« たらればを敢えて言うなら | トップページ | サリンジャー氏が死去 »

2010年1月29日 (金)

起動を待つと言う行為を忘れそうだ

Ca3c0438xga

次男に買ってあげたStudio XPS 8100 Core i7, Windows(R) 7 Home Premium 正規版 (日本語版) 64ビットが来ました。

まあ、いろんなものが速いのですが、

「アプリケーションが立ち上がるのを待つ」

と言う行為を忘れてしまいそうです。

重いExcel2007が一瞬で立ち上がります。

2万行あるファイルの14桁の掛け算の再計算もクリックした途端に終ってました。

Internet Explorerの画面をctl-nで連続で開いて見ましたが、ctl-nを押している間中延々殆ど一瞬で開いてゆきます。

それでもパフォーマンスモニターを見ていてると8画面あるCPU使用率モニターはスパイクノイズのような低いピークが立った位でした。(あんまり、よく見えないだけでしたが・・・)

何だかなあ~。

モニタも23インチで1980*1048とかで夢のように広いし・・・・・

高校一年生の勉強机がこの始末です。

机の上に教科書の1冊もね~じゃね~か?

ああ、因みに、梱包で送られてきたPCは、全部彼にやらせました。

初期設定、ネットワーク設定から、メーラーの設定まで、口は出すけど手は出さない。

まあ、暫くは唯の無駄な投資になりそうな感じです。

ねえ、僕のと交換しないか?

|

« たらればを敢えて言うなら | トップページ | サリンジャー氏が死去 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

わたしなら、迷わず古いのをやって、自分用に新しいのを組み立てるところですが、やさしいんですね。

投稿: 凸凹2008 | 2010年1月30日 (土) 22時19分

凸凹2008さんへ

う~ん、あの嬉しそうな顔を見てたら、とてもとても・・・
彼は先日まで居間においてあるセレロン1.7Ghzメモリ1GByteのマシンの遅さに耐えていたのですよ。
でも、i5で十分でしたね。i7は余計でした。ゲームをしない人にとっては、もしくは数万行あるようなプログラムのコンパイルをするとか、画像処理系の解析をするとか、データマイニングとかをする人でなければ、ど~見ても必要の無いスペックであることは確かなようです。
データベースのマスターファイルを書くとか、音楽データのフィルタリングをする程度の僕の用途では、ペンテアムⅢの2.4GHzメモリ3GByteで十分なのですから、waveファイルのmidi化や、iTuneを動かす程度の彼には無用なスペックでしょうね?(笑)
C++でも入れてやろうかな?

投稿: フロの飼い主 | 2010年1月31日 (日) 00時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 起動を待つと言う行為を忘れそうだ:

« たらればを敢えて言うなら | トップページ | サリンジャー氏が死去 »