« 今時の施工スタイル? | トップページ | ウインドショッピングをしない人は、良い服を買えない »

2009年2月 8日 (日)

本当の幸せって何だと思いますか

骨肉腫全身に 少女は聴衆に問う「本当の幸せって」
http://www.asahi.com/national/update/0131/SEB200901310017.html
http://www.asahi.com/national/update/0131/SEB200901310017_01.html

久しぶりにasahi.comに心温まる記事が載っていた。
何時までアップされている記事なのか解らないので、全文転載してしまいます。(写真は止めて置きます。)

************************************************************************

「みなさん、本当の幸せって何だと思いますか」

 制服姿の中学2年生の少女が、聴衆に問いかけた。

 「それは『今、生きている』ということなんです」

 04年7月2日、福岡県大牟田市で開かれた小中学生らの弁論大会。少女は続けた。

 「生き続けることが、これほど困難で、これほど偉大かと思い知らされました」

 「家族や友達と当たり前のように、毎日を過ごせるということが、どれほど幸せか」

 2カ月半後の9月16日、少女は亡くなった。小学6年で骨肉腫を患い、全身に転移していた。弁論大会で読んだ作文「命を見つめて」の1419文字が残った。

 猿渡瞳さん。13歳だった。   

    ■   ■

 福岡市のピアノ講師、福島由美子さん(56)は06年末、瞳さんのメッセージに出会った。長女が通う高校のPTA行事で、2年半前の弁論大会の録音を聞いた。

 胸に響く言葉の数々に励まされた。公務員だった夫(65)のことで悩んでいた。次々に困難なことが降りかかっていた。

 03年、悪性リンパ腫で胃を摘出。がんは治ったが、軽いうつになった。きまじめな夫だったが、06年春の退職後は急に酒量が増えた。焼酎の一升瓶が1日で空いた。酒を探す夫が部屋のドアを開け閉めする音におびえ、福島さんの体重は2週間で6キロ減った。

 退職から2カ月後に病院に連れて行った。アルコール依存症。医師に「廃人になる」と言われた。泣き崩れると、夫は大声で言った。「酒をやめればいいんだろ」。飲まなくなったが、うつは治っていない。苦しいとき、福島さんは瞳さんが死の2日前に残した言葉を思い起こす。

 「骨はがんに侵されているけど、心はがんに侵されていない。心は自由で幸せ」

 瞳さんを知ったときから思っていた。彼女のメッセージを、苦しんでいる多くの人たちに伝えたい。音楽とともに届ければ、もっと心に響くのではないか――。

 1カ月後、人づてに連絡をとって母親の直美さん(40)に会えた。「作文の朗読にBGMをつけさせてほしい」。喜んで賛成してくれた。瞳さんが好きだった曲を教えてもらって驚いた。一青(ひとと)窈(よう)の「ハナミズキ」。楽譜を手に入れ、練習していた曲だった。

 07年春から音楽仲間と一緒に、生演奏をBGMにした作文の朗読会を開く。昨年11月には、仲間の吹奏楽団が朗読を盛り込んだ演奏会を催した。直美さんも客席にいた。

 瞳さんの作文は全国コンテストで入賞し、闘病生活はドラマや漫画になった。直美さんは講演に招かれるようになった。そのたび、瞳さんの言葉を無我夢中で伝えてきた。涙を流す余裕はなかった。でも、この日は号泣した。

 「今もこんなに多くの人が瞳の思いを伝えてくれている。何て幸せな母親だろう」

 隣に座る福島さんは、そっと直美さんにハンカチを渡した。自分も泣いていた。夫が「死にたい」と繰り返したとき、瞳さんの言葉を自分なりに言い換えて伝えてきた。「生きているだけでいいの」

 夫は最近、小さな笑みで応えてくれることがある。また瞳さんの言葉を思い出す。

 「命さえあれば、必ず前に進んで行けるんです」(金子元希)

************************************************************************

病気になって自分がさして長くは生きられないと知り、それでも生きるために治療をするようになると、生きている事の価値を実感できるのかも知れませんが、猿渡瞳さんのように決して死ぬことに絶望せず、生きていることに感謝しながら明るく生きられる人と、死に至る病気でもないのに欝になって行く人のコントラストは、何を意味するのだろうか?

若い人ゆえに、大人のように変なものを背負い込んでいる訳ではなく、また闘病に係る様々な厄介事を思い描く訳でもなく、短いけれどもこれまで送ってきた人生に胸を張れる者だけに許される特権なのかも知れないが、彼女の発する言葉には、生きている事への達成感が漂う。苦しみを乗越えてきた者だけが言うことが出来るような感動的な言葉の数々は、感動的故に苦しみの大きさも推し量れるように思う。彼女が苦しまなかった筈がないんだ。

骨肉腫は若い人の病気ですが、骨の病気ゆえにかなり痛い筈です。痛みはそれだけで精神を蝕むようです。ですから、彼女が言った「骨はがんに侵されているけど、心はがんに侵されていない。心は自由で幸せ」 と言う言葉は、滅び行く肉体と心とは無縁であるとの彼女の願望だったのだろうか?

2月19日は、僕の知っているひとみちゃんの誕生日です。彼女の命日は12月7日ですが、何度も挫けかけたけれども希望を取り戻し、明るく生き抜いてくれました。少なくともそう言う風に振舞っていた。僕たちは彼女を長生きさせてあげられなかったけれども、彼女の精一杯の明るい笑顔と彼女の生きることへの想いを忘れたりはしない。まさかそれが最後の姿になるとは思わなかったけれども、車椅子からちょっと寂しげに笑顔で手を振る君の姿は忘れない。

|

« 今時の施工スタイル? | トップページ | ウインドショッピングをしない人は、良い服を買えない »

独り言」カテゴリの記事

コメント

神様のいたずらは時として残酷です…。

本当の幸せは・・・そのひとにしか分かりません。

投稿: ドン・キホーテ | 2009年2月 8日 (日) 22時42分

ドン・キホーテさん

生物には何故寿命が設定されたんだろう?と度々思います。
病気は余命と健康を奪うと言う意味で何時も残酷ですが、せめて痛みを伴わないと良いなと思います。
幸せ論はしない事にします。多分一般論としての答えは無い筈ですから・・・

投稿: フロの飼主 | 2009年2月 8日 (日) 23時04分

難しいですね。。。

少なくとも、、、
辛くても、何があっても、生きられる限り生き続けること。

それが、生きられなかった彼女達に対する、
最低限の礼儀だという気がします。

投稿: エリミ♂ | 2009年2月12日 (木) 23時23分

エリミ♂ さん

普通に生活していると、生きている有り難味が感じられないけど、いざ死を予感すると1日がとても貴重なものに思えてきます。同じ1日なんですがね。

僕も心臓にトラブルを抱えていますので、いきなりアップが止まったら、”あっ、死んだな!”と思って貰うようですね。(笑)
今、良く知った同僚が心筋梗塞で生死を彷徨っています。

投稿: フロの飼主 | 2009年2月13日 (金) 00時18分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当の幸せって何だと思いますか:

« 今時の施工スタイル? | トップページ | ウインドショッピングをしない人は、良い服を買えない »