« 道に迷う | トップページ | 気力を回復させるには »

2010年10月13日 (水)

このブログのアクセス数の半分は、「Stand Alone Complexの意味は?」と言う記事だな・・・

ブログのアクセス解析を見ると、この記事が常にブログ内のアクセスランク1位になっている。良く解らないな、何でこんな記事が何年もトップなんだろう?と思ってリンク先を辿ってGoogleに行って見たら、1ページ目にそのリンクはある。
攻殻機動隊を見た後に、Stand Alone Complexと言う物語の主題に自分なりの見解を書き残しただけの記事で、僕にとってはその時点で何を考えていたのかの資料性はあるけれども、読んだ人にとっては資料性に乏しい。解説に向いたもっと良い記事は他にあるだろう?少なくてもGoogleの検索ページを幾つか摘んだ印象からは、実践女子大学の学生が書いたこのレポートの方が余程良く調べられている。http://campus.jissen.ac.jp/seibun/contents/etext/termpaper/SAC04.pdf
(学生の名前も書いてあったけど、載せて良いか解らないので消しておきます。まあ、調べようと思えば簡単だろうけど・・・04と言うことは、もっと書いているのだろうか?)
何でそんなにこの意味に興味を持つのだろう?

Solid State Societyを見た。
士郎正宗と言うのは、一体どう言うんだろうな?余程人間嫌いなのか?真に人間を愛しているのか?
作者の素性は調べてないから知らないけれども、大人に絶望して子供に夢を託してでもいるのだろうか?
大人の創っている社会の問題を物語を紡ぐ事で、子供達の未来を希望あるものにでも変えたいのだろうか?
攻殻機動隊以外の作品を見ていない、と言うよりあるのか無いのかすら知らないが、現状で解決が難しいと思われる社会問題、例えば地球環境、核問題、育児放棄、家庭内暴力、少子高齢化、大人の虚栄心、大人の無責任さ、人々の思考の欠如、そう言った厄介な代物を炙り出す事には成功しているだろうか?
先送り=現状では何もしない、もしくは出来ない問題は、取りも直さず民主主義の齎す最大の欠点だが、国家と言う大規模集積回路の中の主権者一人一人をonかoffかの判断しかしないトランジスタと捕らえるのは、ある意味厭味だよね。
過激な因子を民主主義の規律で正すことは、多様性を否定しては進化は望めないと考えているからだろうか?
現状は望み薄だが、希望は捨てて居ないと言う事か?

こんな記事が、アクセスランクの上位に居ると言うのは、彼の蒔いた因子が芽を出しつつあると言う事を意味しているのかも知れないな?と思う。

|

« 道に迷う | トップページ | 気力を回復させるには »

攻殻機動隊」カテゴリの記事

コメント

わたしのブログも昔書いた記事がいつもトップですよ。
試しに検索してみたらちゃんと上位に出てくるし、あんな記事読んでも特に有効な情報は載ってないのに。

不思議なもんですね。

投稿: 凸凹2008 | 2010年10月14日 (木) 00時27分

凸凹2008さんへ

お久しぶりです。

暫く忙しかったので、ブログ巡りも含めてサボってました。

意図しない方が結果が良いのか?みんなが求めるものを我々が誤解しているのか?一つのベクトルで物事が決まらないことを見ているのか?解らないことが多いですよね。

ああ、最近急に解った事がありました。
やはり僕は、ホールデンのような奴が嫌いでした。高校生の時から変わっていないようです。それが解ったからサボっていたのかも知れません。

投稿: フロの飼い主 | 2010年10月14日 (木) 02時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このブログのアクセス数の半分は、「Stand Alone Complexの意味は?」と言う記事だな・・・:

» ヒコニャンの夢 [ヒコニャンの夢]
ヒコニャンの夢 [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 17時12分

» ヒコニャンの夢 [ヒコニャンの夢]
ヒコニャンの夢 [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 17時21分

« 道に迷う | トップページ | 気力を回復させるには »