« 都幾川 四季彩館 | トップページ | 野党だからと言って、言い過ぎると苦しい弁明が続くね »

2011年1月30日 (日)

図らずも起きてしまったエジプト暴動

ネットは政治を変えるんじゃないだろうか?と言う記事で、”きっと周辺の独裁国家の元首は戦々恐々としていることでしょうね?”と書きましたけど、昨日の時点で死者190人も出るような大規模な暴動は考えもしていませんでした。

国のサイズの差もあるのかも知れませんが、チュニジアでは死者74名とか報道されています。この差は何でしょうか?

デモの仕方と警察の対処の仕方の差でしょうか?暴徒化しなければ、警察も民衆に銃を向ける事は無いかと思います。また、警察も政府の非道を知っていれば、命令があっても民衆に非道な対処はしないだろうな?と思います。この傾向は、国民の教育水準の高さやネットの普及度の高さが齎すものかも知れません。

だからもし、ロシアや中国で起こるようなことになれば、チュニジアのような感じになるでしょうか?まあ、中国人民の幸福度は高いそうですので、暴動が起きそうな気はしませんが、一党独裁の長期政権が続いている国家は、必ず腐敗を齎しますので、起きないと断言は出来ないでしょうね。

チュニジアでもエジプトでも警察は治安行動で民衆に引き金を引いたようですが、軍は展開しても何もしていないようです。この行動をどうしても民衆の味方のようなイメージで見てしまいますが、文民統制が利かない軍は、それこそ法治国家の危機ですよね。

イスラム世界の人々がすんなり民主主義を受け入れられる気はあまりしませんが、民衆が引き起こしたデモによる政変です。願わくは、軍が政権を掌握してしまうような事態になる前に落ち着きを取り戻して、平和裏に文民政治を構築してもらいたいものだな、と思います。

それにしても、アフリカの2つの国も政変が世界景気に影響を与えます。金曜にニューヨークも欧州も株価が急落しました。日本でもエジプト情勢の悪化に伴い、またぞろ景気後退説やソブリンリスクの顕在化を唱える人達が幅を利かせ始めました。月曜日は日本の株式も急落するでしょうか?日本でもやっと景気の持ち直しが見え始めた矢先のことなんですがね・・・

こうして考えると、もう世界は一つになって来た、と思えますね。環境問題だけでなくね・・・

|

« 都幾川 四季彩館 | トップページ | 野党だからと言って、言い過ぎると苦しい弁明が続くね »

雑談」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図らずも起きてしまったエジプト暴動:

« 都幾川 四季彩館 | トップページ | 野党だからと言って、言い過ぎると苦しい弁明が続くね »