« トルシエの負の遺産か? | トップページ | 縁談の仲介の役どころの悪さ »

2010年2月16日 (火)

思えばあまり夢の無い少年だった

幼稚園から小学生の時に家に帰ると誰も居ない家に育った僕は、少年少女百科事典の科学の部を毎日読んでいる変な子供だったらしい。その頃読んだ蒸気機関やガソリンエンジンの構造、水力、火力、地熱、波力、風力、原子力(これは流石にあんまり良く解っていなかったようで、図を描いて説明できない自分が居たことを覚えている)と言った発電装置の構造、果てはジェットエンジンの構造まで、どうやって理解したのか未だに謎だが理解していた。何でジェットエンジンが回り続けるのかだとか、スロットルの理屈だとか、アフターバーナーを焚くと何で推力がドンと上がるのとか理解していた。空気を圧縮する力よりも爆発で空気(当時はそう思っていた)が膨張する力の方が大きいからタービンは回るののだと、だから、爆発点より後方に燃焼室は広がっていて空気の流れを後方に向けなければならない、空気が広がって行く方向にタービンの羽を構成すれば、同軸の吸気口のタービンは空気を圧縮できる、爆発力さえ与え続ければエンジンは回り続けると、当然今ほど高度な理解を伴っていたわけではないけれども解っていた。
でも、だからと言ってエンジニアになりたいと言う発想は無かったようである。単に解ることが楽しかった思い出がある。

中学生の時には、母親に無理やり行かされていた英語の塾と、学校の授業以外に勉強した覚えは一度も無い。進路指導で、”将来何になりたい?”と聞かれて、”特に何も思いつきません”と答えた場面も覚えている。”お父さんのように学校の先生になるか?”と聞かれて、”あんまり面白そうな仕事には見えませんね”と答えて顰蹙もかった。それで、結局何も考えないまま、兄と同じ地元の県立進学校に進んだ。

高校生になって、やっと漠然と建築物に興味を持ち始めて、何となく夢らしいと言えば夢らしい、建築家になって設計をやろうか、と思い始めた。
でも、業界の事を調べれば調べるほど、それはあまり魅力的な職業ではなくなっていった。(インターネットで自由に情報が引き出せる今の時代に調べたのであれば、それほど失望しなかったかも知れないが、当時の書籍に興味をそそるようなものが無かったのだ。)
そして途方にくれた2年生。
昼間は、デッサン力を付ける為に始めた木炭デッサンにどっぷり嵌り、夜はクラッシクギターでタレルガに嵌り、ギターの音が煩い夜中はフロイトの精神分析に嵌り、と高校2年生のときに学業をした覚えが一つも無かった。
3年生になると、大学受験に励む同級生を尻目に認知心理学と進化論にどっぷり嵌り、学校の成績は急降下。担任の先生に”本当に勉強しなくなったな”と言われ、”いいえ、勉強しなくなったのではなくて、最初からしたことが無いのですよ”と言って呆れられた場面を思い出す。自宅に私立図書館を作るのが夢だったその先生は、夢が叶っただろうか?

その後、一応大学受験をした僕は、幾つかの大学の建築学科に合格したが行く気にならず、浪人生活を始めた。(しょうもない奴!)
結局、建築学科以外で冗談で受けて見た今の職業に就いている。当時は、どんな職業かすら知らなかった。ただ、何でも良かったのだ。訳の解らない事をやって見たかった。

飛び込んで見た仕事はさして面白くも無い仕事だったが、転機転機で退屈しない仕事を任されてきたお陰で未だに辞めていない。僕を退屈させなかった教授は在職中に亡くなってしまったので、取り残された今はちょっと退屈しているが、今更他の仕事も出来ないよね?少なくとも子供たちが自分で稼ぐようになるまでは、辞められそうにない。

現在、何処が良いのか解らないけれども僕に連れ添っていてくれる嫁さん、子供を二人、一戸建ての家も手に入れた。稼ぎが良いわけでは無いが、特に暮らしぶりが悪いとも思わない。これが思い描いた人生かと言うと、それはさっぱり解らない。何せ、特に何も思い描いていなかったのだから。

”今後の夢は?”なんて聞かれても、やっぱり答えられない。
漂うように生きてきた人生には、もともと目標も夢も無いんだ。
先日、知り合いが長年の夢を叶えて宇宙飛行士になった。まだ、訓練中だが、遠い宇宙空間がちょっとだけ身近に感じられた。

思えば夢の無い少年だった。明確に、何かになりたい、と言うものが無かった。
子供の頃の夢が叶う人は、努力が報われたのか、ラッキーだったのか僕には解らないけれども、夢を持ったから実現できたのだ。
夢を持たない少年は、未だに夢が持てない。
人生をやり直すことは出来ないが、何か夢でも持たなければ生きる気力が湧かない気もする。
あと何年生きられるか解らないし、例え夢を持ったところで道半ばで終りそうな匂いがプンプンするが、夢を持つことが夢、みたいな変な大人が、夢を持たない少年の成れの果て的に居ても良いかな?なんて思う。

|

« トルシエの負の遺産か? | トップページ | 縁談の仲介の役どころの悪さ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

行間から静かに流れ出してくるフロの飼い主さんの気持ちがせつないんですけど。

投稿: 如月 | 2010年2月16日 (火) 11時13分

フロの飼主さんへ

お久しゅう…

夢かぁ…
私は物凄くささやかなありきたりな夢だったのだけど…
その夢をかなえるのは今の時代はほんの一握りしかできない夢のようです。

まぁ私はその夢の入口にもきっと立てないんだろうなぁ…と思う今日このごろです

投稿: (゜ω゜ )ニャンポコー2等兵 | 2010年2月16日 (火) 19時30分

如月さんへ

行間に感情を込めるような文章が書けるようになったのかと思うと嬉しいですね、と答えておきましょうか?

リタイアした時に美味しいお酒を飲みたいよね、と言う言葉もちょっと重く感じるのは、今凄くうんざりしてるからなんでしょうね。
充電系が壊れて、バッテリーが上がってしまった感じですね。(笑)

投稿: フロの飼い主@携帯 | 2010年2月16日 (火) 20時03分

ニャンポコー二等兵さんへ

どんな夢なのかは解らないけれども持ち続ける事が出来る事が大事なんだろうね?
I wishではなくI hopeのほうでね。

投稿: フロの飼い主@携帯 | 2010年2月16日 (火) 20時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思えばあまり夢の無い少年だった:

« トルシエの負の遺産か? | トップページ | 縁談の仲介の役どころの悪さ »