« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月24日 (火)

アメリカの不良債権処理はどうなのかな?

経済アナリストでも経済学の専門家でもなく、大学でちょっと齧ったくらいの人間がこんな事を書くのも如何なものかな?と思うのだけれども、ガイトナー米財務長官は23日に出した金融機関の不良資産処理の方法を読んで心配になった。

日本ではバブル崩壊後、92年95年98年の3回に分けて景気対策を行った。まあ、狙って分けた訳では無いと思うけど。それは、対策して一旦良くなっても直ぐに悪くなるの繰り返しだったから、その都度対策に使う金額も大きくなっていたのを考えると、余程甘く見ていたのだろう?対症療法では根本治療にならず、どうしようも無くなって手術に踏み切ったようにも見える。最終的に不良債権処理が終わってやっと景気が戻ってきた。

アメリカでは、政府と民間投資家が共同で金融機関の不良資産を買い取るらしい。民間投資家の出資額に応じ政府が最大1000億ドル(約9兆7000億円)の公的資金を拠出。保証や低利融資と組み合わせ、5000億―1兆ドルの不良資産を金融システムから分離する枠組みだそうだ。

ヘッジファンドで巨大なバブルを生み出し、全世界を巻き込んで弾けさせたそのヘッジファンドで不良資産処理をするのか?
まあ、毒をもって毒を征するか?(引用が違うだろ?)

嘗て日本がバブル崩壊後の幻想を彷徨った数年間と同じように、その後現実に目覚めてやっと立ち直って来たような歴史を思えば、アメリカは国を挙げて金融バブルの幻想にまだ浸っているのだろうか?

もしかして世界中がまだ幻想の中に居るのであれば、幻想の中に復活を遂げるかも知れない。でも、実体生産が落ち込んでしまっている消費大国アメリカは、金融でお金を膨らませなければ立ち行かない借金大国になってしまっている。
絶対に馬鹿ではないアメリカの主導者達は、余力でもう一度経済を回している間に実体生産の回復を促すような施策を講じるかも知れない。

昨今のアメリカの株価と日本の株価が連動してるのを見るに連れ、日本(いや世界中か?)って、やっぱりアメリカが居ないと立ち行かない国なのね?と思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

見方は色々

世の中に起こる事は大概複雑である。
色々な事が多元的に絡み合って、まあ殆ど意味不明である。
普段それらを一つずつ紐解いてゆくのだが、大体行き詰まる。

キイナの最終回で、アインシュタインを引用して、”生き方には二つ有る。奇跡など何処にも無いと言う生き方、もしくは、あらゆることが奇跡なんだという生き方がある”と言っていたけれど、世の中で起こる事、物は見方次第でどうにでも思える。

良くも悪くも見方次第だ。

まあ確かに、毎日に起こる全ての事が途方も無い奇跡の積み重ねである、と考えれば毎日が感動に包まれたものになろう?
[赤い糸」なんてのも地球に生命が誕生したに等しいくらいに感動的なことかも知れない。

例えば土曜の夜11時ごろに新宿のアルタ前の人込みの中に何年も会っていない友達に会うのなんかは、殆ど奇跡なんだろう?そんな事、たまにはあるもんさ、だから、”ああ、久しぶり!元気か?”で済ませて”じゃあね!”と言えなくもない。それは、事象をどう捉えるかによって違うものだ。(引用が良くないなあ)

多元的な事象は多元的に見る。特に正確に確認しながら解析を進めないと正しく物を言えない場合などは、さらに次元を細かくして見て行く。それは当たり前の事だろうが、ふと一元的に見てみると、一気に事象が繋がる事がある。゛ああ、何だ、そう言う事か♪゛と言った感じに。

逆に、見方を換えられないと袋小路に嵌まるだけだ。

行き詰まったら見方を変えてみる。ウンザリするような問題も、糸口も見つけられないような難問も、見方を変えれば、一つずつ解答を積み上げてゆく楽しみかもしれないし、ワクワクするようなアドベンチャーだったりする「かも?」知れない。

廊下でちょうど話がある人に出会って話をしながら歩いて、数年に一度くらいしか通らない階段を下りた踊り場で、これまた数ヶ月に一度くらいしか会わない知り合いの女性に出くわした。彼女は3月一杯で退職で、年休を取るので職場はこれで最後だと言う。彼女も人事に報告に行った帰りで、この階段は初めて通ったと言う。これをたまには有る事で大したことじゃないと思うか、奇跡だよねと思うか。一応奇跡だと言うことにして、ちゃんと約束したように飲みに誘わなければいけないかな?しっかり、携帯のアドレスと番号も教えられてしまったし。

でも、まあ、だからと言って「赤い糸」が繋がっているようなことは決して無いだろうけどね♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

今年は春が早いかな?

一昨日の埼玉は、日中日向は暑いくらいでした。
2月に静岡で夏日を記録したり、3月半ばに関東で雪が降ったり、春一番が何度も吹いたり(一番と言うのは最初の一回だけか?)、と記憶の中で気温の変動が激しい時は春が早いとあります。
かなりバイアスの効いた個人的な感想ですが、気候が変わる時は変動が大きい、と言うのは正しい気もします。
なので、”今年は春が早いかな?”と勝手に予想してみました。(別にお前が予想しなくてもみんなそう思ってるよ!)

