« 病状 | トップページ | 宮沢湖温泉 喜楽里 別邸 »

2009年5月31日 (日)

人の死とは?

先日、介護タクシーなるものを初めて利用しました。寝たきり、もしくは寝ていた方が楽な状態や車椅子での移動に利用されると言います。装備も見てくれも殆ど救急車の乗りなのですが、それ程重症な患者を搬送することがあるのか聞いてみたところ、臓器移植のために空港へ向かうなどの利用で結構羽田や成田まで行く場合があり、そう言うときには救急車並みの装備が必要になるそうです。

5月30日の読売新聞の「臓器移植 描けぬ未来」と言う解説記事で、臓器移植に関する議論を、「誤解、長期脳死、小児の意思」と言う三つの視点から解説していましたが、それぞれに私的な意見や考えらる問題点や危惧を重ねてみようかと思います。

「誤解」これは、主に医療の高度な専門性と医療への不信が齎すものでしょうか?
解らないことへの言い様のない不安は、知れば信用に値するものでも、医療の高度な専門性が知ることへの壁になります。医療だけではありませんが、テクノロジーの高度化は、それに携わらない者の理解を拒絶するほど高度化し過ぎています。医療には、”知らなくても便利に使えれば良い”と言う理屈は通用しない場合が多い。しかし、医療に携わらない者への高度な理解を得るのは、医療を一から教育するようなものです。現実的にそれは不可能ですので、構造的な問題として医療不信はなくなりません。

延命治療の中止
記事の中では、現在改正案の中で幾つかの案が提示されていますが、僅かだが可能性のある意識回復を延命治療の安易な中止でゼロにしてしまうのではないか?、と言ったことが危惧されています。
脳死判定は大変デリケートな問題ですが、現在の判定方法もその道具も不信を払拭するほど高度でもなければ、理解を得られるほど簡単な理屈で動作するようなものでもないと思われます。そもそも脳死判定自体がまだまだ簡単ではないのです。
また、脳死判定をした医師を民事訴訟から守る法律すらありません。
JR福知山線の事故で災害医療にあたった医師たちは、災害医療の基本である「防ぎえる死」を避けるために怪我に応じたタグをつけなければなりませんでした。現場で助かる見込みが無い被災者には、助かる見込みがある被災者を救うためにブラックタグを付けることが義務付けられます。しかし、彼らはブラックタグを付けられた遺族に民事訴訟で訴えられています。これでは、誰もブラックタグを付けられず、災害医療では「防ぎえる死」の山になります。
一度は脳死判定に同意した家族も「十分な説明を受けなかった」と言えば、簡単に民事訴訟が可能です。医療民事訴訟の多くが、医師の説明責任を問うものです。ですから、そう言った危惧があれば、医師たちは誰も脳死判定などしなくなります。
どちらかと言うと延命治療の中止の危惧も当然ですが、誰も脳死判定をしないほうを心配した方が良いのではないか?と思われます。

医療費の自己負担
厚生労働省は包括化の拡大を図っていますが、延命治療は包括化を科せられた医療施設にとっては重荷です。自己負担は健康保険法が盾になってくれるかも知れませんが、転院を強制したり、脳死判定を急ぐことになりはしないでしょうか?医療施設は、感情論を捨てなければ生きていけないほど逼迫しつつあります。

提供の強制
国を挙げての臓器移植推進は、臓器提供の強制と言った家族への新たな社会的イジメを誘発するのではないでしょうか?臓器移植は、個人や家族の意思で行うものですが、社会は往々にして少数意見に対して攻撃的です。社会には、自分がされたら嫌な事を人には平気でする人が大勢居るようです。

「長期脳死」
小児特有の長期脳死
小児の脱髄疾患は所見の割に症状が軽い傾向があるように思われますが、脳死状態にあっても長期に心臓が動きつづける症例が存在するようです。子供に対する親の感情に理屈は通用しません。心臓が動きつづける限り、奇跡を信じる親にどうやって脳死を認めさせるのか?こればかりは不可能に思えます。

植物状態と脳死の判定
脳のダメージは、脳幹を含めた全体に及ぶと直ぐに心肺停止になり脳死と呼ばれる状態になりますが、大脳だけにダメージが起こり脳幹が生きていれば単に意識が無いだけの状態になります。この場合が植物状態と呼ばれますが、意識が戻ることはほぼ奇跡に近い。奇跡は天文学的に確率が低いから奇跡なのです。先の延命措置の中止の項で書いたように、植物状態と脳死の判定は簡単ではありません。増してや小児相手です、尚更デリケートな問題になり、子供の治療を願う親、子供の回復を願う親、無責任に騒ぐメデイア、WHO、法律、医療費抑制、八方から攻められる医療はどう落とし所を見つければ良いのでしょうか?

「小児の意思」
15歳未満子供の民法の遺言能力規定の準用による意思表示能力の欠損
WHOの推奨は、本人の生前の意思表示が不明な場合、家族の同意があれば、いずれの年齢でも提供可能とする方法とされます。脳死を人の死と定義し、確実な脳死判定が可能であるのならば、遺体の埋葬方法を決めるように、家族がその方法を決めるのは既に意志を持たない遺体にとって当然の処遇なのかと思えます。特に15歳未満の意思表示能力とは無関係に思えます。

これらの議論の始めは、今年1月WHOが「臓器移植の自国内完結」を言い出したからです。
先の介護タクシーを利用する臓器移植患者の向かう先は海外です。残念ながら人の命の価値は、国によって異なります。日本であっても死亡時の損害賠償金額は違います。遺族の生活を守るために死亡者の経済力に見合った保証を行うのが理由ですが、それは取りも直さず命の価値の差なのです。
主に発展途上国等を中心に臓器提供ビジネスは、高額な値段を持って臓器の売買を行っていると聞きます。世界的に禁止されている人身売買のそれと大きく違わないような状況が報道されているのを見れば、WHOが自国内完結を言い出すのも当然と思えます。しかし、日本では臓器移植法の縛りで自国内完結には程遠い。そのための臓器移植法改正なのでしょう?

これまで攻殻機動隊ネタで、意識とGhost、Ghostと自己の特定、と言った脳機能の消失=自己の消失=人の死と定義するようなことを書いてきました。だから、近年の「脳死は人の死」と言う主張に異論はありません。しかし、何を持って脳死と判断するかにはやはり危惧を感じます。

先の読売新聞の解説では、八方塞で未来を描けないと言っていますが、期限を切って結論を急ぐような事をせず、ワイドショウネタには詰まらないものでしょうが、メデイアでも議論を尽くし、広く民衆の同意を形成した上、上っ面を舐めただけの法改正ではなく、臓器移植に係る全ての人に満足の行く形で進めて欲しいものだな、と思います。

|

« 病状 | トップページ | 宮沢湖温泉 喜楽里 別邸 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

問題が問題だけに、結局誰もが自分の保身に走ってしまうんでしょう。。。
医療関係者の方々は、本当につらい立場だと思います。

そういう自分も、どこかで役に立てばと臓器提供カードに記入しましたが、未だに提出できていません。。。
自分に甘いんです(汗)

投稿: エリミ♂ | 2009年6月 2日 (火) 22時46分

エリミ♂ さんへ

臓器移植しか助かる道の無い子を持つ親からすれば、法律を作らせるのが早道、また、当り障りの無い方法なのでしょうね?

臓器提供カードは、自信を持って出せる人が出せば良いと思うので、不安がある人は無理をして自分を追い込んじゃ駄目ですよ。
臓器提供は、強制じゃないのですし、強制的な雰囲気すら作らせちゃ不味い、と思ってますし、自分はカードすら貰おうと思ってません。(使えそうな臓器も残ってないし・・・笑)

投稿: フロの飼主 | 2009年6月 3日 (水) 01時20分

フロの飼主さんへ

私は5日間、植物人間になりました。
医師達も両親を呼んで『覚悟をしてください』と言ったそうです。

私は大学生の時にドナーカードに全ての臓器を提供する旨を書いたのを今でも持っています。

でも難病を発病し、投薬治療しているので今私が死んでも臓器を提供すら出来ません。

ブラックタグ…医師でなくとも付けるのは嫌でしょうねぇ…
死刑執行役が数人で行うようにブラックタグも付けた人が分からない様な仕組みにしないと助かる人も助からなくなってしまいますよねぇ…

人の死は本当に難しい問題で、きっと答えなんか出せないでしょうねぇ…

そんな答えを出さなくてもいいように医学がもっと進歩してくれることを願いたいです

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2009年6月 4日 (木) 00時16分

(゜ω゜ )ニャンポコー2等兵さんへ

災害医療をやっている人達は、災害現場でのトリアージ(治療・搬送に優先順位を付ける)に民事訴訟を受けないような法整備を目指しているとの話を聞いたことがあります。
知り合いの救急医は、現状では「ブラックタグは付けられない」と言っています。訴訟で仮に負けなくても、訴訟に係るだけで2~3年は仕事にならなくなるそうですので、スタッフが一人減るのと同じ意味になるそうです。

医学は随分進歩したけれども、そんな答えを出すには、まだまだ程遠そうですよ・・・

(゜ω゜ )ニャンポコー2等兵さん、脳に障害も出ずに意識が戻って良かったね。

ドナーカードは、僕の一存で決めると家族が面倒な事に巻き込まれそうなので、それこそ家族内の同意が必要かな?と思ってます。

簡単に決められない問題ですよね?

この記事は、書いたけど、載せるのを随分躊躇ったのですよ。
ツーリングも行けなくて、軽い記事が書けないので載せてしまいました。(しょうもな!)

投稿: フロの飼主 | 2009年6月 4日 (木) 00時46分

フロの飼主さんへ

私は脳に障害が出る程の脳みそが無いから障害も出なかったようです。
でもしっかり内臓の肺には障害が出てしまって…4分の1は委縮して機能していません。
でも肺は機能しなくなっても残りが機能しているので大丈夫と医師が言っていました。
リバびりを頑張ったので実際、肺も不便は感じていません。


そうですねぇ…ツーリングに行けないのは悶々としますね。

こういった問題提議ってフロの飼主さんならではで、有難いと私は思ってますよぉ~
医療関係の問題って、あまり知り得ない情報なので。

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2009年6月 4日 (木) 08時03分

(゜ω゜ )ニャンポコー2等兵さんへ

脳機能は受験勉強が出来るか出来ないかではありませんので、大丈夫!(゜ω゜ )ニャンポコー2等兵さんの脳は、きっと一杯詰まってる。(笑)

日曜日のツーリングは、去年載せた危ない写真を撮ってもらったところで、Pilot Power Oneの皮むきとバランスが変わっている筈のバイクのセッテイングを出しに行きたいところなのですが、どうしようかな?・・・

無記名のブログで無いと絶対載せられない記事が沢山あって、それでもかなり気を使って書いてますが、程ほどにしておきますよ。
でも、ありがとう♪

投稿: フロの飼主 | 2009年6月 4日 (木) 20時05分

この記事へのコメントは終了しました。

« 病状 | トップページ | 宮沢湖温泉 喜楽里 別邸 »