« 難問 | トップページ | 小事にこだわるには人生は短すぎる »

2009年10月13日 (火)

八ッ場ダム建設中止と川原湯温泉

以前、川原湯温泉に行った時の事を記事にした。

聖天様露天風呂の登り口にある民宿の大将と女将さん相手の会話に出てきた温泉街がダムに沈むから、移転すると言っていた話は、その八ッ場ダムだったのをつい最近知った。
2003年の話だから、それよりももう随分前に立ち退き交渉が済んで、移転先も決まっていると彼らは仕方ないと言った面持ちで話いていた。

あの辺りは、深くて幅の広い渓谷が続き、山も深い故に人口も多くはなかろう。
造る側からすれは造り易いのだろうか?

自治体は、工場続行の陳情をするらしいが、彼らがダムを最初から望んでいたわけではないだろう?やっとの思いで街が沈むのを受け入れ、不安を抱えながら、転居先での生活設計を立ててきたのだろう?

数十年前の計画が走りつづけるこの国の公共事業のあり方は大いに問われるべきだと思うし、無駄なのであればこれ以上税金をつぎ込むのをやめて欲しいとも思う。でも、この件に数十年振り回された住民の方々には、十分な補償をすべきであろう。事業を進めた場合に掛かる費用からすれば、住民2,000人程度の保証は、厚く保証しても高々知れている。

川原湯温泉を長らく守ってきた、かの民宿の大将や女将さん達は、この中止騒動をどちらの側から見ているのだろうか?

030505006

聖天様露天風呂の奥側の入り口から温泉街を見たところで、ちょうど写真右手で写っていないし、民宿の名前も記憶の奥底から出てこないのだが、聖天様露天風呂の奥側の入り口のちょうど真向かいの民宿であった。無くなってしまう前に必ず行こうと思っていたのだが、今はあの時の大将と女将さんに会いに行ってみたいな、と思う。

|

« 難問 | トップページ | 小事にこだわるには人生は短すぎる »

雑談」カテゴリの記事

コメント

渋川・伊香保からちょっとのところですよね。
あまり遠くないので日帰りでもOKかな。
営業を止めてしまった宿とかもあるんでしょうね。

ダムを作る必要はなくても、住民への補償は当然あるべきだと思いますが、温泉街はそのまま残しても良いんじゃない?って気がします。
ダムが出来ないと何か不都合が?
そこんところが良く分かりません。

投稿: 凸凹2008 | 2009年10月13日 (火) 22時54分

凸凹2008さんへ

ダムに沈むのは温泉街だけではありませんので、まあ、何かとあるのだろう?と思いますよ。
羽田のHUB化問題もそうですが、成田問題はそもそも羽田の滑走路不足と騒音問題だったと思いますが、それはどう解決されたのだろうか?なんて思ったりもします。
国の政策に振り回されている地元の住民にとっては、収まりのつかない問題なのだろう?と思います。
まあ、今までの国土交通省が無茶苦茶だった、と言えばそう言えなくもないのですが、何かこう、国家戦略としての空港整備、新幹線整備、高速道路整備、治水整備であって欲しいな、とは思います。
もうずっと以前から、整備に秩序が感じられない、と感じています。困ったもんですよね?

投稿: フロの飼い主 | 2009年10月13日 (火) 23時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ッ場ダム建設中止と川原湯温泉:

« 難問 | トップページ | 小事にこだわるには人生は短すぎる »