« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

思想誘導を受けやすい環境

Stand Alone Complexの意味の再考と言う記事の中で、
「高度に情報化された社会において、人々は大変沢山の情報に晒されます。そのため、得た情報が何処から仕入れたものなのかを把握しづらくなる傾向が見受けられます。この傾向こそが、Stand Alone Complexと言う社会現象のインフラとなる要素なんじゃないでしょうか?」
と書きましたが、あまりにその環境に慣れてしまった時、人々が情報の出所に注意を払わなくなること自体に一番の杞憂があります。

新聞はどうやって得た情報なのかを必ず載せます。必ず何処の通信社からの情報であるとか、取材した記者名が載っています。情報源を明かせない場合は、情報の裏取りをしたりと、それなりに正しい情報を伝える努力がされています。しかし、ネットに無記名で流れる情報には、それが正しい情報であるかどうかの判断が付かない情報が沢山流れています。あまりに出何処の解らない情報を受け入れ続けていると、それが当たり前のように感じるでしょう。慣れとして情報の出所に注意を払わなくなる事は、正しい情報かどうか確認もせずに鵜呑みにする可能性が高くなる、と言うことです。

仮に多くの人たちが、こういう状態に陥っているのだとすれば、情報操作はいとも簡単です。別段ウイルスを使わなくても思想誘導は可能になるでしょう。これって、過去に戦時下の日本の教育でも行われていたようですが、政府が情報統制を行って誤った情報を与え続けるのであれば、ある意味政府がウイルスを流しているのと同じ意味を持ちます。国民は知らず知らずのうちに政府の思うがままに思想を誘導されてしまう危険があるのです。ですから、誰もが自由に独自の思想に基づく発言をしても許される憲法に歌われる表現の自由は重要です。

政党が沢山あって、教科書を一つとっても議会で侃々諤々する国では、政府の行為としてそう言った杞憂はない。三権も分立していて、行政が主にやらなくては行けない国益にむしろ一致しない思想が幅を利かせて、国として纏まらない。まあ、挙国一致なんて言い始めたら、それこそ軍政下の拙い政権のやることのようだよね。だから、色々な意見が出て行く中で緩く民意を形成するような政治形態が間違ったところには行きづらい。

ちょっと話が脱線しそうだが、あまりに沢山の情報に晒されて情報の信憑性に注意を払わない人々が民意を形成するのであれば、それは民主主義の根底を揺るがしかねない大きな問題です。Stand Alone Complexとして発想される社会現象が、仮に情報操作を受けやすい民衆の起こす現象であるならば、アニメの世界の中のことではなく現代のこととして捉えなければなりません。思想誘導を受けやすい民衆が国を動かしてしまうのであれば、それは間違った方向に行きやすいことを意味します。

このブログに攻殻機動隊ネタの検索で来られる方々も、色々なサイトで書かれていることを鵜呑みにしないことをお勧めします。
えっ?当然このブログもです。(笑)
ああ、それから、時節ゆえに何処かの大国の話を書いているわけでもありません。まあ、日本のように政治的にも宗教的にも安定した国に生まれ育った事は幸運であるとは思いますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

この手の発言も載せるほうも如何なものかな?

東証社長、中国人船長釈放「日本経済は中国依存」 「現実的に解決」 2010/9/24 16:07
 東京証券取引所の斉藤惇社長は24日の定例記者会見で、那覇地検が中国漁船衝突事件で逮捕された中国人船長の釈放を決めたことに関連し「日本人として弱腰でいいのかという気持ちもあるが、現実的に解決しなければならない。釈放ということなら、これで中国も(一連の問題について)ピリオドにしなければおかしい」との見解を述べた。
 斉藤社長は日本の景気回復の背景には中国への輸出拡大があると指摘。日本企業が中国の資源や労働力を活用するなど中国依存度が高い現実も挙げ、「政治的なトラウマにぶつかったら、日本は痛い。強弁に言い合っていても何も生まれない」と語った。〔NQN〕
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381949EE0E6E2EAE28DE0E6E2EBE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

と日経新聞に載っていた。これって足元を見られていると言うことを日本人自身が認めていると言う事だよね。東証社長の発言の影響力を考えれば、純粋に短期的な経済的側面だけから物を言うべきではなかろう?と個人的には思う。

中国の尖閣諸島を巡る強気の発言は、単純に東シナ海での権益に絡むことだけではなく、中国指導者層の権力争いの構図も見え隠れする。温首相って、こんなに対日強硬派だったっけ?と言う疑問も湧くし、中国漁船の無実を証明する証拠などあろう筈も無いのに「海保の船にぶつけられた」とか言ってしまうし、レアメタルを二枚舌で禁輸にしてみたり、邦人拘束を発表してみたり、明らかに国際社会の中で異常な行動を取っている。中国が無闇に強硬な姿勢をとる時は、決まって中国国内の政治の変革が起こる。現在の中国は、著作権や特許を遵守すると言う意味のみについて言えば、発展途上国に置いてありがちなそれらを無視するならず者国家のような国である。これまで、比較的国際法を守る構えであった温首相が倒れて代わりの政権が立つのであれば、それは間違いなく対日強硬派、国際法無視派の台頭が予想されるだろう?

政治的には、日本は経済的な圧力を掛けると政治的な決着は簡単だ、このまま尖閣諸島近辺で領海侵犯を常態化すれば実質中国に物に出来る、と言うような思惑が思いつく。東シナ海ガス田も掘った者勝ちになりそうでもある。文句を言われたら、また強行に出れば良いのだ。そんなこと誰にでも解かることだろう?と思うかもしれないが、日本の著名人が認める発言することに問題があるのだ。解かっていても口には出すなよ!しかも、そんなことを記事で載せるなよ!と言いたくなる。経済的な面だけから見れば、政府に対して「無闇に中国を挑発して経済に悪影響を与えるな!」と言っているのだろう?しかし、日本全体の中長期的な国益から考えれば、中国に対して弱腰を見せるべきではなかろう?と思う。

温首相自ら「中国は発展途上国だ」と言って、近隣色国との軋轢を生んででも権益を得ないと発展できないと言い逃れをするくらいなら、軍事費を抑えれば良い。今現在中国に戦争を仕掛けるような国は存在しない。その中での軍備拡張は、国防とは明らかに目的が異なる。中国指導者層の中に、何かしらの目的を持って軍備拡張に走りたい連中が居るのであろう?そんな中での強硬派台頭は、東アジアの安定にとっては脅威であろう。そちらの方が問題なのだ。

中国指導者層が安定的に経済発展だけを目指すなら、東証社長が言うような経済的側面からの政治的判断も必要かとは思われる。しかし、どうも昨今の中国政局はきな臭い。帝国主義とは、一党独裁の軍事国家を言うのではないか?傍から見る中国は、帝国主義に走っているように見えなくもないのだ。そんな中での、日本の著名人の経済優先発言は、それを後押ししてしまうのではないかと危惧される。

民主主義が必ずしも正しい政治形態かどうかは解からないが、間違った方向には進みづらい政治形態ではある。中国国民が実際にはどう思っているのか、言論統制がされている国からのニュースには推測のしようもないのがもどかしいところなのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

田口農園でぶどう狩り

昨日疲れ切って、変な時間に寝てしまったので今日は3時ごろ目が覚めてしまいました。PCテーブル(と言うか唯の机)に目をやると田口農園の葉書があります。もう奥多摩には行かないと思っていたのですが、朝早ければネズミ捕りもしてないだろう?と思って行くことにしました。ぶどう食べたいし。

Ca3c0585xga

ちょっと道を間違えて(何だか妙に朝からボケてて、危うく対向の右折車線に入ってしまうところでした。危ない危ない。)秋川の方に来てしまったので、今年は一度も来ていなかった奥多摩周遊道に来ました。でもまだ7時です。ゲートが閉まっていました。実を言うとゲートが閉まっているのを始めて見ました。8時から開くんだったね。忘れてました。この先からふれあいの森入り口までは一通になってしまったようなので、みんなその区間以外のところで往復しているようですね。僕は走りが目的ではないので、開くまでのんびり待ちました。

Ca3c0586xga

間違えて加速しすぎてしまっても制限速度プラス15km/h以下で走っていたので 、やたらと遠く感じる柳沢峠でした。富士山に雲が掛かっていません。雲は遥か眼下に広がります。

Ca3c0587xga

塩山の田口農園さんです。フルーツラインに入って殆ど直ぐですね。昔、中間くらいとか書いてしまったような気がする。

今日は、ご主人とそのレース友達も居て、バイク談義に花が咲いた?かな。お友達は、先週サーキットで転んで臀部を肉離れしたらしく、足を引きずっていました。可愛そうに、でも、そのくらいで済んで良かったですね。

Ca3c0588xga

巨峰かな?富士みのりかな?正にたわわ。

鱈腹ぶどうをご馳走になり、3箇所に発送して貰ったぶどうも、えっ?そんな値段で良いの?と言うような超ライダース割引です。結局2時間お喋りしていました。

Ca3c0589xga

ぶどうのお陰で血糖値が上がってしまって、朝から何も食べていないのにちっともお腹が空きません。雲峰荘(うんぽうそうと読むらしいです。)の入り口に「外来入浴はご遠慮していただいています。」の看板が下がってなかったので、入って行くことにしました。

Ca3c0590xga

今日は凄く暑くて、風呂上りは最悪です。建物の影で、風が渡ってきそうな処を見つけて涼みますが、左程涼しくない。一向に汗が引かず、30分ほどで諦めます。

さあて、何時もはきっちり2時間の帰路ですが、今日は3時間は掛かりそうだな?と思っていたら、やっぱり、途中かったるくなって休みまくったので、3時間半掛かってしまいました。

すげ~疲れた。自分の家用のぶどうも持ち帰るのが嫌だったので、発送して貰いました。明日、届きます。明日は、また、ぶどう三昧だな。

あっ、しまった。送り先を一つ忘れてた。って言うか、住所聞くの忘れてた。

田口農園 〒404-0054山梨県甲州市塩山藤木2195電話0553-33-3712 フルーツラインに塩山側から入って、ちょっと行くと右手にあります。バイクで行くとお徳かも?全国発送してくれます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

アフター・ザ・フラッグ~スペシャルバージョン:追悼・富沢祥也

motoGP.comのAfter the Flagで「アフター・ザ・フラッグ~スペシャルバージョン:追悼・富沢祥也」と言うのを無料配信しています。

After_the_flag_2010_13 (写真は、motoGP.comから転載しました。いい笑顔だよね。)

http://www.motogp.com/ja/After+the+Flag

12日に成田空港に帰ってくるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

お酒が飲めないのはお得?

池上さんの学べるニュースで、池上さんの読書量に驚いた出演者が
「どうしてそんなに沢山読めるんですか?」
と言う質問に
「私は、お酒が飲めないんですよ。」
と言っていました。
飲んでしまうともうその日が終ってしまうけど、私は飲めないから時間が沢山あるんですよ、そう言う事らしい。

お酒の楽しみを語る人は多い。酒が飲めないなんて人生の何割かを損している、なんていう人も居る。
何割かと言うのはちょっと言い過ぎのように思えるが、毎晩晩酌をする人にとっては、お酒を飲みたくて仕事をしているような人も居ることは居る。正に、飲み代を稼ぐために仕事をしてるんだろう?と思える程である。

確かに、仲間と酌み交わすお酒は、人生の楽しみの一つではある。飲むことでしか得られないコミュニケーションもある。だから、そう言った事を大事にしたい人にとって、お酒は大事なものなのだろう。

ワインやビールのように料理を引き立てる、もしくは、料理がお酒を引き立てる。お酒は、飽食の代名詞のような気もする。
人生で出来る食事の回数は決まっている。何を食べるのか大事にする美食家にとって、食事を引き立てるお酒は大事なんだろう。お酒自体が美食の対象ともなろう。

池上さんのような知識欲が旺盛な人にとって、知識を得るための時間が大事であり、飲むことによって失われてしまう時間の方が惜しいのだろう。だから、逆に飲めないことが幸いしているのだろう。(それは、池上さんの解説を聞ける僕らにとっても幸いと言って良いでしょう?)

さて、僕は、付き合い程度には飲めます。晩酌とかはしませんので、夜はたっぷり時間があります。また、5時間も寝ればOKなので、そう言う意味でも時間があります。(まあ、有効に使われているような気はしませんが・・・)
飲みニケーションも、食事のお供にも両方行けちゃいます。

良い所取り?

あまり飲めない故に、付き合いでしか飲まない。知識欲が旺盛な僕にとっては、あまり飲めないことがちょっとお得だったりします。
(晩酌の楽しみは解らないけど、まあ、それは良いや♪)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

富沢祥也君が事故死?

サンマリノGPの結果はどうなったろう?と思ってmotoGP.comを覗いたら、信じられない記事が目に飛び込んできた。http://www.motogp.com/ja/news/2010/Shoya+Tomizawa+passes+away

彼は、まだ19歳だ。

常に明るくて、屈託が無くて、大二郎君の後を継ぐ奴かと思っていた。

転倒後の後続との接触と書かれているが、転倒後にコース上に残ってしまうのは何時も危険だ。レース中の重大事故は殆どそれで起こる。責める訳ではないけれども、後続は意地でも避けて欲しかった。

何でこんなに日本人のGPライダーが?と思うと同時に、心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

国民は民主党に何を求めていたのか忘れてしまっているのではないか?

これまでに、何度か紹介したことのあるケンミレニアムの森田謙一さんが小沢さんの代表戦出馬を紐解いて、
規制緩和と言う『官僚と政治家の戦い』を再開しようとしているのではないか?
新資本主義の時代の到来と表して、それが日本が世界に先駆けて21世紀型の社会作りを行えるのではないか?
と言ったと面白いことを言っています。

森田さんが言う新資本主義とは、
「実体経済活動に対して、金融主導で膨張した経済を『実体経済に近付くまで規模の縮小を行う』ことで、身の丈にあった経済状態に戻すこと。」
「合理化・ロボット化に拠る就労人口の低下、ごく一部の勝者と大多数の敗者からなる歪な社会、就労人口は10%で90%は仕事を持たずに、国が税金で最低生活を保証するようになる」
「小さくなった経済の規模(パイ)に合わせた生活水準が生まれる」
「行政改革を行わなければ21世紀の縮小均衡経済では『国として生き残れない』」
と言った先の暗い話ですが、実際には金融バブル前の経済規模水準に戻り、その頃より貧富の差が激しくなるのであろうか?と思います。金融バブル前の日本は、世界一富の分配がうまく行っていた国だったと思います。
ただそれすら、ヨーロッパ発の世界的な財政再建を乗り切っての話です。

全文を載せてしまっては流石に申し訳ないので、【第16弾】『菅VS小沢の代表選挙は民主党の戦いではない』http://www.miller.co.jp/kmp00_01/visitor/report/ext/index.htmlを読んで見てください。森田さんは、腕のトラブルで暫くレポートを書いていなかったのですが、久しぶりに書いたと思いきやこの内容です。
政治と経済はどうしても切れませんので、経済アナリスト?(本人はどう思っているか解りませんが・・・)が政治の話をするのは「あり」だと思います。

小沢さんは「2009年の衆議院選挙の時に、国民に約束したマニュフェストを守ろう」と言った内容の事を言っているのは、ニュースである程度流れているかと思います。あの時の争点は、確かに『官僚主導の政治』をやめて『政治家主導の政治にしよう』と言ったことでした。ちょうど、自民党と霞ヶ関の事が取りざたされて、官僚主導の財政の無駄を政治家主導で改めようと言う話でしたよね?それを国民が民主党の圧勝で後押しした訳ですが、検察との政治資金を巡る攻防で小沢さんが引っ込んだ途端に綺麗さっぱり忘れ去られていたように思います。

以前「こんな事をしてる場合だろうか?」http://noraneko-furo.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-a424.htmltと言う記事で、「検察の行っている社会正義は、国民に損害を与える行為になっているとは考えられないか?国家あっての検察なのだ。小沢氏の起訴ですぐに日本が潰れてしまうようなことは無いだろうが、バブル崩壊以後の失われた10年、リーマンショック後の世界同時不況からの脱却をしなければならないこの時期に政治を混乱されることは、将来の日本の国益に沿わないのではないか?と言う疑問がどうしても残る。」と書いたが、森田さんの21世紀の新資本主義と言う推論が正しいと仮定すれば、これは今年1月の話だったから仮に小沢さんが総理大臣になって改革を始めたとしても政治を9ヶ月停めてしまっていた事になります。この間、円高に拠る企業収益の悪化予測で、経済は日本だけ2番底の危機です。金融緩和もこれ以上出来ないレベルですし、財政出動する余裕があるような財務状態にあるとも思えません。「日本の失敗」と評される方法は、それすら行う余力が無いように思えます。

改革は口当たりは良いですが、実際に行うと労力の割りに大概人気が無くて、問題を先送りにしたい気持ちも、椅子にしがみ付きたい気持ちも解らなくも無いですが、国政を担う国の指導者達がやってしまっては国の将来を担うと言う大きな責務を放棄してしまっています。

アメリカは移民の国です。狙ってやっているのか、建国以来のポリシーが結果としてそうしているのかは解りませんが、多くの移民の安い労働力で一部の富裕層を養っている。逆に見れば、一部の富裕層が移民に奉仕を強いているとも見れます。
日本では、高い法人税と同じく高い労働力が企業の国外脱出を招いていて、失業率の増加、産業の空洞化、技術の国外流出が問題になっているのですが、アメリカでは移民のお陰でそうはならない。
また、企業の国外脱出は出先の政治的安定が重要ですが、必ずしも安定しないアジア諸国や今後延びるであろうアフリカ諸国の政治は安定していません。
そう言った意味でも森田さんのレポートの中で語られる
「合理化・ロボット化によって就労人口が極端に減少します。
100人規模の工場がロボット化によって三交代制では10人程度で稼働出来る。
売り上げ規模100億円は変わらず、従業員だけが100人から10人に減少している。
就労人口は10%で90%は仕事を持たずに、国が税金で最低生活を保証するようになる。」
と言った話は、特に日本では現実味があります。
それでもその工場が法人税の高い規制の多い日本に立てられるとは限らないでしょう。

欧米諸国が自国経済を救うために「ドル安」や「ユーロ安」を政策として誘導していくのなら、打つ手の無い日本は極端な円高の中で国内経済の建て直しと財政再建を図らなければならないのでしょう。今後、大幅な円高が予想される日本に必要な経済政策は、規制緩和や法人税率の引き下げに拠る企業の日本への誘致と言った事になるのかと思われます。
1995年のクリントン大統領とルービン財務長官の経済政策で前例があるようですが、規制緩和に拠る起業の創造、投資資金の日本への流入が起これば、結果として円高の中での日本経済の再生、財政赤字の解消が可能なのかも知れません。

その規制緩和は、イコール官僚と政治家の戦いでもありますから、民主党が「2009年の衆議院選挙の時に、国民に約束したマニュフェストを守ろう」と言う小沢さんの言い分は正しいのだろうと思います。

森田さんがレポートの中で「私自身はノンポリで、犯罪者として起訴される可能性がある小沢氏を擁護している訳ではありません。つまり小沢氏個人の味方をしているのではなく、将来の日本のあるべき姿に向かおうとしているのが、たまたま小沢氏だったというだけのことです。 」と言っています。
僕自身も以前の記事で「首相をやらせてみたい政治家の一番手は、小沢さんだ」なんて言ってしまっていますが、これは「お金に絡むところでは問題があるけれども、理想を語れる政治家が小沢さんしか見当たらない」と言った単純な発想によるものでした。

新聞では民主党の代表戦を前に色んな事を書きたてていますが、僕個人としては小沢さんに首相をやらせて見たいのですがねえ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »