« 起動を待つと言う行為を忘れそうだ | トップページ | もうすぐ »

2010年1月29日 (金)

サリンジャー氏が死去

「ライ麦畑でつかまえて」 米作家サリンジャー氏が死去http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100129STXKE100228012010.html

とNIKKEI.netに出ていました。

「51年、成績不振で退学に追い込まれる高校生を描いた長編「ライ麦畑でつかまえて」を出版。新鮮な口語体で、揺れ動く思春期の少年の視点から大人社会の欺瞞を鋭くえぐった。道徳的保守派からは強い反発を招いたが、日本を含む世界中の若者の圧倒的支持を得て、小説家としての地位を不動にした。」

この短評を逆方向から見れば、この作品が嫌いな高校生と言うのは、既に道徳的保守派だったのだろうか?

何かなあ、釈然としないなあ・・・

まあ、でも、それは別な話。

お悔やみ申し上げます。

ライ麦畑でつかまえて [ ジェローム・デーヴィド・サリンジャー ]

価格:842円
(2016/4/1 00:31時点)
感想(1件)

|

« 起動を待つと言う行為を忘れそうだ | トップページ | もうすぐ »

攻殻機動隊」カテゴリの記事

コメント

若かった頃に読む追悼記事は、知らないお年寄りの話だったのに、最近読む追悼記事は思い出や思い入れのある人ばかりなのがしみじみします。
人生は一度きりなんだと、いろんな事柄が囁きますね。

投稿: 如月 | 2010年1月30日 (土) 07時09分

如月さんへ

そうなんですよ、若い時は、新聞の弔事欄を見ても知らない人ばかりで、自分とは無関係な世界、何処か遠い世界の話だったのですが、最近は知っている人ばかりです。
自分の知識が増えたと言う要素を無視できませんが、若い時遠くに感じた世界が急に身近な世界に感じられるようになってきました。
単に老い先が短くなっただけですかね?(笑)

投稿: フロの飼い主@携帯 | 2010年1月30日 (土) 19時05分

最近、誰が死んでて誰が生きてるのか分からなくなる、自分の頭が怖いです(爆)

えーっと、、、

山崎努はまだ生きてますよね??(汗)

投稿: エリミ♂ | 2010年2月 3日 (水) 21時59分

エリミ♂ さんへ

あはは、エリミさんもボケゆく脳を体感しつつありますか?(笑)

同属、同属♪

山崎努・・・
いや、それ、聞く相手を間違えてるでしょう・・・(汗)

投稿: フロの飼い主 | 2010年2月 3日 (水) 22時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サリンジャー氏が死去:

« 起動を待つと言う行為を忘れそうだ | トップページ | もうすぐ »