« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月27日 (木)

「何もしない人の分を何で私が払う」医療費巡る麻生首相の発言について思う

asahi.comに「何もしない人の分を何で私が払う」医療費巡り麻生首相 と言う記事が載っていた。
http://www.asahi.com/politics/update/1127/TKY200811260392.html
全文を載せてしまうと
 「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」。麻生首相が20日の経済財政諮問会議で、こんな発言をしていたことが、26日に公開された議事要旨で明らかになった。自らの健康管理を誇ったうえで、病気予防の重要性を訴えたものだが、保険料で支え合う医療制度の理念を軽視していると受け取られかねない発言だ。

 首相は社会保障費の効率化の議論の中で「67、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらかかっている者がいる。学生時代はとても元気だったが、今になるとこちら(首相)の方がはるかに医療費がかかってない」と指摘。自ら日課にしている朝の散歩が役立っているとしたうえで、「私の方が税金は払っている。努力して健康を保った人には、何かしてくれるというインセンティブがないといけない」と強調した。

と言うことだそうである。

医療費はもともと互助精神で集められている。かの自己責任の国でも日本の医療費制度を取り入れようか?なんてことも話題になった時期があった。
確かに、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人」がアルコール性肝硬変だとか、糖尿病の一種や、心臓病にかかって途方も無い医療費を使う傾向にあるようだ。
でも、「努力して健康を保った人には、何かしてくれるというインセンティブがないといけない」はどうだろうか?互助精神は、”困った時に助け合う”のだ。誰も本来自ら困った状況になろうとは思っていない。
”健康は金では買えない”と言うけれども、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人」は最終的に病気になってペナルティを受けているのだ。

保険制度なら、例えば自動車保険のように事故を起こせば保険料が上がり、無事故なら安くなる、でも保証は同じである。麻生首相が言っていることは、この考え方に近いですよね?現在収入に合わせて保険料が徴収されるが、幾ら使おうと保険料は収入に合わせてのものになる。
実際には、病気をすると収入が減る人が多いので、逆に徴収される保険料は下がります。下手をすると生活保護まで行く。
それこそ「たらたら飲んで、食べて、何もしない人」が社会のお荷物になってしまうような図になる。実際にそう言う状況は多いのだろう?社会保障費を使われ方を統計で見ると、麻生首相があんな風に言いたくなる気持ちも解る。

だからと言って自動車保険のような制度にしてしまったら、病気になって収入が減り、保険料が高くなって払えなくなり医療も受けられない、と言うことになるだろう?
互助を受けると言う意味からすれば、”みんなの医療費を私が大量に使ってしまって申し訳ない"ぐらいの気持ちは必要かも知れない。
医療費払ってんだから、”使わなきゃ損だよ!”は互助の精神からは遠い。実際に自制の聞かない生活を送って病気になってきた人は、横柄で”払った医療費以上を使ってやったぞ!”と自慢気味に言う人が多いのだ。そう言う意味では、首相の言いたいことも解らないではない。唯、自らの貢献を自慢気味に諮問会議で発言するのは如何なものかな?と思う。

医療費は高いと思われている。
高騰する医療費を保険料では賄いきれない。
医療費抑制のため保険点数を削ったら医療崩壊になってしまった。
高齢化が進んで医療費は増える一方である。
老人一人当りの年間医療費の平均が軽く100万円を超える。
寝たきり老人と言われるような人々が幸せな老後とはどうしても思えない。

ここは一つ、麻生首相の言葉のほんのちょっとを汲み取ってあげて、”将来病気になると言う高いペナルティを受けないために、防げる病気で医療費を食いつぶさないように、また仮に病気になってしまった時に高度な医療を受けられるように、生活に気を使い健康を保ち幸せな老後にしましょう!”と言ってみるのも良いかも知れない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

いい夫婦の日

11月22日の天声人語を読んだだろうか?
朝日新聞を取ってない人のために、といってもasahi.comで読めるけれども・・・
こんな事が書いてあった。

「面目ないと嘆く男性もおられようが、お年寄りの場合、夫を亡くした妻は寿命が延びて、妻を亡くした夫は寿命が縮む傾向があるらしい。夫とは、妻に頼りきる重荷でしかないのだろうか。そっと胸に手を当ててみる、きょう「いい夫婦の日」である▼11月22日の語呂合わせから始まって、今年で20年になる。だが、この時期に公表される各種の「夫婦調査」は、しばしば夫を意気消沈へ誘う。互いの気持ちはすれ違って、夫から妻への「片思い」が多くなっているようだ▼たとえば「夫婦一緒の時間を充実させたい」と思う夫は増えている。ところが妻の方は減り続けている。熟年の夫婦では15%の妻が、夫に「嫌悪・不愉快」を感じていると聞けば、小春日和も少し曇る▼そうした理由の一端を、田辺聖子さんの随筆に教わった。定年やらで人生戦線を縮小し始めた男と、これから戦線拡大をもくろむ女の違いのためらしい。自分の砦(とりで)に立てこもる夫と、残りの人生を楽しもうとする妻の、軋(きし)みあいのようである▼夫は別荘がほしいと夢見るが、妻は別荘まで行って家事などまっぴら。心安い友達とリゾートホテルの方がずっといい。「オジサンは司馬遼太郎を読み、オバサンは渡辺淳一を読むようになる」などと、人間通らしく田辺さんは観察する▼心のすれ違いに特効薬はなさそうだ。「亭主元気で留守がいい」と言う。「女房元気で……」ぐらいの生活技術と独立心を、まずは夫も備えたい。すきま風には早めの目張りを。暖かい冬を迎えるには「片思い」では心もとない。 」

松乃温泉のコメント欄でちょうど話題になった事も、今日が「いい夫婦の日」と言うのもあって、この記事が耳に痛かった。綻びの修繕も当然必要なのだが、家庭内自立の準備を始めるべきなのだろうか?このデータは、出所、取り方の記載は無いけれども真実を物語っているような気がしてならない。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

F1は10兆円産業?

F1通信に「F1の1ポイントの値段、2008年は4億3千4百万円」と言う記事が載っていた。
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51413917.html

この記事自体は、平均が1ポイント辺り4億3千4百万円だと言う記事なのだが、各チームの推定予算を合計してみると3兆78億4500万円である。
2005年の世界GDP総額は44兆3849億ドルと言われているので、F1の高々10チームの予算総額が世界GDP総額の約0.7%を占めるのだ。(2007年の世界GDP総額は、見つかりませんでした。)
この数字は、テレビ放映権料やスポンサー料、開催権、観戦チケットやグッズの販売など、もろもろの収入で賄われている筈だが、この他にこれに絡んで儲けを出しているところが山ほどあって全部入れると5兆円くらいになるのだろうか?
各国のグランプリ開催による経済効果も含めると軽く10兆円産業のようである。(いや、もっとか?)
F1は世界的スポーツと言われているが、これは幾ら何でも異常だろう?しかもこの金額が、役に立つのかどうか定かでない興行に使われているのだ。

今年、世界的バブルが弾けて来年どのくらいのスポンサーが付くのかは解らないけれども、来年の今ごろ同じような記事が乗るのが楽しみである。
来年はF1変革の年になるのだろうか?
運動エネルギー回収システム(KERS)も始まる。
FIAもFOTAも費用削減に躍起になっているように思える。
エアロダイナミクスのモンスターと言われる今年のマシンも来年は空力が削られて、モンスターとは言えなくなるらしい。
エンジンも3レース使用になるらしい。
シリーズチャンプは、最大優勝回数者では無かったため、ポイント制も変わるかも知れない。

費用が削られてもその金額が異常であることには変わりはないかも知れないが、F1は自動車に係る先端技術の実験場である。これだけのお金を集められるところであるならば、唯単にポイントを稼ぐための道具ではなく、社会に還元される技術開発の道具であって貰えればと思う。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年11月14日 (金)

