« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

タバコvs.アルコール

近年の嫌煙ブームに一言物申す!的に、ちっと書いて見ようかと思います。
そうですね、視点は色々あるけれども、主に健康影響、医療費、経済的な影響あたりから攻めましょうか?
まあ、お酒を良く飲む人は煙草もすう人が多いですが、ここでは話の論点から分けて考えます。
さらっと書きます。

<健康影響>
医学大辞典で、喫煙に関するキーワード、例えば、喫煙、タバコ、ニコチン、タールを入れて検索して見ると
煙草弱視、喫煙者癌、喫煙者の舌白斑〔症〕、急性ニコチン中毒のような病名が上がって来ます。
この他、肺癌、ASO、心筋梗塞、バージャー病、舌癌、咽頭癌、喉頭癌、下咽頭癌、食道癌、胃癌なんかが喫煙が原因である場合があると考えられているような病気ですが、決定的な証拠が挙がっているわけではありません。そもそも他の要因が多くて決定論的に喫煙が原因とされているものは殆ど無い状態です。

でも、アルコールをキーワードにすると
アルコール依存症、アルコール眼振、アルコール幻覚症、アルコール性嫉妬妄想、アルコール〔性〕精神病、アルコールせん(譫)妄、アルコール離脱症候群、アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変、アルコール性肝障害、アルコール性弱視、アルコール性硝子体、アルコール性心筋症、アルコール性神経炎、アルコール性膵炎、アルコール譫妄、アルコール中毒〔症〕、アルコールてんかん、等など臓器障害と神経障害がその原因と考えられるような病名が山のように出て行きます。これらの症状を見て行くと、正しく体に毒が入った時に出る症状と変わりがありません。癌は、発生のベースに炎症があると思われていますので、炎症による臓器障害から癌になって行く可能性も否定できません。

<医療費>
特にアルコールの害は、じわじわ体を蝕む病気ばかりで、症状が出ても直ぐに死にません。しかも一度なると基本治りませんから生きている間ずっと病気と闘い続けなければ行けません。当然健康保険を使うでしょうし、アルコール性障害の患者さんたちには、治療態度の成っていない人がおおいですから、治療成績も上がりづらい。「好きに飲んで食って、好きなだけ医療費使ってんじゃね~よ!」的な連中が多い。
煙草の害は、呼吸器や循環器疾患もありますが、主に癌ですよね。発見されるまでは、特に医療費を使うようなこともありませんし、発見されたら数年で死んで行く人が多いのであんまり医療費も掛かりません。「癌」と聞くと人が変わる人が多いので治療態度も良好な人が多い。

<経済的な影響>
煙草を作っているのは、煙草農家とJTだけですが、アルコールを作っている会社は山のようにあります。煙草のCMは基本的に出来ませんが、アルコールのCMを見ない時間帯はありません。「アルコールのCM禁止」なんて言い出したら、TV業界は堪ったもんじゃないでしょう?
世の中からアルコールに係わる商売を奪ってしまったら、どれだけ多くの失業者が出るでしょうか?
「禁酒法」なんてやったら、第2のアルカポーネが出てくることは間違いないでしょうね。

<まとめ>
受動喫煙やタバコを吸う人のマナーがとやかく言われますが、良く街を見回してください。お酒を飲んで人に迷惑を掛けている人って山のように居ませんか?
酒を飲んでの喧嘩だとか、飲んだくれて暴力を振るう奴とか、飲み潰れて置き引きにあったとか、電車のホームから転落とか、そうそう、一番酷いのは飲酒運転ですね、お酒の係わる失敗談は山のようにあります。
でも、煙草の失敗談なんて聞いたことがありますか?
煙草のマナーなんかより、お酒のマナーの方が余程言われてしかるべきです。飲酒運転なんか、あれだけダイナミックに人に迷惑を掛けています。何せ直接殺してしまうわけですから、これ以上の迷惑はありません。

ねっ?
可笑しいと思いませんか?
僕に言わせると、お酒を造って売っている会社は、毒を作って民衆に売っている会社です。どー贔屓目に見ても社会悪にしか見えません。
あんまり過激なことを言うと、世のアルコール好きに怒られそうですがね♪
あっ、そうそう、お酒を沢山飲む人って、年齢の割りに老けている人が多いんですよ。
「煙草の次はお酒」なんて話もありますから、お酒バッシングが起こって、テレビで「お酒を飲む人と飲まない人の見た目年齢の統計」なんてのを出したらショックでしょうねえ♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年6月15日 (火)

不真面目そうな真面目

「う~ん、ちょっと捻りが足りないなあ♪ちょっと握りを変えて見るとか、季語を入れてみるとかさ♪」
「あ~、それってちっと狭いところ入りすぎじゃない?少しくらい大風呂敷広げて、夢を語っちゃったりしないと見所が無いでしょ?」
「う~ん、もうちょっと重箱の隅を突いて見るとか?ちょっと位掘ったとこ見せないと説得力足りないでしょ?」
「なるほどねえ!素晴らしい!でも、ぜ~んぜん駄目♪」
「え~!間違えちゃったの?ふ~ん、で、何でそうなっちゃったの?」
「やれやれ、しょうがない、やるかあ♪」
「ふむ、困りましたねえ♪まあ、しょうがない。何か考えるとしますか♪」
「え~!そう来るんですか?それって嫌な落としどころだなあ♪」

会話は基本的に冗談を言いながらしか進めない。
冗談を言い合いながらやってはいるが、やってる内容は至極真面目、手抜きはしない。
笑っているから譲って貰えるのかと思ったら、大きな間違い。

間違えると思いっきり茶化すが、決してそのままにはしない。
必ず納得が行くまで修正する、もしくはやり直す。
怒らないけど、何で間違えたのか説明できるまで次は絶対にやらせてはあげない。

面倒臭そうに一応抵抗して見せるけど、やる羽目になるのも予想の範囲。
だから、どのように進めてゆけば何とかなりそうかも既に考えてある。
でもやるからには、いい加減なことだけは絶対しない。

困ったような顔で笑っているが、起こりそうな事態は既にシナリオに織り込み済み。
いや、必ず予想される前後策を準備してからあたる。
シナリオの中で一番嫌な決着から、一番好ましい決着まで想像して置き、なるべく好ましい決着に向かうように努力はする。
でも、最悪のシナリオを下回らなければ良しとする。
もっとも、最悪のシナリオ以下では、うんと言わないけど。

こうやって書き出して見ると、お前って嫌な奴だな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

富士山ぐるっとツーリング

日曜日はクラブツーリングでした。久しぶりに行けた♪

中央道富士山河口湖ICで降りて、御坂道に入ります。

Ca3c0537xga

写真は、峠の茶屋から見た富士山です。露出が下手ね^^;それに良く見たら3Mで撮ってるし。
ここから見る富士山は、何時も綺麗です。この茶屋のところの標高が高いせいか、日差しがあっても涼しく感じます。ここに来る時間は、何時も9時とか10時なので、茶屋に入った事はありませんが、色んなところで紹介されている有名な峠の茶屋だそうです。

トンネルから先は、路線バス以外通行禁止だったので仕方なく戻ります。
この道、狭いのといきなり1速でも半クラ状態のコーナーがあったりで、むちゃむちゃ怖い。前を行く仲間に振り切られてしまったのだけど、後ろを付いてくる3台に、バックミラー越しに”抜いてよ目線”を送っても、絶対に抜きに来てくれません。”くそ~楽しやがって!”
バックミラーとコーナーミラー、タコメータを見ながら進入スピードを合わせてタイトに回り込むコーナーをクリアしてゆきます。後ろに付いている時は、前を走っている人の進入スピードに合わせれば良いので楽チンです。常連メンバーが進入スピードを大きく間違えることも無いですし、みんな必ずマージンを取ってますからラインを大きく外して、膨らんでしまうような事もありません。だから、ペースの合う誰かの後ろを付いて行くのは簡単です。

河口湖の北岸を回って、西湖を抜けます。この区間、名前は知らないのですが、結構楽しいところがあります。乗れている日に来るときっと楽しいんだろうな。この区間を抜けたところに蕎麦屋があって、そこの広い駐車場で何時もは休みます。今日はもう11時だったので、ここで昼食です。この駐車場の脇を下がれる沢の木陰は、夏でも涼しく、沢の水音と相まって気持ちの良い場所です。沢の石を動かすと沢蟹なんか居ます。

この後、139号(富士パノラマライン)から富士山スカイラインに入ります。
富士山の西側から登る富士山スカイラインは、最初の区間がぐるっと180°以上回り込むような中速コーナーが続きます。今日は、ずっと路面が遠い感覚になっていたので、頑張りません。まあ、単にバイクが寝ていないから路面が遠いとも言えますが、こういう風に感じるときは、乗れてないのです。なので普段よりかなりマージンを取って走ります。一応中速域なので転ぶと唯では済みませんので、無理せず行きます。ここを抜けると延々高速域の道になります。下りに入るとまた、中速域のコーナーになりますが、こちらは然程回りこみません。途中、黒いインテグラが林の中に落ちていて、処理に来ていた警察官に睨まれて心が折れてしまったと言う仲間の後ろを付いてゆっくり行きます。僕は、今日は乗れていないので、最初から心は折れてました。(笑)

御殿場に抜け、普段は、ここで昼ごはんですが、今日は出がけにトラブルがあったため行程が遅れたため、そのまま東名で用賀解散でした。

所沢に帰り着いたのはもう5時半。金曜から土曜に掛けて30時間勤務の後、夜中1時過ぎまで評価表を書いていて4時半起きだったので流石に疲れました。

内のクラブは、何時までこんなツーリングを続けるんだろうか?・・・

今日は2度目と言う参加者と初参加者がいて、去年までの常連だけの情け容赦のないペースで走る状況を脱してきました。まだ正式にクラブに入るとは言ってきませんが、もともとクラブの入会も退会も緩いので、幽霊部員みたいな人が沢山います。もうバイクに乗っていないメンバーも退会はしていないので、一昨年の社長(クラブ発足メンバー13人の一人)の葬儀の時には、およそ100名くらいのメンバーが集まりました。

