« Break a common sense. | トップページ | 触れ合える心 »

2009年7月 4日 (土)

「解散風、法案スムーズ 政府提出、9割成立へ」って

日経ネットに「解散風、法案スムーズ 政府提出、9割成立へ」って記事
が載っていて、法案提出済みの68本のうち3日までに57本が成立し、成立率は83.8%となっている。民主党が早期の衆院解散に向けた環境整備を狙い、審議に柔軟に応じているためだ、そうだ。
これって、普段成立しないのは、民主党が審議に応じていないだけか、解散を睨んで審議などしてられないから成立させているだけなのか、何れにしても議論などしていない、って事になりはしないか?
議員が出す法案は、基本的にある特定団体の利益供与に繋がることが多いので、国会では、それが広く国民に利益があるかどうかを議論して欲しいのに、解散を睨んで通してしまうと言うのは、義務放棄になるんじゃないだろうか?(まあ、飽くまで個人の意見ではあるけれども・・・)
先日新聞の大見出しに「公約20%引き」なんてものを見つけて、思わず笑ってしまったが、国会議員の義務も総選挙がちらつくと「義務20%引き」とかになるんだろうか?(ちょっと毒を吐きすぎか?笑)

|

« Break a common sense. | トップページ | 触れ合える心 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

フロの飼主さんへ

そうですねぇ…
ここ近年、解散前にはトントン拍子に法案が決まっていますね…
何のためにあれだけ高給取りの議員が何百人もいるのか考えてほしいですよね。
解散前に殆どが決まるのであれば、議会で案件を論議しない議員さんはいらないんじゃない?
いらない議員分の給与を国政予算に回せば赤字は数年で消えるんじゃない?

なーんて私も毒吐き過ぎねぃ(うふふ

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2009年7月 4日 (土) 22時59分

(゜ω゜ )ニャンポコー2等兵さんへ

お互いあんまり毒を吐きすぎると当局に睨まれるよ♪(当局って何処だろう?)

新聞から読み取れる世相には、個人の利益追求主義が氾濫しているように見えいて、民衆の利益の代弁者として票を集める国会議員ですら、個人の利益追求なのか?と思うと悲しくなった。彼らも自分の職を守るために必死なんだろう?
でも、まあ、私服を肥やすためにグレイゾーンに手を染めるのでなければ、それでも良しとするのだろうか?

投稿: フロの飼い主 | 2009年7月 4日 (土) 23時33分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「解散風、法案スムーズ 政府提出、9割成立へ」って:

« Break a common sense. | トップページ | 触れ合える心 »