« 芝刈り | トップページ | 人生は行き止まりの道じゃない »

2009年9月29日 (火)

バンキシャ菊川怜の降板に思う

バンキシャの狙いは、社会の隠された闇にスポットを当てることだろうか?

社会の闇は、我々の想像を超えて深く、彼らのお粗末な取材であっても問題提起として十分意味はあったであろう?と思われる。

悪だくみをする連中は、法律に詳しい場合が多い。巧妙に法律の間隙を縫う悪だくみは、その事件性の低さから警察のご厄介になることは稀である。

バンキシャでは、怪しげな問題をメディアの力に任せて取り上げれば良いのだ。唯の勘違いだと風評被害と言う暴力の原因になるものの、実際に合法と違法のグレイゾーンに踏み込むことも多々あった。

記者が社会の闇に踏み込むことは、場合に拠っては命がけになるし、夕方のニュース番組では取材費も取材に掛けられる日数も限られたものになろう?一時期、取材不足を推測で補う不完全なニュースや証言者の裏の取れていないものを放送してしまう等のでっち上げに近いようなニュースもあったように思う。でもそれは、不完全なリソースの元での志の高い行為であったと好意的に見ることも出来る。

番組の性格上、ともすると、ドロドロした感じになりがちな番組において、”厭味の無い才女”と言った感じの菊川怜という存在が、清涼剤的な役割を果たしていると思っていた。素晴らしいキャスティングだな、と思っていた。

何故降板なのかは、最後まで見ている時間が無かったので知らないが、代役を誰にして、この先どういう方向に向かうのか?
最近切れが感じられない解説陣も含めて、再考が必要なのでは?と思える。

|

« 芝刈り | トップページ | 人生は行き止まりの道じゃない »

雑談」カテゴリの記事

コメント

やはり女性が一人いるだけで、場が和みますよね。
朝の番組で、真鍋かおりが以外にも的を射たコメントをしていたり。そういう存在って、お堅い番組でなくても必要なんでしょうね。

バンキシャは見てないので分かりませんが、わたしは滝クリがニュースJAPANを降りてしまったのが残念でなりません。(笑)

投稿: 凸凹2008 | 2009年9月29日 (火) 23時55分

凸凹2008さんへ

真鍋かおりが番組のために社会勉強をしているような話を聞いた気がしますが、彼女も見かけだけの馬鹿なおねえちゃんじゃありませんので、的を得たコメントもありなんでしょうね?

逆に解説で売る人達の薄っぺらな解説の方が情けないですね。そんなに多方面に渡って深い知識を持つ筈もないのに、コメントしなければならない状況にも同情しますが・・・

凸凹2008さんは、滝川クリステルさんファンでしたか?(笑)

投稿: フロの飼い主 | 2009年9月30日 (水) 15時56分

はじめまして。
「“厭味の無い才女”といった感じの菊川怜という存在が、清涼剤的な役割を果たしている」
という意見に私も同感です、「清涼剤」という表現は見事だと思います。
私は今回の菊川怜さんの降板をとてもさびしく残念に思っています。
“卒業”ということで理由は最後番組でもハッキリと説明はされませんでした。
テレビ局が不況で広告収入が減り芸能人にかかる経費を削減するためという説もあります。
バンキシャは時にアヤシイネタにつっこんだり誤報問題など不祥事を起こした番組なのですが
そんなに“腹が立つ”とか“もう見ない”という気持ちにはなりませんでした。
なぜならば、やはり菊川怜さんが番組にいたからだと思います。
不器用だけど明るく一生懸命な真面目さ、育ちの良さが清潔感を感じさせ
彼女の天真爛漫で天然で、人なつこい笑顔と愛嬌には悪意が感じられず無垢なイメージとなり
なんだかすべてをチャラに浄化してしまう不思議な感じがあるのです。
局アナに代わりこれから番組の雰囲気がどうなるかはわかりませんが
菊川怜さんのいたバンキシャは存在感が番組を和ませ、笑いもあり面白かったです。

投稿: エレファント | 2009年10月 1日 (木) 03時45分

エレファントさんへ

初めまして。コメント有難う御座います。

菊川怜さんウォッチャーなんですね?♪

高校生の時建築家志望で、東大の建築学科の門の狭さを理解している積りの僕には、そこを卒業してきただけでも賞賛に値すると思いますが、それであのキャラクタです。本当に出来る人は気負いが見られない傾向がありますが、彼女もそうなのでしょう?

彼女が若い頃から(まあ、今でも十分若いですが・・・)お気に入りのタレントさんでしたが、それは今でも変わらない。卒業が何を意味するのか判りませんが、今後の活躍に期待しましょう♪

投稿: フロの飼い主 | 2009年10月 1日 (木) 20時42分

私の住んでいる県では民放が2つしかないので
バンキシャはここ数年見れていません
でも確かにあの番組を見ていた時
結構どぎつい話題を取り上げていても
嫌だな~という気持ちにはなりませんでした。
あまり意識したことはなかったけど
菊川さんっていう存在は大きかったんだなって思います。
凛とした美人だし好きな人です。

投稿: hanaぽん | 2009年10月 2日 (金) 09時53分

hanaぽんさんへ

菊川さん、女性にも人気があると聞いてましたが、hanaぽんも好きでしたか?
hanaぽんさんも、嫌味な才女は沢山見てきただろうけど、良いよね?ああ言う素で面白い女性は、しかも能力抜群♪

しかし、民法2つって、そんな僻地だっけ?(笑)
全部の放送が見られない環境に住んだ事が無いので想像つかんわ♪
旅行先では、一応あるけど、そもそも旅行先でテレビなんて見ないからなあ・・・
お気の毒です♪

投稿: フロの飼い主 | 2009年10月 2日 (金) 19時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンキシャ菊川怜の降板に思う:

« 芝刈り | トップページ | 人生は行き止まりの道じゃない »