« moclin's midi data collection | トップページ | ピアニスト・作曲家の須釜俊一 »

2008年9月23日 (火)

日の出町 生涯青春の湯 つるつる温泉

今日も実は、温泉に行ってました。

9時ごろの気持ちよく晴れた空を見たら、何処かに出かけたくなって、以前から気になっていた「日の出町 生涯青春の湯 つるつる温泉」温泉に行って来ました。日の出町の郵便局の先の交差点を三ツ沢沿いに4kmくらい登ったところにありました。プチツーリングどころか、ちょっとそこまで感覚の近さです。去年暮れ十里木長岳温泉に行った時に見つけた変わったつくりの郵便局です。ここの交差点でした。

071215_10280001

十里木長岳温泉よりも更に近いところにあります。トリックの矢部刑事だったら絶対近づかないようなネーミングですが、つるつるに感じる要因は、アルカリ性と入ると直ぐに体中に付く気泡のようです。アルカリ性だけでもぬるぬるするのですが、気泡と相まってつるつるに感じます。

和風の「美人の湯」と洋風の[生涯青春の湯」があるらしいのですが、今日は男性用が「美人の湯」でした。生涯青春はあやかりたいけど、別に美人にはならなくていいので、ちと微妙。

080923_12160002

で、この「生涯青春の湯」のネーミングは何?と思って探したのですが、由来を書いてあるものを見つけられませんでした。パンフレットにも載っていません。「ひので三ツ沢つるつる温泉」だけだと、確かに何のひねりも無いけど、だからと言ってど~言う意味?(っま、いいや)

1時間ほど露天風呂に浸かって帰って来ましたが、何だかとっても走り足りない。でも、まあ、いいや。何時もウンザリするほど走ると次に行きたくなくなるので、走り足りないくらいがちょうど良いでしょ?

|

« moclin's midi data collection | トップページ | ピアニスト・作曲家の須釜俊一 »

露天風呂」カテゴリの記事

コメント

今日はね、おっしゃるとおりにホットパックで首と方の付け根をあっためてたらずいぶん良くなりました。ありがとうございました。
精神的なストレスってバカにできないですよね。
何がストレスなのか、自分でもわかってるようでわかってないんだけども。
つるつるになる温泉、行きたいなあ。
そのうち行こうっと。
そういえば秩父は真冬でも道路が凍結しないって本に書いてあったけど本当でしょうか?
最近は画像があって「こういうところなんだあ」って一層読む楽しみができました♪

投稿: 如月 | 2008年9月23日 (火) 19時50分

ああ、効きました?
首筋が綺麗な人=ストレートバック(頚椎が生理湾曲してないで真直ぐ)な人が多いのですが、そう言う人って、頭の重さをその辺りの筋肉だけで支えてる人が多いんですよ。なので、その辺りの筋肉を温めて解してあげると楽になる場合が多いのです。当てずっぽうでしたけどね♪

写真は、自分が楽しむことが主眼なのであまり撮らないのですが、そう言えば最近結構撮ってるな、ふむ?

「秩父は道路が凍結しない」は多分嘘じゃないですか?住んでるわけではないし、冬は行かないのでよく知りませんが、秩父の方の橋に「滑った時の脱出用の砂」が置いてありますし、「凍結注意」って看板も見ますよ。

奥さん、美人の湯!ですよ~♪
行かなきゃ、そんそん♪
(みのもんた風)

投稿: フロの飼主 | 2008年9月23日 (火) 21時09分

フロの飼主さんへ

ぷーぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷ
笑わさないでくださいよぉ~
さりげなく矢部刑事を出してくる辺り…通ですなぁ~

確かにつるつる辺りには近寄りたがらないかもしれないけど…
頭にタオルを巻いて『見るなーーーー』とか叫びながらカツ○をつるつるの湯でトリートメントしてるかもよん(ぷ

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2008年9月24日 (水) 00時39分

(゜ω゜ )ニャンポコー2等兵さん

不毛村の温泉のように、唯黒くなるだけでは困りものですが、タオルというより、やっぱ「もじゃもじゃ」ですよね♪
矢部刑事のオバサンパーマも「もじゃもじゃ」の延長ではないかと?♪

投稿: フロの飼主 | 2008年9月24日 (水) 01時15分

「生涯青春の湯」に入ってみたいですね~。頭つるつるになるのは困りますけど。ここは私のところからも比較的近場です。ここもナビに登録と。登録ばかりで、1度も出掛けてないのが難ですが。
私、1時間もお風呂に浸かってられないです。茹って帰れなくなりそう。

投稿: 凸凹2008 | 2008年9月24日 (水) 21時47分

凸凹2008さん

1時間は僕も浸かってられないですよ。
一度温まったら、後はほぼ、足湯、ヘソ湯、状態です。基本的に露天風呂にしか入らない理由も、逆上せるからです、です。
温泉の後にもう一度バイクに乗らなくちゃならないですものねえ。(泊まりならどうなっても良いのですがね。)ほぼスーパー銭湯なので休憩所もしっかりしてますから、本当に茹ったら少し寝てくるのでしょう?
それにしても、何が生涯青春なのでしょうかね?

投稿: フロの飼主 | 2008年9月25日 (木) 00時06分

>トリックの矢部刑事だったら絶対近づかないようなネーミング

ホンマですね~(笑)
トリックもだんだんおふざけがエスカレートして行ってますよね!!

投稿: エリミ♂ | 2008年9月25日 (木) 22時20分

エリミ♂さん

ここにもトリックファンが居ましたか?(笑)

最初は、様子見だったんじゃないでしょうかね?どこまでやっても受け入れられるのかと?
あのキャストだから受け入れられたような気もしますが、CMも含めて最近ハジケ過ぎですよね♪

投稿: フロの飼主 | 2008年9月26日 (金) 00時12分

つるつるの湯、今日行ってきました。うちからちょうど1時間の距離です。今日は「生涯青春の湯」の方が男湯でした。出たり入ったり、半身浴したりしていたら、いつの間にか1時間経っていました。それからまた30分程休憩して帰ってきました。なかなかリラックスできました。内湯はそうでもありませんが、露天風呂は、プールの臭いがしていただけません。今度は、「美人の湯」に入ってみたいですね。青春号の写真も撮ってきました。

投稿: 凸凹2008 | 2008年9月28日 (日) 21時26分

凸凹2008さん

青春号?

それって生涯青春の湯には何かそんな名前の物があると言う事ですかね?

凸凹2008さん、あそこで塩素臭を感じる鼻の持ち主でしたか?だとするとさわらびの湯はきついかも?
つるつるの湯のちょっと奥多摩側に十里木長岳温泉があります。ここの方が良いかも知れませんね。

投稿: フロの飼主 | 2008年9月28日 (日) 21時39分

青春号は、武蔵五日市駅~つるつる温泉を結ぶバスです。青い機関車の形をしていて、つるつる温泉の売店に青春号のチョロQも売られていました。
塩素臭は、塩素系の薬で消毒しているからでしょうけど、気になりますね。露天風呂は特に念入りに消毒されていたのかもしれません。
ヘルメットを持っていたせいか、受付のおねいさんが大きいロッカーの鍵を渡してくれたのは好印象でした。
十里木長岳温泉というのは、秋川渓谷 瀬音の湯 というところでしょうか。ここも良さそうなところですね。情報ありがとうございます。今度行ってみます。

投稿: 凸凹2008 | 2008年9月29日 (月) 00時12分

凸凹2008さん

ああ、あの機関車バスですか?僕も走っているのを見ました。そんな名前のバスだったんですね。
大きいサイズのロッカーは、数に限りがあるようですが、大きいリュックとかを持っていると貸してくれるようですね。

十里木長岳温泉は、そうです、瀬音の湯です。つるつる温泉からすぐですよ。

投稿: フロの飼主 | 2008年9月29日 (月) 01時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日の出町 生涯青春の湯 つるつる温泉:

« moclin's midi data collection | トップページ | ピアニスト・作曲家の須釜俊一 »