« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月28日 (火)

世の中は因果応報じゃないよね

報われない想いは誰しも経験済みだろう?
努力と成果はあまり相関しない。
でも、努力しなければ何の成果も得られない。
良い行いも悪い行いも努力無しには、成果は得られない。
それは遠い過去からずっと変わらない。

天国や地獄と言った死後の世界に夢を託すのも、現世は因果応報じゃないのを知っていたからだ。
全ての宗教が(と言って良いだろう?)、現世の努力を推奨し、信仰を集めるために神の手による死後の世界の応報を歌うのだ。輪廻転生による前世、後世の思想も変わらない。
社会の秩序を守るためには、良い行いと弛まぬ努力が必要だ。
我々は、ある意味騙されているのだ。

我々は、社会秩序の中に生きている。
それがどんなに報われないものでも、秩序のない世界に生きるよりは余程ましだ。
「じゃあ、一度死んでみる?」
残念ながら、こう言うこと自体が因果応報じゃない世界を隠す宗教に騙されている。
残念ながら、死後の世界は存在しない。天国も地獄もないし、生まれ変わることもない。
だから、死ぬことは単に自己を喪失することだ。変な望みは捨てるべきだ。

仮に現在どうしようもなく報われなくとも、我々は生きている。
因果応報じゃない事を嘆くのは、欲するも努力しないそれだ。それでは何の成果も得られない。
嘆いている暇があったら努力するしかない。
死んでしまったらノーチャンスでも、生きていれば偶には報われる。

それで良いじゃないか。
あんまり欲張ると碌なことがないしね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

騒ぎすぎじゃない?

草薙強君の公然わいせつ罪逮捕が騒ぎになっている。
深夜の誰も居ない公園で、酔って騒いでいたのは如何なものかと思うけれども、酔っ払って脱いだくらいのことであろう?
例えば渋谷の駅前の交差点で裸になったとかじゃない。
対応した警察官も警察官で、交番で説教するくらいで十分だろう?わざわざ逮捕するようなことじゃない。
稲垣五郎君の時は灸を据えたほうが良いと思ったが、草薙君のは可哀相に思える。

警察官は、SMAPが嫌いなのだろうか?
確かに10代からチヤホヤされて勘違いしているのではないかと思える節はあるけれども、CM放映を全て中止、番組降板、毎日数時間に及ぶワイドショウ放送は騒ぎすぎだろう?と思える。
きっとその警察官も、”こんなに騒ぎが大きくなるとは思っていなかった”と思っていてくれれば救われるが、”ざまあみろ!”とか思っているようだと世も末だ。そうなると殆ど警察権力の横行になってしまう。

我々の世代では、警察官は町の規範でありある意味先生のような指導者的な立場であった。最近の民事には不介入で事件性があるかないかだけで動く警察には一種違和感を覚えるが、これは社会の寛容性の低さが齎した弊害のようにも思える。昭和の時代までは確かに存在していた”大目に見る”文化がなくなってしまったようにも思える。

志を持つ警察官も続けられなければ、生活していけない。彼らも人であり、多少の間違いもあるし判断のぶれも必ずある。先の”大目に見る”行為も見方や判断が違えばメデイアの槍玉に上がる。メデイアがチマチマどうでも良いようなことで騒ぐから、彼らは保守的になってしまったのではないか?
先の警察官も”大目に見たくとも見れない”ような事情がそこにあったのかも知れない。

ある政治家は、”絶対許さない!”とか息巻いている。その政治家が普段していることの方が余程許しがたいと思えるのだが、それはそれ、自分の事はしっかり棚に上がっている。メデイアに乗った唯の人気取りのパフォーマンスにしか見えない。

実際何処まで脱いでいたのかは解らないが、花見シーズンなんか酔って脱いでいる奴なんか幾らでもいよう?わいせつな行為とかをしていたのなら話は別だが、寝ていただけだろう?それが、公然わいせつ罪か?他にもっと公然わいせつ紛いのことは街中に溢れているであろう?

社会的立場を弁えないで深酒していたのは、説教されてしかるべきかも知れないが、こんな騒ぎの対象となるような事例だろうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

恐怖と欲を制する

何の事やら・・・?
まあ、僕の記事は内容を素直に表していない題が多いですが・・・(笑)

実は、株式投資のことです。

株なんかやってるなんて言うと麻生首相に厭味を言われるかも知れませんが、2月から始めました。多分、日経平均が7,000円を切るなんて27年?ぶりだったと思いますので、これ以上下がることも無かろう?、だったら今買えば取り合えず負けることも無かろう?と言う事で始めてみました。

2ヶ月やってみた感想が、題目の”恐怖と欲を制する”でした。
”もっと下がるんじゃないか”と言う恐怖があると底値を買えません。
また、”もうちょっと上がるのではないか”と思っていると上値を売れません。
つまり、底値を買う勇気と上値を売る自制心が利益を上げるためのコツなんだろう?と理解しました。

株の勉強を始めたのが4年前ですが、頭で解っているのと、実際に売り買いするのは違っていました。データとチャートは強力な判断材料ですが、株価を動かすのは、人の欲のようです。どんなに業績が良い将来性のある会社の株でも株価に反映するとは限りません。レトロスペクティブに見ればデータ通りでも、プロスペクティブに予想が付く訳では無いのです。

はじめた時の目標は、”毎月1%以上の利益確定を目指し、年間で12%の利益確定をする”と言う慎ましいものでした。今のところ何とか目標をクリアしていますが、日経平均が2,000円も上がっているのに確定している利益は可愛いものでした。
売り損ねと買い損ねがその元凶ですが、それは”恐怖と欲”が齎すものだと理解したと言う訳です。まあ、難しいですね。

仕事柄、夜注文を出すので底値も上値も狙いきれない、なんて事情もあるのですが、まあ、言い訳です。

新しいバイクを買うのに、小遣いをチマチマ貯めていては程遠いので、タイミングも良かったので始めたのですが、程遠いのは50歩100歩です。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

もう2年が過ぎていました。

今ちょうど、”あれ?”っと思って最初の記事のタイムスタンプを見たら、2007年4月6日でした。ブログを始めて、もう、丸2年が過ぎていました。

記事数の392が多いのか少ないのか、長いのか短いのかすら解りませんが(何せブログサーフとかし無いので・・・)、本人は”半年くらいで載せる記事が無くなるだろう?”と踏んでました。

途中から、日記的な要素の多い記事が増えたり、ブログ向きでない記事が載るようになったのは、要するに載せる記事がなくなったということ。

Desk Topの独り言ホルダーには、まだ、50ほどのしょうも無い文章が残ってますが、載せられないよなあ・・・

まあ、ボチボチ行きますんで、よろしゅうに♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

久しぶりのバイク掃除

11月以来のバイク掃除をしました。
全部終わって倉庫にしまってカバーを掛けてから、”ああ、しまった、写真撮るのを忘れた”、と思っても既にもう一度引っ張り出す気力はありませんでした。だから、写真無しです。(最も手が油汚れで真っ黒なので、カメラに触れませんでしたけどね^^;)

今日は、今年2回目のクラブツーリングでしたが、片づけが終わらず今回も行けませんでした。流石に荷物ほったらかして行くと、後が怖い・・・(まあ、実際には嫁さんが怖いと言うよりは、気持ち良く出かけたいと言う願望が強いので、自分の中で決まりがつかないうちは出かけられない、と言ったほうが正しいですね。)

所沢の冬は、強風と土ぼこりの季節です。特に旧川越藩の三富と言われる(日本史で習いましたよね?)畑が、強風に巻き上げられて地平線を黄土色に染めます。初めて所沢に来た時に”豪い所に来てしまった”と思いました。隣のトトロでもお風呂に入るシーンで強風で家が揺れていましたが、あんな感じの風が吹きます。お陰で油がついているところは、粘土質の土と混じってこびり付きます。

高圧洗浄機で土ぼこりを落として、ワックスで磨いて行きます。この場合のワックスは、磨くためと言うよりは、油汚れを落とすためです。経験上500円くらいの安いワックスで拭くのが一番油汚れを落とします。

カウルを外して、(施錠の出来るガレージでもあれば、もっと徹底的にばらすのですが、ばらすとトルクレンチとかも要るし、簡単に外れるものだけで良しとします。)油で汚れているところは徹底的にワックスで磨いて行きます。

さて、問題のチェーンですが、洗車場からの帰りにゴリゴリ言ってました。面倒だから交換してしまおうか?とも思いましたが、意を決して掃除することにしました。チェーンは、普通2年で伸びてしまうので、車検の時に交換するのですが、今回ついているチェーンは伸びていなかったので交換していません。(走りが軟弱になって加速でがばっと開けなくなったからなのか、単にチェーンの強度が上がったのか解りませんが、伸びませんでしたね。)

クレ556をたっぷり吹いてから、ウエスで全部拭き取ります。それを2度ほどします。最後に粘着性のチェーンルブを満遍なく吹いて終了です。これやると増量タイプの556が1本無くなります。手間を考えると交換しちゃいたくなりますが、スプロケットとセットで4万円超えますので、先日フロントタイヤとオイル交換で37000円払ってしまってサイフの中身が寂しいので、ここは我慢ですね。

カウルを元に戻して、終了です。実はカウルのネジは六角ソケットですが、18本ありますので、六角レンチでチマチマやってると日が暮れます。なので、このバイク用にラチェットタイプの六角レンチを買ってしまいました。これだけで30分が10分で済みます。バイク屋の社長が生きている時にサッサとクリップタイプ(押し込みながら90°回せば着脱できます。)に付け替えておけば良かったのですが、社長の都合と合わないうちに亡くなられてしまったので、相変わらず六角です。部品は揃っていたのですが、自分でやるかなあ?

全部で5時間掛かってしまいました。あ~疲れた。
来週は、仕事、再来週は実家の方で用があるので帰省です。バイクは綺麗になっても乗る当てがない・・・

今日は、汚いままでも乗ってきたほうが良かったかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

通勤路の桜

Ca3c0118vga

独身の頃、この道を毎日歩いていました。ちょうどフロとトラがいた頃です。

今日、久しぶりにここを通る羽目になって、つい懐かしくて写真を撮りました。

桜が咲くと、やはり春になったな、と思うのは、4月が入学式や新年度だったりと日本ならではの節目だからでしょうか?

日本人の桜に対する根深い感情が世代を超えて受け継がれるのは、ちょうど節目に咲く花だからかも知れません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »