« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

バンキシャ菊川怜の降板に思う

バンキシャの狙いは、社会の隠された闇にスポットを当てることだろうか?

社会の闇は、我々の想像を超えて深く、彼らのお粗末な取材であっても問題提起として十分意味はあったであろう?と思われる。

悪だくみをする連中は、法律に詳しい場合が多い。巧妙に法律の間隙を縫う悪だくみは、その事件性の低さから警察のご厄介になることは稀である。

バンキシャでは、怪しげな問題をメディアの力に任せて取り上げれば良いのだ。唯の勘違いだと風評被害と言う暴力の原因になるものの、実際に合法と違法のグレイゾーンに踏み込むことも多々あった。

記者が社会の闇に踏み込むことは、場合に拠っては命がけになるし、夕方のニュース番組では取材費も取材に掛けられる日数も限られたものになろう?一時期、取材不足を推測で補う不完全なニュースや証言者の裏の取れていないものを放送してしまう等のでっち上げに近いようなニュースもあったように思う。でもそれは、不完全なリソースの元での志の高い行為であったと好意的に見ることも出来る。

番組の性格上、ともすると、ドロドロした感じになりがちな番組において、”厭味の無い才女”と言った感じの菊川怜という存在が、清涼剤的な役割を果たしていると思っていた。素晴らしいキャスティングだな、と思っていた。

何故降板なのかは、最後まで見ている時間が無かったので知らないが、代役を誰にして、この先どういう方向に向かうのか?
最近切れが感じられない解説陣も含めて、再考が必要なのでは?と思える。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

芝刈り

テラス前の僅かな芝生なのですが、3月に植えて、6月から急激に伸びてきました。

これっぽっちの芝生に電動でも無かろう?と思い、芝用のハサミでちまちま刈っていたのですが、流石に右手が水豆だらけになってしまい、諦めて電動バリカンを買って来ました。

電動芝刈りを買うと決めても、僅かな芝に大げさな芝刈り機は買う気にならず、リョービの一番安い奴を買って来ました。RYOBI バリカン AB-1110 6,980円です。

Ca3c0362xga

手前の柄が赤いのがハサミで縦の握りを横方向の力に変える仕組みで動き、まあそれなりに使えたのですが、あっという間に切れなくなりました。因みに値段はちょうど1,000円。安物買いの何とやら、です^^;

Ca3c0363xga

で、2時間かけて芝刈りした結果です。遠目に見ると綺麗ね♪

でも、これまでの手抜きが明るみにでて、近くで見ると結構悲惨です。

陽が入りて、枯れ葉が目立つ、わが芝生、伸び行く様も、恨めしきかな

(ちゃんと推考しろよ!)

日立の実家の庭の芝生は、これの20~30倍くらいあるのですが、近くで見ても綺麗に芝目が揃って青々としています。内の親父ってば、どんだけ手間かけてるんだろう?

やってみて、初めて判る、苦労かな(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

年代ごとの役割

20代は力を付ける時
30代は実績をあげる時
40代は教育に力を入れる時
50代は管理業務に力を入れる時
60代は次の人生を考える時

当然オーバーラップするのは当たり前ですし、ある意味ずっと力を付ける時でもあります。
でもまあ、大まかに言うとこんな感じかな?と思います。

ここ数年、こんな事を良く口にしています。
こんな薀蓄を垂れるようになると、自分も歳をとったな、と思うのですが、自分はまだ教育に力を入れています。

自分の所属する部署には30名ほどのスタッフがいますが、自らの役割を考えない輩が沢山います。
何もせずに歳をとってしまったけど、特に何も出来ず、実績もあげていない、教育も出来ない、管理も出来ない。
無い無い尽くしでも、歳相応の自尊心だけは持ち合わせていて、若い連中の悪い見本になってしまっている。

人の振り見て我振りを直す輩は良いとして、”ああ、あんなんでもやって行けるんだ?”と楽に走る輩もいる。

以前、恩師の一人に当る人が、

”僕たちが今こうして頑張っているのは、リタイヤしたときに美味しいお酒が飲みたいからだよね♪”

と言っていたけれども、彼らはどんなお酒を飲むんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

カテゴリ「知らない人」

僕は知らない人には興味が湧かない。

芸能人とかは、会ったことも話をしたこともないのでテレビに良く出ている人でも知らない人である。
だから、彼らにはまるで興味が無い。

毎日同じ電車に乗り合わせる人達も同様に興味が無い。
仮に絶世の美人だとしても、僕にとっては知らない人であり、やはり興味の対象にはならない。

このページにコメントをくれる人達も一人を除いて会ったことがなく、基本的には知らない人であるが、何故か「知らない人」のカテゴリに入らない。
それは、ブログ等を読んだり、コメントのやり取りなどで多少なりとも相手を理解しつつあるからだろうか?

話をして、多少なりとも理解して、”興味深い”と思うか思わないかが、「知らない人」のカテゴリに入るか入らないかのボーダーなのだろうか?
見てくれとかの問題は、このカテゴリ分類には無関係なんだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »