« 名栗川での渓流釣り | トップページ | ピンクリボンの活動は正しいの? »

2008年10月 1日 (水)

懐かしい本

080907_01520001 Surviving the Computer Time Bomb.
この本、アメリカ土産で中身は英文です。
入りきらなくなった書棚の整理をしていて見つけたのですが、ちょっと懐かしくなって引っ張り出しました。
この本は、"遅れてる場合じゃないよ!”と言う中身なのですが、当時、この本を読んで、”不味いかも?”と慌ててメーカに連絡を取った思い出があります。
もう9年も前の話で、今では笑い話になってしまいますが、2000年問題を引き起こす装置を何とか動かすためにパッチを当てたり、OSの入れ替えをしたりと、そのときは間に合わせるためにそれなりに真面目に作業したものでした。でも、対応できずに実際に動かなくなってしまったワークステーションが何台かあります。

初めて触ったコンピュータは、オープンリールのテープに入ったOSをデイップスイッチでメモリの何番地にロードして、なんて事をしてやっとキーボードが使えるようになり、13inchの40MbyteのHDがマウント出来るようになるようなシステムでしたので、当然何億円もする装置なのに現在この記事を書いているPCなんかより数十倍から数百倍は遅い代物でした。

初めて手にしたPCは、Apple ⅡJで、8bitで拡張メモリが64kbyteなんて可愛い代物が当時80万円くらいでした。このAppleⅡJは捨てられずにまだあります。
今では、64bitでメモリ2GbyteなんてPCが6万円くらいで買えます。何だか隔世の感があります。

こんな本一冊で何処まで話を膨らませるんだ?と言う気がするので、この辺で止めます。(こんな事書いてると、歳がばれるな・・・)

|

« 名栗川での渓流釣り | トップページ | ピンクリボンの活動は正しいの? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

うちのお客様で77歳のかたがカタカナ入力しかできないでっかい図体のパソコンが80万円だった、と言ってましたっけ。。。
そっかあ、そうだったのかぁ。。。
フロの飼い主さん、70代なのにあんな攻め攻めのバイクですごいなあ(;゚Д゚)

投稿: 如月 | 2008年10月 1日 (水) 22時58分

如月さん

しっしまったあ!
歳がばれた!

って、誰がやねん!?
現在77歳で80万円のPCって、30年くらい前の話でしょうかね?
と言う事は、47歳で当時のPCに手を出したんだ?
その人、凄いかも?・・・

AppleⅡJは、英語onlyでしたよ。(笑)
Jなのにmanualも英語でしたよ・・・
先のオープンリールのミニコンピュータも5000ページを越えるmanualが全部英語でした。お陰で、変な英語に強くなったわ。(笑)

投稿: フロの飼主 | 2008年10月 2日 (木) 02時42分

フロの飼主さんへ

…って事は…フロの飼主さんって…
40歳なかば?

って、PCが80万って…
もしかして…レコードが500円の時代?

この500円ってのは先日職場の上司(来年定年)と部下(私より一回り上)がレコードの話に花が咲いていましたのでw

で、私はその当時の物価なんか知る由もなく…今に換算もできない状態で不完全燃焼でした

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2008年10月 2日 (木) 23時46分

(゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 さん

やばいなあ!
こんな記事を無闇に書くと歳がばれるわ・・・(笑)

その、レコードが500円とかカタカナ入力のみのPCとかは、正直解らないのですけど、AppleⅡは8bitのMPUでしたよ。輸入品だったのもあって80万くらいでした。因みに5.25inch2Dのフロッピが1枚1500円くらいしてたな・・・

その後買ったPCはintel i386のPC/AT互換機で本体40万メモリ10万HD10万モニタ13万プリンタ11万キーボード3万マウス2万グラフィックカード5万MOD36万で120万円くらい掛かりました。一応WIndows3.0versionが動きました。殆どOpenBSDでX-windowかMS-DOSが動いてましたけどね。

古いわ~♪

投稿: フロの飼主 | 2008年10月 3日 (金) 00時21分

なになに、80万のPCっていったい。よくそんな高価なものをと関心してしまいます。なんたる財力。
2000年の年末年始は会社に泊まり込みでしたね。どこかで何か起きてもすぐ対応できるようにと。
ちなみに私の初めて使った汎用コンは、カードリーダーでFWを読み込ませてました。紙テープリーダー/パンチャーのFWをメンテしたことも。科学特捜隊とかは、カタカタカタと出てくる紙テープを直接読んでましたね。あれは、よほど習熟しないと出来ません。(笑)

投稿: 凸凹2008 | 2008年10月 3日 (金) 01時43分

凸凹2008さん

凸凹2008さんも2000年で苦労した口ですか?
まあ、その業界なら当たり前ですか?
汎用コンとか言ってる時点で、既に一般人のそれではないですが、紙テープリーダー/パンチャーは流石に教材でしか見たことがありません。(あはは・・・)

そう言えば神戸の理化学研究所にペタコンが入るそうですよ。凄いなあ~♪

投稿: フロの飼主 | 2008年10月 3日 (金) 20時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい本:

« 名栗川での渓流釣り | トップページ | ピンクリボンの活動は正しいの? »