僕ですか?一応、発足メンバーの13人の内の一人です。だからと言って特別扱いも何もありません。そう言う誰かを祭り上げるようなクラブではありませんので、誰もが自由です。でも、千鳥で走るときですら、不慣れなメンバーに気を使わないとそこから列が途切れてしまうようなペースで走るこの一団は、如何なものかな?と思いますが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

頭の形を綺麗に育てるための枕

先日の「頭の形を綺麗に育てる方法」に引き続いて、その枕を考察して見たいと思います。

首の据わっていない乳児の頭を比較的均一な圧力で支えることで、軟らかい頭蓋骨を自重で丸く保つことが出来ると思われます。そのため、材質は乳児の頭の比重より僅かに比重の高いジェル状の物が適しているでしょう。ジェル状の物質を包む材質は、塩化ビニール系の軟らかめのビニールが適しているでしょうか。
枕の形状は、縦30cm横20cm高さ10cm程で、頭側と背側は固め、足側は柔らかめ、左右は頭が乗った時にジェルが避けるスペースを与えるために膨らみやすくするために軟らかくします。
ビニールが破損したときのことを考慮して、ジェルは比較的固体に近い粘度を持つものが適していると思われます。
沈み込む深さは、頭蓋骨の1/3位で十分でしょうか。角度にして120°位埋まっていれば、自重は分散されるはずです。
布団は、枕の高さとほぼ同じ10cmくらいの物を用意します。これにより、頭の重さが首側に乗らず、枕に対して自重を正確に乗せることが出来ると思われます。

ただし、寝返りが打てるようになると窒息の危険がありますから、沈み込みの深さが浅くなるように薄い枕に切り替えます。大体その頃には、縫合も進んで頭蓋骨自体も強度を増してくるので、自重で極端な変形をすることも無いでしょう。また、既に十分頭の丸さが得られているならば、布団だけで枕自体が要らなくなると思われます。頭の形は、丸ければどの角度であっても座りが良くなりますから、適度に向きを変えられるように布団の沈み込みで十分になります。

布団の厚さで乳児の成長をカバー出来るかも知れませんが、基本的には高さ10cmのものと5cmのものを二つセットで使用します。

誰か作って商売をしたいと思われる方が居ましたら、cbr929_euro@yahoo.co.jp フロの飼い主宛てにメールを下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

頭の形を綺麗に育てる方法

人の頭の形は人それぞれ。
日本人らしく丸い頭の人、ゲルマン民族のように前後に長い頭の人、特徴を上げてゆけば切りもない。ただ、そう言った民族差のようなものをここで論ずる気はないですよ。

ゲノムは、自己形成法が書いてあるだけ、と言われます。それは、頭の形一つを観察しても確からしいよね。

子供の頭は母親の産道を抜け易いようにだろうか?頭蓋骨も縫合してなくて柔らかい。自重に丸さを保っていれるほど硬くは無い様子。だから、縫合が進み硬くなるまでの間は、終始向きを変えて丸さを保つようにしないと、自己形成してゆく段階で形が歪んで行くように見えます。

長男や長女は大体頭の形が綺麗に丸い、いや、左右対称と言った方が良いかな。それに比べて、次男や次女とかだと、どちらか一方が絶壁の人が多い。手のかかる長男、長女の相手をしている母親にほったらかされても、いい子に寝てた子が多いんじゃないですかね?始終頭の向きを変えて貰えないから、どちらか一方に傾いて固まってしまうのかも知れません。
三男や三女は、特に一番上が女だと結構左右対称です。女の子の方が赤ちゃんにちょっかいを出すからですかね?

思い当たる人、居ません?

だから、綺麗な頭に育てたいのなら、まだ頭が軟らかいうちに始終頭の向きを変えてあげることです。

ああ、もう一つ重要なことがありました。
成長期に虫歯にしないことです。特に上顎の歯を虫歯にして、歯性上顎洞炎になると左右の上顎洞のサイズがずれて顔が歪んでしまいます。欧米では、「歯の美しさはインテリジェンスの証明」なんて事も言われますので、そう言った意味でも虫歯にしないほうがいいでしょ?

歯の白さを保つのは、食生活が絡みそうだし、あまりに専門外なので・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

極端なペースダウンは戻すのが大変

モチベーションの低下に伴って、極端にペースダウンをしていたら、元に戻せなくなってしまった。

1分30秒で周回するのがベストなペースなのであれば、スローダウンしても1分35秒が限度。
それ以上ペースダウンしてしまうとタイヤやブレーキが冷えて、ペースアップしようにも直ぐに熱が入らなくてペースが上がらない。

今のラップは、およそ2分30秒くらいだろうか?
殆どトラブルを抱えてスロー走行状態である。
ギアが6速にスタックでもしたように、スロットルを開けても加速しない。

だめだこりゃ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »