« 頭の形を綺麗に育てるための枕 | トップページ | 不真面目そうな真面目 »

2010年6月10日 (木)

富士山ぐるっとツーリング

日曜日はクラブツーリングでした。久しぶりに行けた♪

中央道富士山河口湖ICで降りて、御坂道に入ります。

Ca3c0537xga

写真は、峠の茶屋から見た富士山です。露出が下手ね^^;それに良く見たら3Mで撮ってるし。
ここから見る富士山は、何時も綺麗です。この茶屋のところの標高が高いせいか、日差しがあっても涼しく感じます。ここに来る時間は、何時も9時とか10時なので、茶屋に入った事はありませんが、色んなところで紹介されている有名な峠の茶屋だそうです。

トンネルから先は、路線バス以外通行禁止だったので仕方なく戻ります。
この道、狭いのといきなり1速でも半クラ状態のコーナーがあったりで、むちゃむちゃ怖い。前を行く仲間に振り切られてしまったのだけど、後ろを付いてくる3台に、バックミラー越しに”抜いてよ目線”を送っても、絶対に抜きに来てくれません。”くそ~楽しやがって!”
バックミラーとコーナーミラー、タコメータを見ながら進入スピードを合わせてタイトに回り込むコーナーをクリアしてゆきます。後ろに付いている時は、前を走っている人の進入スピードに合わせれば良いので楽チンです。常連メンバーが進入スピードを大きく間違えることも無いですし、みんな必ずマージンを取ってますからラインを大きく外して、膨らんでしまうような事もありません。だから、ペースの合う誰かの後ろを付いて行くのは簡単です。

河口湖の北岸を回って、西湖を抜けます。この区間、名前は知らないのですが、結構楽しいところがあります。乗れている日に来るときっと楽しいんだろうな。この区間を抜けたところに蕎麦屋があって、そこの広い駐車場で何時もは休みます。今日はもう11時だったので、ここで昼食です。この駐車場の脇を下がれる沢の木陰は、夏でも涼しく、沢の水音と相まって気持ちの良い場所です。沢の石を動かすと沢蟹なんか居ます。

この後、139号(富士パノラマライン)から富士山スカイラインに入ります。
富士山の西側から登る富士山スカイラインは、最初の区間がぐるっと180°以上回り込むような中速コーナーが続きます。今日は、ずっと路面が遠い感覚になっていたので、頑張りません。まあ、単にバイクが寝ていないから路面が遠いとも言えますが、こういう風に感じるときは、乗れてないのです。なので普段よりかなりマージンを取って走ります。一応中速域なので転ぶと唯では済みませんので、無理せず行きます。ここを抜けると延々高速域の道になります。下りに入るとまた、中速域のコーナーになりますが、こちらは然程回りこみません。途中、黒いインテグラが林の中に落ちていて、処理に来ていた警察官に睨まれて心が折れてしまったと言う仲間の後ろを付いてゆっくり行きます。僕は、今日は乗れていないので、最初から心は折れてました。(笑)

御殿場に抜け、普段は、ここで昼ごはんですが、今日は出がけにトラブルがあったため行程が遅れたため、そのまま東名で用賀解散でした。

所沢に帰り着いたのはもう5時半。金曜から土曜に掛けて30時間勤務の後、夜中1時過ぎまで評価表を書いていて4時半起きだったので流石に疲れました。

内のクラブは、何時までこんなツーリングを続けるんだろうか?・・・

今日は2度目と言う参加者と初参加者がいて、去年までの常連だけの情け容赦のないペースで走る状況を脱してきました。まだ正式にクラブに入るとは言ってきませんが、もともとクラブの入会も退会も緩いので、幽霊部員みたいな人が沢山います。もうバイクに乗っていないメンバーも退会はしていないので、一昨年の社長(クラブ発足メンバー13人の一人)の葬儀の時には、およそ100名くらいのメンバーが集まりました。

僕ですか?一応、発足メンバーの13人の内の一人です。だからと言って特別扱いも何もありません。そう言う誰かを祭り上げるようなクラブではありませんので、誰もが自由です。でも、千鳥で走るときですら、不慣れなメンバーに気を使わないとそこから列が途切れてしまうようなペースで走るこの一団は、如何なものかな?と思いますが・・・

|

« 頭の形を綺麗に育てるための枕 | トップページ | 不真面目そうな真面目 »

モーターバイク」カテゴリの記事

コメント

富士山行ってきましたかー。
わたしも梅雨に入る前に行こうと思ってます。
もちろんマイペースで。

投稿: 凸凹2008 | 2010年6月11日 (金) 01時10分

凸凹2008さんへ

富士山、気持ち良いですよ♪
そうですね、マイペースが一番です。

とか言っても、直線を開けないだけで、コーナリングスピードは、マイペースの時の方が速いかも知れません^^;

投稿: furoの飼い主 | 2010年6月11日 (金) 20時48分

うーん、バイク画像が無くても様子が目に浮かぶようです。
乗っちゃおうかなあ、XTなら大丈夫かなあ。
少しだけ走りたいなあ。

投稿: 如月 | 2010年6月11日 (金) 21時16分

如月さんへ

一昨年、代車で1ヶ月位借りていた、社長が仕上げたVTR1000SP-1は、今、社長の息子が乗っていますが、Videoカメラがスクリーンの裏側に付いているので、撮ったVideoを見せてあげたいくらいですね。絶対に公開できませんが・・・(笑)

別に赤いバイクでも大丈夫でしょう?

常連が月に一度しか乗らないのにクラブツーリングに来る理由は、その時だけは、走ることだけに集中できるからですよ♪

投稿: furoの飼い主 | 2010年6月11日 (金) 22時50分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山ぐるっとツーリング:

« 頭の形を綺麗に育てるための枕 | トップページ | 不真面目そうな真面目 »