宇宙線透視?

asahi.comに「火山の内部、宇宙線で透視 薩摩硫黄島 東大など初成功」と言うニュースを見た。
http://www.asahi.com/science/update/1113/TKY200811130155.html

Tky200811130156

(asahi.comの記事から転載しています。)

記事では、宇宙線「ミュー粒子線」を受けて記録する装置を開発し、デジタル化したデータを遠方でリアルタイムで受け取れる。内部の詳しい透視像を得るには1~2カ月かかるが、一度調べておけば、マグマの上下動などは1週間ほどでわかるという。 この成果を噴火予知に役立てたいとの事らしい。

大きな火山を抜けてくるミュー粒子線どうやって小さな記録装置に集めるのかは記載されていないが、記録装置に入るミュー粒子線の入射角度を知る方法があれば確かに可能だろう?それにミュー粒子線と相互作用する物質を記録装置に使うとしてそれは一体何なの?とも思う。

まあ、どうやったかは解らないけれども素晴らしい研究成果だろうと思う。
今後は地球内部の構造を画像化するとか(観測地点に対して円錐形のデータしか取れないだろうから、地球上の複数の地点で観測するのだろう?)、もっと果てしなく解像度とコントラストが上がって断層を見れるようになると地震予測なんかも出来るかも知れない。(まあ、これは火山の写真から推測するに果てしなく遠い気はするけれども・・・)

あまりに技術が高度化すると我々のような一般人には解り辛いものになってしまって、”一体何の研究をしてるやら?詰まんないものにお金を使ってるんじゃないよ!”と言う意見も山ほど耳にするけれども、こう言う一般人にも解り易い成果は大歓迎ですよね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

脳も慣れると省エネになるのか?

asahi.comのサイエンス欄に(またか?)「長期学習者は英語を省エネ脳で理解 文法中枢調べ判明」
http://www.asahi.com/science/update/1106/TKY200811060084.html
と言う記事があった。最近、新聞ネタが多くて、これも如何なものか?と思うけれどもこの手のネタは大好きなのだ。

「東京大、宮城学院女子大などのグループが英語を学ぶ際に重要な働きをする脳の部位を突き止め、英語の学習期間が1年以上6年未満の短期習得者と、6年以上学習を続けている長期習得者の左脳前部の「文法中枢」と「文章理解の中枢」と呼ばれる部位の活動性を調べた結果、短期習得者は文法中枢の活動が盛んな人ほど成績がよく、長期習得者は逆に活動が低いほど成績がよかった。 つまり、短期習得者は英文を理解するために文法中枢に蓄えた知識を総動員しなければならないが、長期習得者は文章を理解する回路がすでにできあがりスムーズに思い出せるようになっていることがわかった。熟練により英語力が定着すると、省エネ型の脳になるらしい。」(要約しました。)

どんな学習でも、それこそ頭を使うものでも、体を使うものでも、思考を繰り返すとか、運動を繰り返すとかして脳がそれを覚えてしまうまでは、確かに異様に労力を使う。でも、一度覚えてしまえば後は自然と簡単に出来る。それは誰でも身に覚えがあるだろう。体を使って覚えるものは、覚える時に活動性を上げれば、身体疲労や筋肉疲労と言った症状が出て解りやすいが、よく言われる勉強疲れみたいなものも脳の活動性を上げた後の身体の一部としての脳の疲労だった、と解釈して良いのだろう?

”頭を使うとお腹が減る”が証明されたような気分だ♪

でも、中学生の時から、今まで英語を学習していると言えば、学習しているので長期習得者の内に入るのかも知れないが、スムーズかと言われれば些か心もとない。長期に学習しても、ちゃんと習得してないと省エネにはならないと言う意味なんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

ジュラシックパークはもうすぐ?

asahi.comに「マンモス復活に道?凍結死体マウスからクローン誕生」http://www.asahi.com/science/update/1104/OSK200811040010.html
なんて記事が載っていた。
「理化学研究所発生・再生科学総合研究センターのチームが16年間マイナス20度で凍結保存されていたマウスから核を取り出し生きたマウスの卵子に移植してクローン胚を作り、クローン胚から胚性幹(ES)細胞を作成。そこからまた核を取り出して卵子に移植して作った119個のクローン胚をマウスの子宮に戻すと、4匹のクローンマウスが生まれた。この技術により永久凍土から発掘されるマンモスなどの絶滅動物を復活させる可能性を示す。」とある。(要約しました。)

映画では、恐竜の血を吸った蚊が樹液に捕まって琥珀になったものから核を取り出していたが、永久凍土の中からもっと他の絶滅動物が見つかればそれも行けるかも知れない。
残念ながら、一番近い氷河期前の絶滅動物は、永久凍土自体が存在してなかった事も考えられるので無理かも知れないが、何だかワクワクして来ました。

でも、もうちょっと高温冷凍保存の実証が要るかも知れませんね。それに、本当に恐竜とかを復活されてしまうと、映画宜しく迷惑この上ないのですけどね・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

デジタル一眼カメラブームか?

先日、紅葉狩りツーリング?に行った時、連休の中日であったのと雲一つ無い青空が広がっていたためか、凄い数の人がそれこそ奥多摩中に散存していた。バイクに復帰してから行くようになった奥多摩周遊道も柳沢峠に至る丹波川沿いの道も車が止められるところは、その殆どに入れなくて並ぶ車が道を塞いでいた。否応無くスピードを落とされる中、見回すと多くの人たちが美しい紅葉を写真に残そうとデジタル一眼レフカメラを構えている。
自分のNikon FEの頃のブーム、AFが当たり前になった頃のブーム、そしてデジタル一眼レフが手の届く値段になった昨今のブームがあった。子供が成長してしまうとか、重くて持ち歩かなくなる=熱意が冷めるとか、幾らハイパワーになったPCでも重くて扱いにくい画像が山になるとか、まあ、何かしらの理由で多分またブームも去るだろう?先日の奥多摩のデジタル一眼を持って、撮影ポイントに列をなすような光景は多分もう見られない。

僕のブログに載せている画像は、au W32Hの130万画素のカメラで撮った代物である。このカメラ、結構優れもので露出補正と明るさを構図で考えるくらいは必要だが、景色だろうが、人物だろうが、夜景だろうが、室内だろうが、マクロだろうが、逆光だろうがシャッターを押すだけで何となく様になってしまう。しかも、電話も出来るし、メールも出来る、インターネットにも繋がるし、電車に乗れて買い物も出来る、さらに軽くて小さい。
電池も元気だし特にこの携帯に不満はないのだけれども、シンプルプランを考えて携帯を替える予定にした。新しい携帯電話のカメラは800万画素である。画素が多くてレンズの開口経が小さいと感度が足りなくなるためコントラストが落ちて色調が出ない心配はあるけれども、駄目なら解像度を下げて撮ればいい。きっと何とかなるだろう?

これまで僕の知る限り3度の一眼レフブームがあった。何度でもブームが呼び起こされるのには、それなりに理由があるのだろう?
多分、プロが作り出す映像マジックは誰でも憧れるのだろう?
最初は自動露出、次はオートフォーカス、今度はデジタル画像処理による色調。
前の二つは、プロに届くには足りなかった。でも今度のは違う。これまでプロにしか成し得なかったプロの由縁たる色調までデジタル一眼レフカメラは実現してしまった。あとプロに残されたプロにしか出来ないことは何だろうか?多分、場所とタイミング、撮影に掛ける時間だろうか?これだけは絶対素人には真似できない。プロがプロたる由縁を発揮しつづける限り、アマチュアはカメラに失望しブームは終わりを告げる。

カメラメーカは、次にどんな技術的ブレイクスルーを設けるのか楽しみであるが、僕にはデジタル一眼レフカメラで培われた技術のお零れで高機能になった携帯のカメラで十分だな♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

懐かしいコンピュータと新しいスパコン

NIKKEI NET IT+PLUSに”コンピューターの歴史に日本は名を残せるか”と言う記事が載っていた。
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMIT38000030102008&cp=1

シリコンバレーにあるコンピューター歴史博物館の展示物の中に富士通が開発したスパコン(下の引用文を参照)が展示物として寄贈されたニュースなのであるが、ENIACの写真やら、Apple-1の写真、IBMの360、DECのPDP-8など、講義で登場したコンピュータの写真が目白押しです。

「富士通が、日本の旧科学技術庁航空宇宙技術研究所(NAL、現在は、宇宙開発事業団などと統合され独立行政法人宇宙航空研究開発機構となっている。)と共同開発した数値風洞システム(Numerical Wind Tunnel: NWT)や富士通のスパコン「VPP」シリーズ用に開発したプロセッサーなどを寄贈したのである。数値風洞システムは航空機の機体周辺の空気の流れを計算するもので、1993年から95年の3年間、世界一の処理スピードを記録した。」(記事から引用)

でも、当時のスパコン、クレイ社のCDC6600の演算スピードは、300MegaFLOPS程度です。それでも当時の世界最速で驚きのスピードだった訳ですが、2010年完成予定の神戸の理化学研究所で開発中のスパコンは、理論ピーク性能 10PetaFLOPS memory0.75PetaByte 45nm processing technology 光通信 光スイッチ 消費電力35MW
 設置延べ面積10,000平方mです。

一体そんなもの何に使うんだ?
と思えますが、生命・人体シュミレーションに使うそうです。
ペタフロップス超級のスパコンを待ち望んでいる分野は、デジタルエンジニアリング、ナノマシン開発、核融合、生体分子ネットワーク、人間系全体解析、血流解析、発病メカニズム、分子構造解析、創薬における結合能解析、マントル対流、地球の誕生、銀河の形成、宇宙の誕生、都市環境設計、地域防災、地震動予測、噴火予測、気候変動予測、溶岩流シュミレーション等だそうです。(理化学研究所 姫野龍太郎氏の講演から引用)
ペタコンともなると、何だか急にスケールがミクロとマクロの両側に突っ走っていくような感じになります。

成果が現実のものとなるのは、5年後や10年後かも知れませんが、スケールの桁が足りなくて解明できなかった事象が次々と解明されていくような予感はあります。
もっとも、10年後にはエクサ級のスパコンとか言ってるかも知れませんが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

ちょっとだけ解ったような気がする190/55

9月の末に履き替えたPilot Power 2CT 190/55だけれども、フロントヘビー過ぎて上手く乗れなかった。
昨日は、リアのイニシャルを抜いて見たがやはりフロントが重すぎ。
リアの車高調整をしたら190/55にした意味も無いし、リンクパーツも買わなくちゃいけない。
仕方ないので、フロントにちょっとだけイニシャルを増やしてみた。
でも、まだ重い。
最後の手段、とばかりにちょっと乗り方を変えてみた。
929にPilot Powerを履いてからずっとフロント荷重で乗っていたのだけれども、ちょっとだけリア荷重にしてリアでステアを切るような感じにしてみた。
多摩周遊道では上手く行かなかったが、柳沢峠の往復では段々上手く行くようになってきた。(でも、まだまだだな。)
ヒップアップしたお陰で、ステップまでのバンク角が増えたのは良いけれども、路面にカントが付いてないところでこれ以上寝かしたら転びそうだよね。
奥多摩周遊道は、殆どカントが付いているけれども、あそこで転ぶと死にそうだからなあ。
昨日はやっとタイヤの端まで接地したけれども、ちょっと膝を出したら擦りそうなほど寝てる。
一人だし、公道だし、いい年だし、ねえ?
来週クラブツーリングなので、もし行けたら、また練習しようっと♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »