« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

草薙素子と言うキャラクタデザイン

そもそも、アニメのキャラクタについて語ってしまおうとか考えてkeyboardを叩き始めているところで、既にオタクの定義に合致するので如何なものかな?と思います。
現実には存在しないアニメの創作されたキャラクタについて論じること自体に、現実と非現実の混同を見て取れます。それは、極端に狭い領域の知識、特にアニメの中の仔細な事項にまで興味の対象に向け、現実的には無意味な知識を同好の志達のみの中で共有するような行動は、オタク達の行動そのものであるとさえ思えます。のっけからかなり脱線しました。

攻殻機動隊のメインキャラクタと言って良いかも知れませんが、草薙素子と言う女性は、女性的な外見を持つ屈強な公安職員(警察官)として設定されています。
情報戦を戦うためのハッカーとしての能力、スパイ映画の登場人物、例えばジェイソン・ボーンのような自らの能力を緻密に計算する行動原理を持つことは、肉体的な能力よりむしろ重要です。
特に相手の思考を読むような能力や、関連事項を瞬時に結び付けていく判断力はスピードが重要な公安の実行部隊のリーダーと言う役柄の設定には、欠かすことが出来ないのでしょうね?

草薙素子は、僅かな脳を残して生体パーツは残していないようです。「久世英雄」共々、出生のエピソードに全身擬体化が必要であったとは思えませんが、非現実と現実を彷徨い、現実感を追い求める姿を描くとか、人間に対する失望と希望を同時に描くとかには、全身擬体化は必須とも言えます。

電脳は、肉体的な力のないホールデンにハッカーとして大きな力を与えることも出来きます。笑い男には少年らしい正義感がどうしても必要です。だから笑い男は少年であることが必須だけれども、それでは高価な擬体を手に入れることや物量をを得ることは不可能です。だから、ハッカーとしての能力は、一番安上がりな強さなのでしょう。現在の情報戦もコンピュータアーキテクチャに詳しくて、クラッキングツールを書ければ、PC一台からでも情報戦を戦えます。まあ、当然、違法行為であるのと、相手を間違えると生存の危機になるけれども。

草薙素子は、あおい君のようなハッキングテクニックと高価で高性能な擬体の両方を持ちます。登場人物たちの高価な擬体は、軍上がりであることで大方説明が可能でしょう。軍事費は、何時の時代でも、庶民には想像を絶する金額になりますから。

士郎正宗は、近未来の女性型Cyborgを最初にイメージしたのではないだろうか?
社会の闇を知り、正義感が強く、人間の弱さを理解し、孤独に対する耐性を持ち、優しさと同情の違いを理解する。
戦闘能力が高く、勇気があり、思考能力が高く、情報戦も戦える。
そして人間臭い、そう、例えばオネエ的な感情を持ち、粋である。
キャラクタデザインとしての草薙素子は、士郎正宗自らの理想を具現化し、彼の理想的な女性像に重ねたのかも知れません。

そして、そのキャラクタに共感するもの達が、この物語の熱烈な支持者達なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

身近に癌になる人が増えたあ

今日は、学生の時の後輩が肺癌の手術をするというので見舞いに行って来た。

自分の年齢が進んだからと言う訳でもなく、若い人が癌になっているような気がしないでもない。いや、今まで同年代ではないから気にしていなかっただけかな?そういう意味では、自分の年齢が進んだためか?嫌な感じだな。

自分より年下の癌は、結構予後が両極端である。そろそろ心配になってドッグとかで早期発見された連中は、サクッと切って無罪放免だが、症状が出て調べたら癌だった連中は、既に手遅れで、インオペか、切っても転移であっという間に亡くなる。

彼の肺は、CT上は明らかに癌だけど、肺生検はハイリスクのため、切って細胞診をしないと確定しないけど、手術が無事に済んで、顔つきの良い細胞で転移が出ないことを祈りたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

真夏の静寂

手を伸ばせば届きそうなほど太陽が低い

かっと照りつける日差しがじりじりと焦がす

熱せられたものたちが発する喧騒の中で俄かに静かになる

青い空ともくもくと湧き上がる雲

砂浜を偶に渡る海風は幾ばくかの涼しさを感じさせるが雲は全く動かない

繰り返す波音と海水浴の歓声の中で俄かに景色が止まる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

民主党の敗北は、国民が自民党政治に逆戻りしたいのかな?

今日は参議院選挙でした。
池上さんが言うように「税金の使い方を決める人達を選ぶ」日でした。

新聞は、挙って民主党の大敗北を歌っているけれども、民主党はまだ第1党です。自民党は改選前を超えたけれども、雨後の筍のように出来た新党に票が流れただけのようにも見えます。票を貰った新党は、残念ながら11議席を超えているところが無いので、自らの党発の立法は出来ません。だから、彼らは何もしなくても6年間は安泰なんですよね?
でも、第1党が過半数割れをしているので、彼らは与党と野党のどちらに付くかで数が少ないながらも美味しいところは拾えます。

国の借金は、国民一人当たり600万円を超えました。国債を買っているのが殆ど日本の銀行と言う状況を見れば、国民の資産の中に納まっているとも言えますが、ここまで増えると借金が借金を増やし続けます。何か手を打たないといけない状況ではあるでしょう?

衆議院選挙で大勝利した民主党は、税金の無駄を排除するべく、事業仕分けなるものを始めて脚光を浴びました。でも、まだ第1段階を過ぎていないですよね?
第1段階は、そもそも必要のない事業を止めることだったと思います。
第2段階は、必要だけれども国がやるべきかどうか疑問のある事業を仕分けることでしょう?
第3段階は、新しく出てくる事業を必要かどうか判断するのでしょう?
第4段階は、結果の評価です。仕分けの結果止めたけれども、やっぱり必要だよね?と言うこともあると思います。状況は刻々と変わるのだし、景気の問題等で悪い政策が良い政策に思えるときもあります。
第5段階は、2段階から4段階を回す事です。ここまで来て初めて事業仕分けによる無駄の排除が可能です。これこそが、民主党の掲げていた、そして自民党が長年出来なかった「脱官僚政治」なんじゃないでしょうか?

ついこの間、衆議院の選挙があったばかりなのに、もう国政を問うような選挙があります。やたらと選挙ばかりしているように思えます。普段から選挙のことばかり考えているから、政策にも柱が立たない。大きな党になればなるほど、党内に色々な立場の人間を抱えますから、一つの政策だけをとっても立ち位置で言うことも変わるでしょう?例えば、管さんがいきなり消費税率アップなんて言い出したら、政党の中でも困る人は沢山居ることでしょう?実際、今回は内部で総崩れ状態でしたよね?

鳩山さんの時から、総理の発言がぶれていると言い、「我々は、一貫して発言がぶれていない」とか言う野党が居るけれども、普通、何も決めなくて良いときは何でも言えるよね?
消費税率アップは、今後の福祉を考えれば必要なものかも知れないので、次の衆議院で消費税を言い出して負けるより、参議院で言い出した方が傷が浅いと踏んだのか、単に思い付きだったのかは解らないけど、結果は良くなかった。(これまで消費税を持ち出して負けなかった党は無いので、税率アップネタは与党の鬼門ですよね?)

だからと言って、自民党に票が行くのは安直過ぎないか?結果はそんなに直ぐに出ないでしょ?現在政策を難しくしているのだって、自民党の負の遺産のようなものです。まあ、必ずしも自民党だけの責任でもないだろうけど、今回の選挙で自民党が改選前を超えたと言うことは、国民にはまだ自民党の方が良いと思っている人が居ると言うことなんだろうな?

前回の選挙では、これまでの自民党じゃ駄目だ!と言う結果だったんじゃない?自民党の顔ぶれが代わった訳でもないし、お歴々が改心すとも思えない。
スピード化がキーワードにされるような世の中ですが、民主主義は時間のかかる政治形態です。

みんな何でそんなにせっかちなんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

嬉しさ半減の梅雨の晴れ間

今日は、ちょっと雲は出ていますが、晴れて気温も30度近くまで来ました。
溜まった洗濯物やちょっと湿気の多い布団なんか干すのに持って来いの良い天気でした。
自転車で走ると、遠くに見えるアパートのベランダは、色とりどりの布団の花が咲いたようです。
通りは、黒っぽい日傘の行列です。最近、美白ブームの影響だろうか?日傘をさす人が増えたよね。
歩いているとちょっと邪魔だけど。

でも明日は、雨予想です。
先週の日曜も雨だったので、明日は延期になったクラブツーリングの日です。
午前中は曇りで、午後は雨です。
まあ、中止だろうな?
晴れるのは、今日じゃなくて明日だったら良かったのに。

ああ、そう言えば何回か紹介した塩山のフルーツラインにある田口農園から葉書が来ていました。

Ca3c0543xga

どうしようかな?
もう、柳沢峠は通らないと決めたけど、塩山に行こうかな?
どこか良い道は無いかな?
割と無頓着にハイペースで流してしまう僕にとっては、ネズミ捕りをしていれば、例えば前回のようにバスの後ろに着いていてたまたまOKだったなんてことでもなければ、ほぼ100%捕まります。しかもほぼ一発免停。
取締りとか始めるのは大体9時からだから、その前に抜けてしまえばOKか?
ふ~ん、どうしようかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

7月のツーリングは何時も雨で延期

今日は月例のクラブツーリングの予定でした。
西伊豆は、朝から雨、その後曇り、午後からまた雨の予想で当然の如く延期でした。
昨日の夜の内に延期が決定していたので、何時もなら4時45分に起きるのですが、目が覚めたのは9時30分です。

晴れてるじゃん!

でも来週もきっと雨予想で中止になりそうです。クラブツーリングは、降水確率30%以上で延期、翌週も駄目なら中止と決まっています。だから、大体7月は中止になります。

先月のツーリング以来一度も929に火を入れて居なかったので、新しいのを買おうと思っていたエアゲージを買いに行って来ました。

Ca3c0542xga

CB250RSZに乗っていたときに買ったエアゲージは、もう数値が正しく出ません。凡そ0.2~0.3kgf/cm2くらい低く出るようです。軽くて細くて車載工具入れにすっと入って便利だったのですが、ずれていては仕方無いので買うことにしました。

ドライバーズスタンド、バイク用を考えていたのでここに行ったのですが、空気入れとセットの物しかなくて、一つだけあったのはデジタル式です。いやあ、そんな高いもの要らないし、どうせ持ち歩かないので多少ごつくても良いからさ、なんて言いながら車用品売り場に行ったら、普通のが沢山ありました。バイク用品売り場のもそうでしたが、kPa表示のものしかありません。いや、それ換算面倒だし、頭の中kgf/cm2で出来上がっちゃってるし、と言う訳で店員に聞いたら、もうkgf/cm2表示のものはありません、との事です。仕方ないので、多少雑に扱っても壊れなさそうなこれにしました。値段は1,098円です。安い♪

Ca3c0541xga

気圧(kgf/cm2)×98,067/1000 =kPa(パスカル)ですから

2.3 kgf/cm2= 225.5541 kPa
2.4 kgf/cm2= 235.3608 kPa
2.5 kgf/cm2= 245.1675 kPa
2.6 kgf/cm2= 254.9742 kPa
2.7 kgf/cm2= 264.7809 kPa
2.8 kgf/cm2= 274.5876 kPa
2.9 kgf/cm2= 284.3943 kPa

面倒ですね。

大体100掛けて、2%を引けば良いのか。

今年一年使い続ければ、切り替わるかなあ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »