« いい夫婦の日 | トップページ | 生命倫理と生物の性 »

2008年11月27日 (木)

「何もしない人の分を何で私が払う」医療費巡る麻生首相の発言について思う

asahi.comに「何もしない人の分を何で私が払う」医療費巡り麻生首相 と言う記事が載っていた。
http://www.asahi.com/politics/update/1127/TKY200811260392.html
全文を載せてしまうと
 「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」。麻生首相が20日の経済財政諮問会議で、こんな発言をしていたことが、26日に公開された議事要旨で明らかになった。自らの健康管理を誇ったうえで、病気予防の重要性を訴えたものだが、保険料で支え合う医療制度の理念を軽視していると受け取られかねない発言だ。

 首相は社会保障費の効率化の議論の中で「67、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらかかっている者がいる。学生時代はとても元気だったが、今になるとこちら(首相)の方がはるかに医療費がかかってない」と指摘。自ら日課にしている朝の散歩が役立っているとしたうえで、「私の方が税金は払っている。努力して健康を保った人には、何かしてくれるというインセンティブがないといけない」と強調した。

と言うことだそうである。

医療費はもともと互助精神で集められている。かの自己責任の国でも日本の医療費制度を取り入れようか?なんてことも話題になった時期があった。
確かに、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人」がアルコール性肝硬変だとか、糖尿病の一種や、心臓病にかかって途方も無い医療費を使う傾向にあるようだ。
でも、「努力して健康を保った人には、何かしてくれるというインセンティブがないといけない」はどうだろうか?互助精神は、”困った時に助け合う”のだ。誰も本来自ら困った状況になろうとは思っていない。
”健康は金では買えない”と言うけれども、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人」は最終的に病気になってペナルティを受けているのだ。

保険制度なら、例えば自動車保険のように事故を起こせば保険料が上がり、無事故なら安くなる、でも保証は同じである。麻生首相が言っていることは、この考え方に近いですよね?現在収入に合わせて保険料が徴収されるが、幾ら使おうと保険料は収入に合わせてのものになる。
実際には、病気をすると収入が減る人が多いので、逆に徴収される保険料は下がります。下手をすると生活保護まで行く。
それこそ「たらたら飲んで、食べて、何もしない人」が社会のお荷物になってしまうような図になる。実際にそう言う状況は多いのだろう?社会保障費を使われ方を統計で見ると、麻生首相があんな風に言いたくなる気持ちも解る。

だからと言って自動車保険のような制度にしてしまったら、病気になって収入が減り、保険料が高くなって払えなくなり医療も受けられない、と言うことになるだろう?
互助を受けると言う意味からすれば、”みんなの医療費を私が大量に使ってしまって申し訳ない"ぐらいの気持ちは必要かも知れない。
医療費払ってんだから、”使わなきゃ損だよ!”は互助の精神からは遠い。実際に自制の聞かない生活を送って病気になってきた人は、横柄で”払った医療費以上を使ってやったぞ!”と自慢気味に言う人が多いのだ。そう言う意味では、首相の言いたいことも解らないではない。唯、自らの貢献を自慢気味に諮問会議で発言するのは如何なものかな?と思う。

医療費は高いと思われている。
高騰する医療費を保険料では賄いきれない。
医療費抑制のため保険点数を削ったら医療崩壊になってしまった。
高齢化が進んで医療費は増える一方である。
老人一人当りの年間医療費の平均が軽く100万円を超える。
寝たきり老人と言われるような人々が幸せな老後とはどうしても思えない。

ここは一つ、麻生首相の言葉のほんのちょっとを汲み取ってあげて、”将来病気になると言う高いペナルティを受けないために、防げる病気で医療費を食いつぶさないように、また仮に病気になってしまった時に高度な医療を受けられるように、生活に気を使い健康を保ち幸せな老後にしましょう!”と言ってみるのも良いかも知れない。

|

« いい夫婦の日 | トップページ | 生命倫理と生物の性 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

麻生首相の言いたいことをすごく分かりやすくまとめてあってかつ的を得た文ですね。
麻生首相の言い方だと聞き方によっては周りに誤解を与えかねない言い方だから
ああいう風に騒がれるんだろうなーと思います。

高齢者が疾患にかかりやすいのは病院関係者として実際見てきているし
だからといって「何でそんな人のために保険料高く払うことになるの?」
とは思いません。
現に私も24歳で入院したりして、
人間いつ病気になるかなんて誰にも分からないんだから
フロさんの言う通り助け合いの精神が必要だと思います。
だけど全部が全部の疾患の医療費を
税金でまかなうというのもかなり大変な話だから
高齢者は医療費の負担が他の若い国民の肩にかかるのを理解して
生活習慣でなるような病気になるのを防止する姿勢を持ってくれればいいな、
その上で病院にかかってくれるといいなぁ思います。
フロさんの意見にさんせーい。

投稿: hanaぽん | 2008年11月28日 (金) 17時30分

今朝のニュースで見ました。いつも問題発言の人ですね。言い方が悪いというか、悪すぎます。
本人は、健康に気をつけようと言いたかったらしいですが、言葉が足りませんでしたね。
わたしは、どちらかと言うと「何もしない人」に近いので大きなことは言えません。ただ、現在病気と闘っている人の感情も理解してあげて欲しいもんです。
健康だとご褒美がもらえるシステムだといいですね。お金でなく。

投稿: 凸凹2008 | 2008年11月28日 (金) 17時43分

hanaぽんさん

ご賛同有り難う御座います。
麻生さんを弁護しようとは思わないんだけれども、麻生さんの言った事は、現在の医療を取り巻く現状を言い当ててはいるかな?と。
実際、平均寿命が80歳くらいなのに90歳を越える人は極端に少なくなると言うのは、80歳前後でみんな病気になって亡くなって行くと言う意味でしょう?それは、仕方の無いことなのだけれども、せめてそれまでは元気に老後を楽しんで欲しいな、と。それが結果として医療費抑制に繋がるのなら皆ハッピーかな?とね。
そのくらいに考えていました。
hanaぽんさんは、無事に元気な赤ちゃんを産んでね♪そうすればみんなハッピーだからさ。

投稿: フロの飼主 | 2008年11月28日 (金) 19時09分

凸凹2008 さん

麻生さんも二世議員だったか?と思いますが、だとすると二世議員の悪いと言われているところを見ているような気はしますね。しかも懲りない。(笑)
長生きのご褒美と言えば、お婆ちゃんが市から米寿のお祝いとか貰ってましたね。お婆ちゃんは亡くなる間際まで元気だった・・・
出来れば死ぬ間際まで、動ける体で居たいものだな、と思いますよ。

投稿: フロの飼主 | 2008年11月28日 (金) 19時15分

フロの飼主さんへ

あー…言うのを忘れてた…
御無沙汰しています

あー…耳が痛いやっ
私…高額な医療を使わせて頂いている身だった
ありがとうございます


で、フロの飼主さんの意見はそうねぃ
うん、流石な意見です

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2008年12月 4日 (木) 01時07分

(゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 さん

ニャンポコさんのは、気を使って何とかなるようなものじゃないし、むしろそう言った人たちが健康を取り戻す手助けをするための保険なのだから、良いんじゃない?
傲慢な爺さん婆さんは、実は結構要るんですよ。他の患者さんの迷惑なんか気にしない人達がね、麻生さんの言葉がその人たちを指しているのかは解らないけれども、少なくとも僕は言っちゃいないよ。

ブログの記事なので割とあっさり書いた積りだけど(とてもそうは見えん)、実は根が深い問題なんだよね。(困ったもんだ)

投稿: フロの飼主 | 2008年12月 4日 (木) 21時52分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「何もしない人の分を何で私が払う」医療費巡る麻生首相の発言について思う:

« いい夫婦の日 | トップページ | 生命倫理と生物の性 »