ..._ _ _...と勝利の信号V ..._の二つでしょう。勝利のVは第二次世界大戦中連合国がナチス占領下のヨーロッパに向けて発信したり、連合国側の放送の始めに音楽的に使われたりしました。ベートーベンの交響曲第五番の出だしの部分と似ています。
A ._
B _...
C _._.
D _..
E .
F .._.
G .._.
H ....
I ..
J ._ _ _
K _._
L ._..
M _ _
N _.
O _ _ _
P ._ _.
Q _ _._
R ._.
S ...
T _
U .._
V ..._
W ._ _
X _.._
Y _._ _
Z _ _.
1 ._ _ _ _
2 .._ _ _
3 ..._ _
4 ...._
5 .....
6 _....
7 _ _...
8 _ _ _..
9 _ _ _ _.
10 _ _ _ _ _

”砂の城の築き方”
デザインはお好みしだいですが、砂の基本的な扱い方が三つあります。
「簡単な方法」両手で砂を固め、たたきながら形をととのえます。バケツに砂を満たし、シャベルで突き固めてから、ひっくり返して塔を築きます。
「水を使う方法」バケツにびしょびしょの砂を満たします。両手で砂をすくいとって、指の間からポタポタ落としながら、夢のような塔、とんがり屋根、超現実的な形の山を作ります。この方法は、しっかりした建造物の形を作るのには向きません。そういう形は、くずれないように砂を固めなおさなければなりませんから。
「砂の彫刻」砂を固めて山を作ります。まず元になる形を作るには、大きな四角い木箱に湿った砂を満たし、シャベルと足で押しつけ、箱をひっくり返しても形がくずれなくなるまでしっかり固めます。さあ彫りましょう。初めはシャベルやスコップで彫り、だんだん小さい道具を使います。小刀やつめやすりも!

”びんで”ネコ”を釣る方法”
これは昔、ミシシッピ川あたりではやった楽しい釣りです。といってもこの釣りをする人は、隣の家のネコが釣りたいわけではありません。魚を釣ろうというものです。
用意するものは、取っ手のついた大型のびんかフラスコ数個(中はからのもの)。ガラス製でもプラスチック製でもかまいません。びんを密封するコルク栓かキャップ(昔はトウモロコシの穂軸を栓に使ったものです)。丈夫な釣り糸5フィート(150cmくらいの長さをそれぞれのびんに)。それぞれ釣り糸におもりと釣り針。餌はレバー、ミミズ、チーズなど。栓をした水差しに釣り糸を結びつけて、その端におもりと釣り針をつけ、餌を針につけます。キャットフィッシュ(なまずの類)が跳びはねている流れを見つけたら、船をこぎ出し、流れのまん中に10フィート(3m)ほどずつ離して、釣り糸のついた水差しを仕掛けます。びんが流されていくあとを船で追いかけます。魚がかかれば、びんはさかさまになり、浮いたり沈んだりするはず。そのびんのところへ行って、そっと糸をたぐるのです。これはなかなか骨が折れます。ぴょこぴょこしているびんを追いかけるのは漕艇術を試されているようなものだし、あまり張り切ると、魚をとり逃がします。この方法は他の魚にも応用できますが、ただふつうの方法で釣りをしている他の釣り人のじゃまをしていないか、あるいは禁漁期かどうかなど、確かめてからにしてください。

”卵の立て方”
卵を勢いよく振って、黄身と白身がまざるようにします。数分まっすぐにしておくと、重いほうの黄身が底に沈むのです。あとはちょっと忍耐力を使えば、卵の大きいほうを下にして立てることができます。

予想通りといえば予想通りなのですが、読んでて、いやタイピングしてて馬鹿らしくなってくるような内容です。それにしてもB5ノートでタイピングするとちっともペースが上がらない・・・

出典は、「上手なワニの捕まえ方」主婦の友社です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

一夫多妻も大概にしろよ!

朝日新聞にこんな記事がありました。こうも新聞からばかりネタを拾ってくるようになると、"なんだ、唯のネタ切れか?”とも思えるけれども、この記事を見たら、ちょっと、何か、言いたくなった。

--------------------------------------------------------------------------

 【ヨハネスブルク=古谷祐伸】ナイジェリアで、86人の妻がいる男性が「妻帯は4人まで」とするイスラム教の教えに反するとして、「82人の妻と3日以内に離婚しなければ死刑」との判決を受け、騒動になっている。

 現地からの報道によると、男性はイスラム教徒が大半を占めるニジェール州在住の元教師モハメド・ベロ・アブバカルさん(84)。30年ほど前から結婚を繰り返し、今では妻86人のほか、子どもが170人以上。「妻が10人いれば普通の男は死ぬ。でもおれの力は神から授かった」と自慢してきた。

 ところが、00年に州がイスラム法に基づく司法制度を導入。男性が持てる妻の数は妻を平等に扱うことを条件に「4人まで」とされ、82人上回ることになった。

 アブバカルさんは、聖典コーランには妻を5人以上持った場合の罰が書かれていないと主張。それでも判決に従い、一度は離婚に同意したと報じられたが、1日になって広報役を名乗る身内が「彼は離婚しない。もっと結婚する気だ」と発表した。心は妻と法の間で揺れているようだ。

--------------------------------------------------------------------------

日本も近世まで一夫多妻が許されていた国だし、お妾さんとか言いながら戸籍上はどうでも実質多妻の人が居ることは居るけれども、86人は・・・”おいおい、いい加減にしとけよ!”と言いたくなる。まあ、それだけ養える経済力も凄いのだけれども、それを夫婦と呼ぶのだろうか?

また、4人までならOKと言う法律も凄いし、それをオーバーしたから死刑と言うのも凄い。

日本に生きていると、グローバル化される世界を生きている全ての人が、勝手に近代を生きていると勘違いしそうだけれども、”世界は広いな!”とつくづく思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

ハエは0.2秒で離陸準備!!?

------------------------------------------------------------------------【ワシントン=勝田敏彦】ハエたたきに失敗が多いのは、ハエが逃げるための「離陸準備」をコンマ2秒という素早さでできるから――。そんな論文を米カリフォルニア工科大のチームが米専門誌カレントバイオロジー(電子版)に発表した。

 同大のマイケル・ディキンソン教授らは、1秒間に5400コマ録画できる高解像度・高速度カメラを使い、ほぼ360度の視野がある目を持っているショウジョウバエをハエたたきで狙う実験を撮影・分析した。

 その結果、ハエは飛び上がる前に脚を使って体の重心を微妙に移動させ、ハエたたきが来る方向とは反対に飛べるように準備することがわかった。この動きには0.2秒ほどしかかかっていなかった。

 これは、ハエの神経系に、危険が迫る方向と、脚や体の適切な動きを即座に結びつける「対応表」のような仕組みがあることを示すという。

 同教授は「ハエたたきのコツは、ハエが今いるところを狙うのではなく、逃げる方向を先回りすること」とアドバイスしている。

--------------------------------------------------------------------------

最近、この手のしょうも無いネタに目が無いのも困ったものだな?と思うのだが、昆虫の運動能力を調査した記事には毎回驚かされる。

ハエは360°の視界を持ち、危険に対して離陸準備を0.2秒で整えると言う。道理でなかなかハエたたきで叩けない訳だ。

身長の50倍以上をジャンプする蚤やバッタ、その高さから落ちても壊れない堅牢な体の構造。人間は地球を我が物顔にしているけれども運動能力においては、彼らの足元にも及ばない。

やはり、地球上で一番進化した動物は、昆虫なのかもしれないな。

出典は朝日新聞です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

上手なワニの捕まえ方

080821_13220001 所謂How toものの本の題名です。
How toものなのですが、基本的に”そんな事が出来てなんになる?”と言うものばかりです。

ベッドメーキング
ハムスターの扱い方
ポートワインのすすめ方
イギリス女王が宮殿にいらっしゃるかどうか知るには
ワニと駆けっこする方法
植物を生き生きさせておく方法
糸にビーズを通す簡単な方法
から始まり、
吸血鬼をギューと言わすには
モールス信号の解読法
クイックサンド(流砂)から脱出する方法
イノシシの頭の調理法
砂の城の築き方
1年に4回誕生日を迎える方法
外胚葉型人間の見分け方
びんで”ネコ”を釣る法
イギリスの王様や女王様になる方法
クマにダンスを教えるには
大砲の打ち方
卵の立て方
吸血鬼の見分け方
などなど、315の方法が載っています。
で、追記に"何か忘れてやしませんか、と言いたそうなあなたに・・・・・”
と題うって”ワニをつかまえる方法”が載っています。
正しく、なめてますな。

書いているのは、The Diagram Groupと言う、ロンドンを拠点にしているリサチャー、ライター、エディター、デザイナーなどのグループで初版は1974年です。
題目は、How to hold a crocodule.
副題に、At home, at places of work and at schools  The pros and cons are equally divied.  Is it the feat of this century or the last gasp of the publishing industry?  Anyway, the book is grandly brought out!!
なんて、やっぱりなめたような事を書いてます。

で、何でこんなことろで紹介する?とお思いの方・・・
やっぱ、退屈しのぎ、ですかねえ?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »