« 久しぶりのバイクで温泉 | トップページ | 家に5本目のギターが来た »

2010年3月24日 (水)

生き会う

内のお袋の言い方で、粋な感じがする言い方が一つある。(いや、一つなんて言うと臍を曲げられる。)
彼女は、「会う」と言わずに必ず「生き会う」と言う。

末っ子の僕の両親は、もう十分高齢だけれども、その母親も末っ子なので伯父さんたちは、当時働き盛りで、幼い従兄弟達を残して皆戦争に行って帰らなかった。母親は、大好きだった兄達を出征の日に見送って以来、兄弟と生き会うことは無かった。硫黄島やインパールに行った伯父さんたちの遺体は戻らなかったので死んで会う事も無かった。

だからだろうか?
彼女は、久しぶりに人に会うと「生き会えて良かった」と本当に嬉しそうな顔をする。

母親の実家の長男の嫁であった千恵子伯母さんは、何時も、何時もにこやかに微笑んでいる女性だったが、「戦争が終って10年経っても、夜、物音がすると旦那が帰ってきたんじゃないだろうか?と思うことがそっちゅうだった。」と寂しげに笑いながら言っていた。

今、普通に暮らしていると、それこそ今生の別れのような事は実感が無いけれども、「もう帰らないかもしれない」と肉親を見送ったのが今生の別れになった、それが日常的な現実として存在していた時代に生きてきた人には、「生き会う」事は貴重なのだろう?

先日、同級生の結婚式で九州から来ていたhanaと5年ぶり?(いやまだ4年か?)に偶々生き会えた。彼女が抱いていた娘は、幼いときのhanaの写真を彷彿とさせるような顔立ちで、思わず笑ってしまったが、小さな手がやたらと可愛く見える。仕事の合間だった僕には、ゆっくり話す時間も無かったが、見えなくなるまで手を振っていたのは生き会えた実感からだろうか?

僕も歳をとったかな?

|

« 久しぶりのバイクで温泉 | トップページ | 家に5本目のギターが来た »

独り言」カテゴリの記事

コメント

「生き別れる」と言う言葉があるんだから、
「生き会う」もあって良いのでしょうね。
そう言えば、もう2年以上実家に帰ってませんでした。
このまま生き別れになる前に帰った方が良いかも。

投稿: 凸凹2008 | 2010年3月25日 (木) 00時05分

凸凹2008さんへ

親孝行したい時には親はなし、なんて言いますから、思い立った時が帰り時かも知れませんよ。
お前にはまだ早い!なんて言われちゃうかも知れませんけどね♪

投稿: フロの飼い主 | 2010年3月25日 (木) 00時12分

どうも♪ブログに登場させてもらえて感激です~^^
昨日の夜福岡から帰ってきました。

うちの子ずっとフロさんの後ろ姿に向かって手を振ってましたよ。
男の人は苦手なはずなのにね、不思議なものです。
フロさんから「二重なら完璧に君の顔じゃないか」と言われて
やっぱり娘と私似てるんだ~と実感しました。
娘は教官から「ママと同じ学校に来なさい♪」
と言われていました。
もしそうなったらまたそっちに縁が出来そうです(笑)
いつの話になることやらですが^^;

9年も過ごした場所で出会った人達、
大切な縁なのでここで終わりにしたくはないので
また行き会うように計画します♪
その時は娘共々甘いものを(笑)

投稿: hanaぽん | 2010年4月 1日 (木) 13時46分

hanaぽんさんへ

ママと同じ学校に来なさい♪って・・・
それは、その頃にはもう居ないよ♪

娘共々甘いものね、ハイハイ了解しましたよ♪
にしても、不思議と似るもんなんだね?
次、会う時には、喋り倒されそうだな・・・(笑)

投稿: フロの飼い主 | 2010年4月 1日 (木) 22時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生き会う:

« 久しぶりのバイクで温泉 | トップページ | 家に5本目のギターが来た »