先日書きましたが、クラブのメンバー2人が新しいCBR1000RRに乗るのが待ちきれないから、3月からツーリングをしようと言って10年ぶりくらいに行われたクラブの3月ツーリングが一昨日でした。

いいなあ、こっちは4月半ばまで乗れる当てすらないのに・・・

伊豆スカイラインは気持ち良いだろうな?と思いながら、家を見に行った時に嫁さんの実家の縁側でお茶などすすってましたわ。嫁さん抜きで、嫁さんの両親と3人でお茶をすすりながら日向ぼっこでした。(笑)

結局、往復6kmのバイクライディングでした。後は、あのいい天気の中、職場の一室に篭って文書書きでした。(虚しすぎる・・・)

再来週はもう引越しなので、もう暫らくは峠も温泉も蕎麦もお預けです。(泣)

この調子だと、5月2週目のクラブツーリングまでバイクネタは書けなさそうですね。

何か、今日は、泣き言書いただけだった・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

手放したものが急に良く見えるのは、世の常だけれども

ホンダはきっと、"もったいない事をした”と思っているに違いない。

バルセロナテストのブラウンGPの速さは、本物のようだ。
パフォーマンスのために燃料を軽くしてテストするのは、何時も行われることではあるけれども、2番手のフェラーリのマッサに1秒差を付けるぶっちぎりの1位である。
幾ら燃料に差があっても、レースシュミレーションをしていたフェラーリだって燃料の軽い時は当然あった訳で、レースシュミレーションならあまり三味線を弾いたらシュミレーションにならないので、これは本物だと思える。

今年は、いきなり優勝争いをするかも知れない。

2008年を捨てて開発に熱中していたのだ、経常収支を黒字で終えたホンダにとって、ちょっと手放すのが早すぎたのではないの?と思いたくもなるだろう。

世界一速いと言われる福井社長は、決断も世界一速過ぎたのだろうか?

個人的には、福井社長は大好きなのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

ホンダF1、旧チーム代表ブラウン氏に売却

ホンダF1、旧チーム代表ブラウン氏に売却http://www.asahi.com/sports/update/0306/TKY200903060093.html

 【ロンドン=村上研志】F1からの撤退を決めたホンダは6日、チームのすべての株式をチーム代表だったロス・ブラウン氏に売却したと発表した。伊・フェラーリのF1チームの技術トップとして黄金期を築いたブラウン氏も交渉合意を発表し、チーム名は「ブラウンGP」となることを明らかにした。今季開幕戦のオーストラリアGP(29日決勝)から参戦する計画。

 売却額は明らかにされていない。拠点は従来と同じ英南部のブラックリーに置き、ドライバーもジェンソン・バトン(英)とルーベンス・バリケロ(ブラジル)が引き続き務める。エンジンはメルセデス・ベンツ製で、ホンダはチーム名やエンジンなどから一切消えることになった。

 ホンダの大島裕志常務執行役員は「結果としてこれまで一緒に戦ってきたロス・ブラウン氏に売却することができて、非常にうれしく思っている」とコメントした。

-----------------------------------------------------------------

こんな記事が一般誌に載っていました。

やっぱり噂のあった通りに事が進んだようですね。でもF1通信のこの記事は嫌だなあ・・・

ニック・フライ 「ホンダの発表は近い」 http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51474102.html

ホンダが「うん」と言ったのは、ニック・フライが退いたからなんて噂が流れていますが、「あんた、まだ関わる積りなのか!?」って言いたくなる。

メルセデスエンジンを使うようですが、日本人ファンとしては複雑な決着でしたね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

ライダーオヤジ、脳いきいき?

ライダーオヤジ、脳いきいき 「状況判断力がアップ」http://www.asahi.com/science/update/0304/TKY200903040254.html

ヘルメットの下に脳の血流を調べる特殊な装置をつけて、運転中の脳の働きを調べた。=ヤマハ提供

 ヤマハ発動機と東北大学が4日、「オートバイの運転は中年の脳を活性化する」と発表した。平均年齢46歳のライダー11人に運転中、脳の血流を調べる装置をつけて調べた、同社提供。

 10年以上運転していない元ライダーは、「昔取った杵柄(きねづか)」に頼るように直感で運転しがちだったが、現役ライダーは論理的な状況判断をしていたという。

 実験を監修したのは「脳トレ」で知られる川島隆太教授。元ライダーの川島教授は「再びオートバイに乗るという野望実現の口実ができた」。

-----------------------------------------------------------------

今日のasahi.comにこんな記事が載っていて、

ああ、確かにね、ありそうだ!とか、

ちょっとこのタイトルはどうね?とか、

これ読んでその気になった返り咲きライダーが危ね~んじゃないの?とか

色々感想を持ちました。

川島先生の実験だそうだが、川島先生が元ライダーで返り咲きの口実に実験をしたんじゃね~の?なんて邪推はともあれ、8年ぶりに復帰した時は、あまり良く周りの状況が見えなくておっかなびっくりだったのが、すぐに周りが見え出してペースアップしてきたのを思い浮かべると、確かに呆け防止に一役買っているように思えます。

職場でZXR9Rを乗っていた奴と

「これを読んで、呆け防止に返り咲いたライダーが慣れるまでは事故が増えるんじゃないですか?」

って言う読みも案外ありそうなことだな?とも思います。

まあ、でも返り咲きの言い訳に苦慮している方々には朗報ですよね?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »