« 論理的な思考 | トップページ | お金は何処へ行ったんだろう? »

2008年10月12日 (日)

ホンダイズムを持ち込めないのは何故?

日本の自動車メーカー2社はそれぞれの方法でF1の成功を追い求める 2 Japanese car makers pursue F1 success their own way
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51396729.html
F1通信のこの記事を読んだら、そういう目線で見ている人は沢山いるんだろうか?と思い書く気になった。

日本の二つの自動車メーカが持つ、トヨタ方式とホンダイズム、共に世界的に有名な方法で成功している方式であるが、片方は成功しつつあるように見えるがもう片方は明らかに失敗したように見える。
そして片方は独自方式を捨てようとしているように見える。

今年は特にトヨタが順調に成績を伸ばしてきている。ロシアの格言に”遠くまで行く人は、ゆっくり進むものである”と言うのがあるそうだ。企業に喩えるなら、”大きく成長する企業はゆっくり成長するが、急成長する企業は直ぐ潰れる”と言ったところだろうか?
マイク・ガスコインを首にしてから、強力なデザイナーを置かずにトヨタお得意のボトムアップ方式で着実な”改善”を始めたように、ゆっくりと速さを身に着けてきたように思える。数年前から問題と思えた、一発のスピードをレース中の良いペースに結び付けられていないような、燃料の重さにナーバスに見える事だけだろうか?今年は、それも”改善”されつつあるように思える。

一方ホンダは、数年前、ホンダイズムを導入すべく?2輪でそれを成功させた中本修平氏を送り込んだ。でも、上手くいかなかったように見える。ロス・ブラウンをチーム代表に据えたが、辛うじてフォース・インディアの前に入るくらいにしか見えない。
誰か一人が入って来て、直ぐに画期的に早くなるわけではないのだが、状況は何時底を打つのか?と言えるように低迷したままのようである。

F1の世界は、強力なデザイナーのトップダウン方式が主流のようで、ヨーロッパの一流チームは殆ど有名なデザイナーを持っている。中本氏が持ち込もうとしていたものは、ホンダ流の”良さそうなアイデアはどんどんやってみよう!”だった筈である。でも、ホンダチームは明らかに混乱していたように思える。

ヨーロッパの伝統を引きずったBARの影か?
それともホンダイズムを良しとしないBARの生き残りの妨害か?
ホンダレーシングには、本社がホンダ流の成功の秘訣、ホンダイズムを持ち込むために送り込んだ中本氏に対して足を引っ張るような行動を取る人間が垣間見れた。
ロス・ブラウン氏には悪いが、"毒には毒を充てた”ように見えて仕方が無い。あるいは、ホンダらしさは捨てて結果だけを求める方法に換えたのか?

僕のこのカテゴリの記事は、殆どホンダレーシングのある特定の人物を悪者化している。BAR発足当初から、僕は彼を問題視してきた。彼が発するコメントは、チームの責任者が言うようなコメントには思えない。ある時は意思決定の遅い本社を非難し、ある時はデザイナーを非難し、ある時はドライバーを非難し、ある時は新しいスタッフを非難する。僕の目には、彼がチーム内の政治にしか興味が無いように思える。
当然インターネットから得られる情報を元に判断しているので、情報にバイアスも掛かっていようし、僕の判断も間違えている可能性があるが、ホンダというチームを長く期待を込めて見てきた。

よく"チーム一丸となって”なんて言うけれども、チーム内に問題を抱えていては強いチームに成りようも無い。幾ら潤沢な予算をつぎ込んでも内部に問題があっては、スピードは得られないようである。その位、今のF1は接近戦なのだろう?

モータースポーツ界ではトヨタは割と嫌われ者で、ホンダに比べて人気も無かった。でも、ここ数年、ホンダらしさを失うホンダは人気が薄れ始め、トヨタ方式になったトヨタは人気を得るようになってきたと言われる。

みんな、日本流の方法でタイトルを取れるチームになって欲しいのだろうか?

|

« 論理的な思考 | トップページ | お金は何処へ行ったんだろう? »

Fomura1」カテゴリの記事

コメント

フロの飼主さんへ

むー…
ホンダの向かう先に見えるものは現時点では灰色かもしれない
実際は灰色から限りなくタークになるのかもしれない
どちらにしても『答』出す機会を伺っているのかも

でも違うって思いたい私はホンダ党

ボキャブラリの無さと脳みそがちょびっとなので…こんなコメントでごめんよー

投稿: (゜ω゜)ニャンポコー2等兵 | 2008年10月15日 (水) 22時22分

(゜ω゜)ニャンポコー2等兵 さん

コメント有り難う♪
こんな"コメント無用!”みたいな記事なのに・・・

ホンダは、ダラーラにテストシャシ作らせてテストを始めたくせに、BARにエンジンと資金供与をしただけだったので、その頃から何してんだか?と思っていたのだけど、来年はもしかしたらいい車が出来るかも知れないですよ。(希望的観測)

バイクは、何時の間にか完全ホンダ党で、買うバイクがね~じゃん!とか言いながら、VTR1000SP2の2007年新車を探していたりします。
この間、918乗ってる仲間が2008型欧州仕様の1000RRを買いました。(この友達もV4の1000ccを待ってたのですがね。)

投稿: フロの飼主 | 2008年10月15日 (水) 23時49分

F1って良く知らない...
MotoGP は、ドゥカティ、ホンダ、ヤマハが強いらしいけど、最近見てない。いや、CS契約してないので見れない。カワサキは参戦してるけど低迷している様子。
実はわたし、Z400,Z750,GPZ900A2,ZX-9R と乗り継いだ根っからのカワサキ党なんです。 何故今 BMW に乗ってるかって?聞かないで下さい。 ZX-10Rって、ポジションきついんですよ。
あ~、記事と関係ないですね。全く。

投稿: 凸凹2008 | 2008年10月16日 (木) 01時02分

凸凹2008さん

初めてリンク付きで来ましたね?(笑)
後で見に行って見ます。
別にカワサキだからと言って、10Rじゃなくても良いでしょうに・・・
確かに信号待ちで体を起こす時にタンクに手を着いて”よっこいしょ!”って感じで年寄い事この上ないですが、まあ、ご愛嬌でしょう?
929でも十分前傾がキツイですが、VTRとか買ったら余計ですね?(笑)

投稿: フロの飼主 | 2008年10月16日 (木) 19時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホンダイズムを持ち込めないのは何故?:

« 論理的な思考 | トップページ | お金は何処へ行ったんだろう? »