« ホンダ撤退 | トップページ | 踊る者と踊らせる者 »

2008年12月14日 (日)

Keyboard入力が復活しました。

先週始めにマザーボードのBIOSがクラッシュして、BIOSのリカバリをかけて一応PCは立ち上がるようになったのですが、Keyboard入力がほぼ死んでいて10文字タイプするのに2~3分かかるようになってしまっていました。仕事が忙しかったのでほったらかしてあったのですが、金曜で終わったので修理にかかりました。

Gigabyteのサポートサイトに行ったりして散々調べたのですが、何処をどうしても直りません。ノートPCに以前同じような状況になった時のlogが残っていたので、見るとその時はPSポートが駄目で結果的にマザーボード交換をしていたのです。このシステムをまた組みなおすのは、ちょっと気が遠くなりそうだったので、他の方法を探します。

Microsoftのサポートページを眺めていたら、USBの違うポートに差すと現象が収まるような記事がありました。早々やって見ます。

復活しました♪

文章を書くためのPCなのにキー入力が利かないじゃ様になりません。先日のBIOSクラッシュの際にオンボードのUSBポートが壊れてしまっていたようです。

このマザーボードも何時まで持つか解りませんが、何となくヤバイ雰囲気がプンプンになってきました。

新しいの買おうかな?

|

« ホンダ撤退 | トップページ | 踊る者と踊らせる者 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

フロの飼主さんちも Gigabyte ですか。
うちはもう何枚目かの Gigabyte 派でして、今は、Dual BIOS のボードを使ってますが、BIOS のクラッシュは経験なしです。
USB のポートが壊れるなんて珍しいですね。それも中途半端に動くなんて。迷惑な壊れ方ですね。

投稿: 凸凹2008 | 2008年12月15日 (月) 15時09分

凸凹2008さん

内にあるデスクトップは2台とも今Gigabyteが載ってます。どうもUSBポートが壊れたのが先みたいで、その後クラッシュしたようです。Dual BIOSだとリカバリが利くので便利ですよね?といっても役に立ったのは初めてですがね。
USB Keyboardを使ったのは今回が初めてなんですが、そのポートに差すとKeyboardは駄目なんですが、外付けのHDは動きます。訳わかんないですね^^;
USBって結構全部使わないデバイスが多そうですが、Function Keyが山ほど付いてるKeyboardって沢山使うんでしょうね?
まあ、取り合えず一から組みなおさなくて済んでラッキーでした。(笑)

投稿: フロの飼主 | 2008年12月15日 (月) 20時27分

よくわからないけど、おめでとうございます。
お仕事が忙しくて更新しないのか、ブログに飽きて更新しないのか、インフルエンザで更新できないのか、案じてました。
あれね、自分はブログやめようと頻繁に思うくせに、行きつけのとこが止まってると鬼ごっこしてるうちに一人ぼっちになった鬼の子みたいに悲しいのよね。

投稿: 如月 | 2008年12月16日 (火) 21時05分

新しいの、買いましょ(笑)

投稿: エリミ♂ | 2008年12月16日 (火) 22時17分

如月さん

ご心配を掛けましたm(_ _)m

ブログを続けてきて、何か強迫観念に取り付かれたように記事をアップしなけりゃ!と思う不思議な感覚があるけれども、もともとブログは自分自身のためのもの、と割り切ってしまえば無理も必要ないな、と思えます。

以前は、公開日指定でアップできる記事が沢山あったのですが、流石に尽きて来て、こんなもの載せて良いやら?と言うものまで載せてしまいそうですよ。(笑)

さあて、原っぱに最後まで残っているのは誰なんでしょうね?(笑)
2ヶ月ほど音信普通で、last pageと言う記事がアップされていたら、その時は日も暮れて家に帰ったんだと思います。でも、僕はもうちょっと遊んでいる積りです。

投稿: フロの飼主 | 2008年12月16日 (火) 23時32分

エリミ♂ さん

そうですね。新しいのにしようかな?
でも、DOS/Vを始めて買った時の生き残りは、gateway2000のフルタワーケースとマウスだけで中身はそっくり3度ほど新しくなっています。電源に至っては6回換わってます。実はそれ程古くは無いのですよ。ハイパワーを必要としない僕にとっては、壊れなければずっとこのままでしょうね?(笑)

投稿: フロの飼主 | 2008年12月16日 (火) 23時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Keyboard入力が復活しました。:

« ホンダ撤退 | トップページ | 踊る者と踊らせる者 »